プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 真正保守政治を確立する。中国・韓国・国内敵性勢力から日本を守る。日本人の誇りを取り戻すブログ。
主筆 酒楽。通称「硬派」。自称「小生」。政治、安全保障担当。
代筆:「お気楽」。硬派酒楽の疲れたときに代筆。日常・休憩など担当。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

自衛官の給料を上げろ

 海上自衛隊が導入を計画している新型護衛艦、FFMは省人化が売りだ。乗務員は、イージス艦の三分の一、通常型護衛艦の二分の一になる予定だ。 だが新たな問題が浮上しつつある、と24日付産経新聞が伝えている。 イージスアショア断念の代替策として、政府は新型イージス艦の製造を計画している。新型艦の乗員はFFMの3倍の300人とされており、単純計算で2隻を導入すれば600人と、FFM6隻分に相当する。 海自...
記事の続きを読む
スポンサーサイト



0 コメント

国産輸送機 非舗装滑走路着陸成功

11月13日付産経新聞は、国産輸送機C2が、非舗装滑走路への着陸に成功したと伝えている。これにより、UAE(アラブ首長国連邦)への輸出に可能性が出てきた。 朗報である。国産輸送機C2は、対潜哨戒機P1と同時開発した優秀な輸送機だ。同機は、要求性能として、非舗装滑走路での離着陸性能を要求していなかった。だが、UAEへの輸出交渉で、同国から非舗装滑走路での離着陸性能を求められたため、性能確認の準備を進...
記事の続きを読む
0 コメント

祝 日豪準同盟

 菅首相が、11月17日、オーストラリアのモリソン首相と官邸で会談し、訓練円滑化で合意した。 日豪準同盟の成立を祝いたい。中共は、この日豪準同盟や日米豪印クアッドについて、口を極めて罵っている。それだけ、クアッドや準同盟を恐れているという証拠だ。豪州は、リーマン以来、中国の資源外交の恩恵を受け、どっぷりとその影響下にあったが、新型コロナの原因究明を中国に求めたあたりから、外交姿勢が急展開している。...
記事の続きを読む
0 コメント

中国の戦争準備

 中国が戦争準備を本格化していると時事通信が伝えている。 なぜこの時期なのか、というのがこの記事の焦点だろう。考えられる論点はいくつかある。 誰でも思いつくのは、米国大統領選の帰趨が明らかになっていないこと。もしくは、トランプではなく、バイデンの可能性が高いと中共が判断しているかもしれないこと。 短期的に、米国の混乱だけを見ているということはあるまい。中共は、米大統領選の行方を静かに見守っている。...
記事の続きを読む
0 コメント

新潜水艦たいげい

 人民網から引用した。全文を紹介したのは、他でもない、非常に正確に我が国の安全保障政策を記述しているので、小生が紹介するまでもなく、日本国民に分かりやすく説明している、。願ってもない、良い教材だ。さすが、中共お抱えのメディアだ。米国のCNN、ニューヨークタイムズ、ワシントンポストなど比較にならない、分析力に富んだ記事である。  本来なら、我が国のメディア、あるいは、防衛省がもっとわかりやすく、...
記事の続きを読む
0 コメント

情報と兵站

 マラバールに豪軍を招待し、クアッド(日米豪印)が事実上スタートした。そして、それを支える防衛当局間の調整も始まったようだ。 ただ単に、共同訓練をすればいいというものではない。裏付けるべき手続をきちんと踏む必要がある。その一つが「武器等防護」だ。ACSAもそうだ。ひとつひとつ、法的手続きを積み上げ、同盟を実効あるものにすることが重要なのだ。 これらの事実を報道することもまた重要だ。国民が知ることと...
記事の続きを読む
0 コメント

