プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

戦わない政府に国は守れるのか?

教科書から消えない「従軍慰安婦」 根拠の河野談話、今も悪影響2021.3.31 産経新聞https://www.sankei.com/life/news/210331/lif2103310057-n1.html これまで河野談話を見直す動きはあった。第1次安倍晋三政権が平成19年に「強制連行説」を否定する答弁書を閣議決定。26年には第2次安倍政権下の有識者検討チーム報告書が、談話に強制性の裏付けはなく、韓国の修正要求を入れた日韓合作だったと明らかにしたが、談話自体は...
記事の続きを読む
スポンサーサイト



0 コメント

号外 菅総理憲法改正公約

憲法改正、党公約の柱は当然 菅首相インタビュー詳報2021.5.2産経新聞https://special.sankei.com/a/politics/article/20210502/0002.html 朗報だ。菅総理大臣が次期衆院選において、憲法改正を公約として掲げると明言した。 安倍総理でさえ選挙で憲法改正を公約としては主張しなかった。だが菅総理は、公約として掲げると、産経新聞のインタビューで答えたのだ。 引用した産経記事は有料なので、インタビューの全文を紹介でき...
記事の続きを読む
0 コメント

合従連衡

<独自>英空母「クイーン・エリザベス」 日本に寄港へ2021.4.26 産経新聞https://www.sankei.com/politics/news/210426/plt2104260014-n1.html 英国空母クイーン・エリザベスが日本に寄港することが分かったと産経新聞が伝えている。 ドイツ、オランダの艦艇も東アジアに派遣されることになっている。対中包囲網は、着々と構築され、中国の擡頭に対応しようとしている。 中共当局は、この動きを静かに見守っている。黙ってい...
記事の続きを読む
0 コメント

約束を守らない国

韓国政府「マレーシアに『韓国CPTPP加盟』協力と支持要請」公式化2021-04-02 ハンギョレ新聞http://japan.hani.co.kr/arti/economy/39586.html 韓国が、CPTPP加盟に向けて、マレーシアと調整を開始したと4月2日付ハンギョレ新聞が伝えている。 韓国が、CPTPP加盟に前向きだというのは、周知の事実だ。韓国は当初、世界各国との自由貿易協定(FTA)が最高水準にあり、CPTPP加盟には後ろ向きだった。 そ...
記事の続きを読む
0 コメント

国のために働く車

 キラキラ星のブログ(【月夜のぴよこ】)というブログをご存じの方は多いと思います。 ミリオタ酒楽なので、このブログは、時々訪れます。 そして、先月(2021年3月29日)、久々にブログを訪れ、記事を読ませていただきました。 いろいろ気になることが書いてあって、酒楽も同意します。がその中でもこれは・・・と思うものを少々意見を交えて紹介したいと思います。 それは、自衛隊車両の高速道路通行についてです。以前、...
記事の続きを読む
0 コメント

無責任な自民と産経

①首相、憲法改正「現状では非常に難しい」 米誌インタビューで2021.4.19 産経新聞https://www.sankei.com/politics/news/210419/plt2104190040-n1.html②【産経・FNN合同世論調査】憲法改正、賛意の世論と国会の乖離大きく2021.4.19 産経新聞https://www.sankei.com/politics/news/210419/plt2104190034-n1.html 憲法改正について、19日付産経新聞に、2件の記事がアップされていた。どちらの記事も政府自民党の無作為・無責...
記事の続きを読む
0 コメント

ワクチン確保 菅総理の功績

16歳以上全員分のワクチン、9月末までに確保へ 首相とファイザー社が実質合意2021.4.18 産経新聞https://www.sankei.com/politics/news/210418/plt2104180004-n1.html 菅さん、やりましたね。ファイザー製ワクチンを9月末までに確保したと、各メディアが伝えている。16歳以上全員分の。 素晴らしい。国民の命を守るために、菅総理大臣がファイザー社と直談判して確保したそうだ。もちろん、事前の周到な準備があり、財政的...
記事の続きを読む
0 コメント