キーンソード21

自衛隊と米軍の共同軍事演習「キーンソード21」 キーンソード21が無事終了した。今回は、オペレーションではなく、日米共同訓練だ。それにしても、参加規模が大きい。陸海空合わせて3万7千人。艦艇20隻、航空機170機だ。 米軍広報によると、米軍側はロナルド・レーガン空母打撃群の護衛駆逐艦や、空母航空団(CVW)、USSアシュランド(LSD 48)、タスクフォース72司令部、第5空軍からあわせて100機以上の航空機が参加。...
記事の続きを読む
0 コメント

兵士を尊重しない国は滅亡する

 海上保安庁が導入を検討している無人機が法律の不備により、運用開始が遅れる可能性があると産経が伝えている。速やかに航空法を改正すべきだ。国交省は仕事しろ。仕事をしない役人はいらない。首にしろ。 そもそも、国交省は、国の安全保障に対して後ろ向きだ。 例を挙げる。 ・自衛官の大型免許証が、いつの間にか「大型車は自衛隊車両限定」になっている。除隊後、その免許で大型自動車を運転することはできない。・パ...
記事の続きを読む
0 コメント

徴兵制と志願制

 先般、村井教授の論考を2件ほど引用させていただいた。どちらも、さすがに安全保障の専門家が書いた、素晴らしい論考である。 ただし、小生には、若干の違和感がある。一 米国が敗北したベトナム戦争について、ジョンソン米大統領は次のように述べていた。「国内に分裂と悲観論が広がり、国民の戦意が崩壊することが北ベトナムの頼みの綱であった」。戦争は軍隊の戦闘能力と国民の戦う意志によって支えられている。国民の戦う...
記事の続きを読む
0 コメント

1年365日の存在

 陸海空各自衛隊の訓練状況を朝雲新聞から引用させていただいた。こういう情報は、一般紙ではまずお目にかかることは無い。つまり、国民は、普段の自衛隊の活動状況や訓練状況を何一つ知らないのだ。  自衛隊は税金で賄われている。言うなれば、国民の財産だ。国民の財産である自衛隊の日々の行動を国民が何も知らないというのは由々しき事態だと小生は思料する。これも、我が国の素晴らしいメディアのお陰である。彼らは、...
記事の続きを読む
0 コメント

防衛価値が最も高いのは日本

防衛価値が最も高いのは日本 中国の軍事脅威巡り=米CSISが各国有識者に調査 2020年10月25日 13時36分 大紀元  防衛価値が最も高いのは日本、と題する興味深い記事が大紀元にアップされていた。  調査を行ったのは、米国の有力シンクタンク・戦略国際問題研究所(CSIS)。対中国政策について、米国や日本、欧州のオピニオンリーダー(Thought Reader)840人あまりからの意見をデータ化した。以下、抜粋。 4...
記事の続きを読む
0 コメント

中国人のリアリズム

碩学、村井教授の論考を引用させていただきました。 小生は、2011年東日本大震災時の中国人のコメントを鮮明に覚えている。 東京電力福島第1原子力発電所に自衛隊が消火活動を行った時のことだ。陸自ヘリCH-57チヌークに海水を満載し、東京電力福島第1原子力発電所の真上を通過すると同時に、散水した。いつ爆発するかわからない、この命がけの消火活動。日本中が固唾を飲んで見守っていた。 このとき、トモダチ作戦...
記事の続きを読む
0 コメント

日米豪印軍事同盟成立

 先日、日本において、日米豪印(クアッド)外相会議が開催された。その結果がすぐに出た。日米印による定期的な訓練・マラバールにオーストラリアを正式に招待することが決定されたのだ。 朗報である。長らく非同盟主義を標榜してきたインドも、中印国境紛争の深刻さが理解できたようで、ようやく現実政治に舵を切ってきたようだ。 オーストラリアも同様だ。中国との経済的つながりが深い同国も、中国との政治的軍事的摩擦を抑...
記事の続きを読む
0 コメント

搭乗員救出!

小生の愛読紙「朝雲新聞」からの引用である。この記事がなければ、1輸空施設隊消防小隊の存在を誰が知り得ようぞ。こういった形で朝雲新聞が報じてくれているため、彼らは日本に存在しているのだ。真夏の暑い日、熱中症の危険が予想される中、隊員が一丸となって、消火・救出訓練を行ったのである。 消防小隊長と隊員一同に感謝とエールを贈りたい。彼らが、日夜訓練に勤しみ、練度を向上させているからこそ、一旦緩急ある時、航...
記事の続きを読む
0 コメント

これぞ船乗り

 これぞ船乗り、という自負心と言うか、プライドと言うか、誇りと言うのか、海上自衛隊、いや、海軍・船乗りの伝統と言うべきなのだろう、この言葉は。 なかなか、カッコいいですね。海の男、船乗りには、独特の文化があるようだ。ところで、海自は、もう10年以上アデン湾で海賊対処任務に就いている。朝雲新聞から引用する。 ソマリア沖・アデン湾で民間船舶などの護衛任務に当たる海賊田志保行動水上部隊36次隊の護衛艦「...
記事の続きを読む
0 コメント

F3開発を加速せよ

人民網日本語版には、ときどき良質な記事が掲載される。今回の記事もそれに該当する。今回は、9月25日の記事だが、日本外交の基軸である日米関係について、論評している。 菅外交第1の可能性は、対米外交の自主性と独立性を大幅に広げ、高めること。これは、戦後日本が、独立を回復して以来の基調となる方針だ。ただし、覇権国米国以外に、自由主義国家の中で、対米自主独立を真の意味で達成している国はない。イギリス、独仏...
記事の続きを読む
- コメント

中国は、対米戦争に勝てるか

 防大名誉教授 村井友秀氏の論考である。安全保障の碩学である村井教授の意見は、いつも興味深い。 教授の言わんとしているのは、非対称戦の本質についてだ。大胆に言えば、敵と同じ土俵で戦ってはならない、ということだ。自分の土俵で戦えば、勝つことはできなくとも、負けることは無い、ということだ。 氏の分析に従えば、中国は、米国と同じ土俵に立って戦おうとしている、ということだろう。それはそうだ。海は海洋国家の...
記事の続きを読む
0 コメント

訓練が組織を強くする

 対抗部隊という言葉を知っている人はそう多くはないだろう。 自衛隊は、発足以来、実戦を経験していない。幸せなことだ。だが、実戦を経験していない軍隊(自衛隊は軍隊ではない、という政治的事実はこの際無視して)は、その能力を評価することが困難だ。これは、自衛隊に限らず、どの国にあっても共通的な悩みだ。 強い軍隊を養成するためには、訓練する以外にない。訓練に次ぐ訓練、これが軍隊を強くする。古代ローマ帝国が...
記事の続きを読む
0 コメント

リムパック2020

 以下は、海上自衛隊HPより転載 令和2年度米国派遣訓練(護衛艦)目的米海軍の協力を得て、洋上訓練を実施するとともに、米海軍が主催する多国間共同訓練 RIMPAC2020に参加することにより、海上自衛隊の戦術技量の向上を図るととも に、参加国との相互理解の増進及び信頼関係の強化を図る。期間令和2年7月23日(木)~9月18日(金)訓練海空域日本からハワイ諸島に至る海空域派遣部隊等(1)派遣部隊指揮官...
記事の続きを読む
0 コメント

間接侵略事態だ

「ポスト安倍時代」の日本の安保戦略の行方とは?人民網日本語版 2020年09月28日14:01 日本の菅義偉新首相は先日、安倍内閣時の安全保障政策を継承し、かつ国防費の増額維持に重点を置くことを明らかにした。日本の政界は「ポスト安倍時代」に入ったものの、経済、外交、軍事戦略の方向性に大幅な変更はないと分析される。今後も日本の安保戦略は日米軍事同盟を基軸とし、同盟関係を拡充し続けて自らの安全を確保する中で軍事的...
記事の続きを読む
0 コメント

水機団は海自海兵隊にすべきだ!

 水陸機動団(相浦)と空挺団(習志野)が初めて協同で敵の“侵攻部隊役”を担い、道北の陸自天塩訓練場で報道公開された。この日は洋上の海自輸送艦「しもきた」から発進した水機団の水陸両用車AAV7の部隊が次々と海岸に上陸。これを阻止する2師団の26普連(留萌)との間で激しい戦闘が繰り広げられた。 今年の北演は「離島侵攻対処」をテーマに、道内の各演習場を一つの離島と見立てて8月24日から9月10日まで行われ、前田忠男北...
記事の続きを読む
0 コメント

見る方向が違う!

「尖閣守るためガス田開発を」石垣市長、日中中間線の日本側を提案9/11(金) 7:36配信 沖縄タイムス日中中間線で日本も「ガス田の開発を進めてほしい」と主張する中山義隆市長=10日、国会内 【東京】中山義隆石垣市長は10日、国会内で講演し、東シナ海の日中中間線の日本側で「ガス田の開発を進めてほしい。そうすることで、日本の国益と領土、領海がしっかりと守られる」と訴えた。尖閣諸島の領有権を明確にする狙いがあるが...
記事の続きを読む
0 コメント

洞ヶ峠は滅亡への道

韓国が二の足を踏む間に…ポンペオ長官、来月日本でクアッド会議9/25(金) 7:31配信 朝鮮日報日本語版 米国務省のポンペオ長官が来月初めに来韓した直後に日本を訪問し、日本、オーストラリア、インドと共に「4カ国安保対話(クアッド)」の会議を開催することが24日までに分かった。自由民主主義などを主要な価値として共有するアジアの主要国と米国との協議体「クアッド」は、この会議で中国に対抗する同盟連帯を強化し、対応戦...
記事の続きを読む
0 コメント

防衛費を2%に増額せよ

米「防衛費、GDP2%に」 国防長官「同盟諸国に増額要請」産経新聞 9月19日 ワシントン 黒瀬悦成 エスパー米国防長官は16日、米政策研究機関「ランド研究所」で講演し、中国やロシアとの「大国間競争」に向けた同盟・パートナー諸国との関係を強化していく方針を示したうえで、日本を含む同盟諸国に対し「防衛費を国内総生産(GDP)比で少なくとも2%に増額するよう要請する」と表明した。 トランプ政権による防...
記事の続きを読む
0 コメント

二つの側面

エスパー氏「中国が悪意ある行為継続」日米防衛相、南シナ海の現状変更反対2020.8.29 21:04|政治|政策 THE SANKEI NEWS尖閣問題 河野太郎防衛相は29日、米領グアムにあるアンダーセン空軍基地を訪問し、エスパー米国防長官と2時間にわたり会談した。南シナ海は中国軍が26日に弾道ミサイルを発射し、緊張が高まっている。河野氏は地域の不安定化を招きかねないとして、事態を注視する方針を伝えた。両氏は中国が挑発的な活動...
記事の続きを読む
0 コメント

日米海軍の餌食

「中国艦隊、第3列島線に接近」ハワイ沖で訓練 台湾・国防部が指摘 2020.9.4  台湾の国防部(国防省に相当)が1日付で立法院(国会)に提出した中国軍に関する非公開の年次報告書で、中国海軍の艦隊が今年初め、米ハワイを含む「第3列島線」に初めて接近して訓練を実施したと指摘していることが3日までに、分かった。小笠原諸島や米領グアムを結ぶ「第2列島線」を越え、米国がインド太平洋軍司令部を置く戦略拠点のハワイを...
記事の続きを読む
0 コメント

日米豪印連合結成

米国務副長官「インド・太平洋国際機構は『クアッド』で始まる」9/2(水) 8:00配信 朝鮮日報日本語版 米国のスティーブン・ビーガン国務副長官が、米国・日本・オーストラリア・インドの四角協力である、いわゆる「クアッド(Quad)」を公式な国際機構とする意向を明らかにした。 ビーガン副長官は31日(現地時間)、テレビ会議形式で開かれた米国・インド戦略的パートナーシップフォーラムで、クアッドに関する質問に対し「イン...
記事の続きを読む
0 コメント

中共の危機管理能力

「中国が南シナ海に中距離弾道ミサイル4発」と米高官               2020.8.27 09:18|国際|米州 産経新聞 【ワシントン=黒瀬悦成、武漢=西見由章】米国防当局者は26日、中国軍が中国本土から南シナ海に向けて中距離弾道ミサイル4発を発射したと明らかにした。国防当局者によると、ミサイルは南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島と海南島の間の海域に着弾した。ミサイルの具体的な種類については「引き...
記事の続きを読む
0 コメント

豪駐在武官 天晴れ!

中国の海洋進出に「強く反対」 豪駐在武官 日豪訓練を拡充へ2020.8.26 20:57国際アジア  産経新聞 在日オーストラリア大使館で駐在武官を務めるソニア・ハロラン空軍大佐は26日、産経新聞のインタビューに応じ、中国が南シナ海で軍事拠点化を進め、航行や飛行の自由を脅かしていることに「強く反対する」と述べ、中国の動きを豪州として認めない姿勢を強調した。日豪や日米豪が共同訓練を実施してアジアでのプレゼンスを示す...
記事の続きを読む
0 コメント

日米同盟オペレーション2

 7月末、米海軍は、南シナ海で大規模な訓練を実施している。同じころ、在日米軍司令官は、尖閣諸島における日本への支援について発言している。 8月4日、防衛大臣は、東京新聞記者の質問に、「手の内を明かさない」と発言している。 (中共の探り?) 8月14日ごろ、中国の漁業関係者は、政府の指示により、尖閣周辺へは漁に行かないと発言している。 8月18日と、19日、海上幕僚監部は、日米共同訓練について、発表し...
記事の続きを読む
0 コメント

日米同盟オペレーション1

 東シナ海、南シナ海が熱い。暑いではない、熱いのだ。産経新聞、海上幕僚監部及び現代ビジネスから引用する。日米39機が南西方面で共同訓練 中国牽制か2020.8.19 18:50政治政策  産経新聞 航空自衛隊は19日、東シナ海や南西諸島周辺の空域で18日に日米共同訓練を実施したと発表した。計39機が敵と味方に分かれて行う防空戦闘訓練などを実施。今年に入って最大規模で、中国軍の東シナ海や西太平洋方面への進出を牽制(...
記事の続きを読む
0 コメント

韓国戦時作戦統制権

産経ニュース 2020.8.18【ソウル=桜井紀雄】米韓両軍は18日、朝鮮半島有事を想定した合同軍事演習を28日までの日程で開始した。新型コロナウイルスの影響で米本土などから韓国への増援がなく、兵力規模を大幅に縮小した異例の実施となった。例年春と夏に行ってきた米韓演習のうち、今春の演習は新型コロナで中止しており、約1年ぶりの合同演習となる。 コンピューターシミュレーションによる図上演習が中心の指揮所演習だ...
記事の続きを読む
0 コメント

歴代最高の防衛大臣

河野大臣、F2戦闘機に初搭乗 6G体験 戦闘機に乗り込んで実際に上空を飛行するのは、過去にさかのぼって確認できる限り初めて。耐Gスーツに身を包んだ大臣は、3飛行隊長の柴田雄介2佐が操縦する130号機の後席に乗ると、3本の指を立てて「3飛行隊」のハンドシグナルのポーズを決め、いざ発進。8月20日付朝雲新聞 8月5日、河野防衛大臣が空自百里基地を視察し、7空団3飛行隊のF2戦闘機に搭乗するとともに、隊員に訓示...
記事の続きを読む
0 コメント

大陸国家中国の弱点

 NewsWeekJapanによると「中国ステルス機2機が中印国境に到着、空中戦準備の可能性も 2020年8月19日(水)16時55分 ジョスリン・グレッシュチャック」と伝えている。以下引用する。 中印国境をめぐる対立が4カ月目に入る中、中国軍のステルス戦闘機2機が、インドとの国境近くの空軍基地に配備されたことがわかった。 中国人民解放軍空軍に所属する2機の「J-20」ステルス戦闘機が駐機しているのが、新疆ウイグル...
記事の続きを読む
- コメント

先制攻撃能力

 日本が先制攻撃能力強化のためトマホーク導入を検討 地域の戦略的均衡が崩れる恐れ(「人民網日本語版」2020年8月5日から引用) 日本の与党が最近、対敵先制攻撃能力を高めるため、米国製巡航ミサイル「トマホーク」の導入を検討していると報道された。これは日本にとって平和憲法による制約からの脱却を図る具体的措置であり、北東アジア地域における日米両国の戦略的抑止力配備の新たなニーズと符合する行動でもあり、周辺諸...
記事の続きを読む
- コメント

旗幟を明らかにせよ!

今井氏、二階氏、日本の対中融和勢力を米国が名指し米国有力研究機関が日本の対中政策形成の実態を調査2020.7.29(水) 古森 義久 JBpress米国の有力政策研究機関「戦略国際問題研究所」(CSIS)が米国務省の支援で7月下旬に作成した報告書に安倍晋三首相の対中政策を大きく動かす人物として今井尚哉首相補佐官の名前が明記されていることが明らかになった。報告書は、今井氏が長年の親中派とされる自民党の二階俊博...
記事の続きを読む
0 コメント

防衛大臣記者会見

Q:先ほどの冒頭の幹事社質問に関してなのですが、中国の海警局の公船と漁船の報道についての質問に対して、大臣は海上保安庁と連携して、必要な場合にはしっかり行動をとってもらいたいとおっしゃられました。かなり刺激的な言葉だと思うのですが、海警局公船と漁船の行動について質問しているのに、こういった刺激的な言葉をとったということと、実際、しっかり行動というのは何を指すのかということを教えてください。A:特に...
記事の続きを読む
0 コメント

朗報 抑止力向上

再処理工場が正式合格 規制委、審査書を決定 本格稼働へ大きな一歩産経新聞2020.7.29 11:32原子力規制委員会は29日の定例会合で、日本原燃が本格稼働を目指す使用済み燃料再処理工場(青森県六ケ所村)について、安全対策が新規制基準に適合しているとする審査書を決定、安全審査に正式合格した。原燃は令和3年度上期の完工を目指すが、今後も詳細な工事計画の審査などが続くほか、本格稼働には地元の青森県と六ケ所村の同意...
記事の続きを読む

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

天晴れ門田隆将
易姓革命の国 韓国
外務大臣交代論
日韓経済人会議の暴論
米大統領選未だ確定せず
敵を育ててはならない
維新の野党第一党を歓迎する
ホンダの快挙
ペンスの勝ち!
乗り越し
噴飯ものの日中会談
バイデン氏三日天下の可能性
自衛官の給料を上げろ
投票率109%の怪
歴史の知恵
考えるのを諦めたら終わりだ
信任状奉呈式に格付けを
責任を取らない政治家たち
国産輸送機 非舗装滑走路着陸成功
信用してはならない
無責任な産経新聞
11月18日付 新型コロナ死亡率
さわやかな一日
祝 日豪準同盟
中国の戦争準備
バイデンを祝福していない首脳は誰か
新潜水艦たいげい
米メディア激変中
トランプ支持者デモ数十万人!
バイデンを勝者と認定せず!
米メディアの情報統制
情報と兵站
「鬼滅の刃」に見る日本人の美学
当ブログの紹介
キーンソード21
産経 正論にもの申す
覇権国にふさわしい大統領
不正摘発中
産経新聞 世紀の誤報
頓珍漢な内閣官房参与
電車で万歳
産経 信用に値せず
産経新聞に対する敬意と失望
大統領は治安に責任がある
産経、バイデンを当確と報道
産経新聞のダブルスタンダード
日韓 祝断交!
大本営 発表せず
米国の法治が問われている
兵士を尊重しない国は滅亡する