日米首脳会談は日本を変える好機

 日米首脳会談は、多大な成果を得て、無事終了した。外交的にはこういう表現が妥当なのであろう。 今回ほど、日米首脳会談が注目されたことはないと思う。少なくとも酒楽はそう認識している。何故なら、中国の脅威を目の前にして、日米同盟は、この脅威にどう対処していくのか、を主要なテーマとして会談が行われたからだ。 日本にとっては、我が国の存立を巡り、米国にとっては、覇権を巡って、共通の敵である中国に対して、日...
記事の続きを読む
0 コメント

新疆弾圧を黙認する日本 

ユニクロ・柳井氏がウイグル発言で失うものは何か。「ノーコメント」が悪手だった3つの理由 2021年04月10日 HUFFPOSThttps://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_6070c71cc5b6616dcd7818c5仏NGO、ユニクロを告発 ウイグルの強制労働問題2021.4.10 産経新聞https://www.sankei.com/world/news/210410/wor2104100024-n1.html ユニクロ・柳井氏の発言が物議を醸している。言わんとするところは、政治的に中立だということだ...
記事の続きを読む
0 コメント

日米首脳会談を前に

 鈴木善幸元総理は、1981年日米首脳会談後、日米同盟に軍事的意味合いは含まないと発言したことで有名である。そのとき外務大臣だった伊東正義は、「当然含まれる」と発言し、閣内不一致を理由に総理大臣に辞表を提出している。そして、日米同盟という言葉が初めて日米外交史に刻まれたことでも有名だ。 このときのやり取りを紹介したいわけではない。「日米同盟」という言葉が、最初からあったわけではないということを紹介した...
記事の続きを読む
0 コメント

知事の給与は何のためにあるのか

千葉・熊谷知事ら給与減額へ コロナ踏まえ 2021.4.12 産経新聞https://www.sankei.com/politics/news/210412/plt2104120027-n1.html 熊谷千葉県知事は、コロナ禍による厳しい社会経済情勢を踏まえ、知事の給与を減額すると産経新聞が伝えている。 給与の減額は、知事の公約だったそうだ。知事になって、早速公約を実行したことには賛成する。 だが、給与の減額をする知事の考えには反対する。酒楽は千葉県民ではないので、本...
記事の続きを読む
0 コメント

政府は何故河野談話を否定しないのか

教科書から消えない「従軍慰安婦」 根拠の河野談話、今も悪影響2021.3.31 産経新聞https://www.sankei.com/world/news/210331/wor2103310027-n1.html 教科書検定に合格した教科書に従軍慰安婦が記述されている。 諸悪の根源は、河野談話だ。河野談話は政府の統一見解であり、政府がいまだその見解を踏襲している限り、教科書検定に従軍慰安婦は通ってしまう。 拙稿では、1月31日付「河野洋平を証人喚問しろ」という記事を配信...
記事の続きを読む
0 コメント

ホワイトハウスの権力闘争と日米首脳会談

米国務省報道官、北京冬季五輪のボイコットに言及「同盟諸国と議論する」 2021.4.7 産経新聞https://www.sankei.com/world/news/210407/wor2104070005-n1.html米、北京冬季五輪への参加方針は現時点で「変更なし」 米五輪委の委員長はボイコットに反対表明 2021.4.8 産経新聞https://www.sankei.com/world/news/210408/wor2104080009-n1.html 4月7日国務省のプライス報道官が北京オリンピックをボイコットする可能性に言及...
記事の続きを読む
0 コメント

再度 旗幟を鮮明にすべし

米国務省報道官、北京冬季五輪のボイコットに言及「同盟諸国と議論する」2021.4.7 産経新聞https://www.sankei.com/world/news/210407/wor2104070005-n1.html アメリカは、北京五輪をボイコットする動きを見せている。米国務省のプライス報道官が「同盟国と協議する」と表明した。 バイデン大統領の対面での初めての会談相手に日本国総理大臣菅義偉氏が選ばれたのは慶賀の至りである。 内閣参与高橋洋一氏も「外交は順番が大事...
記事の続きを読む
0 コメント

青山繫晴氏に期待する理由

 重要土地利用規制法案は、公明党との調整で骨抜きにされたと、ここ数日、メディアやネットを賑わしていた。由々しき事態だと酒楽も思っていた。 だが、そうではなかったらしい。本日(4月2日)、青山繫晴氏の道すがらエッセイを読むと、骨抜きにはなっていないと、明言されています。詳しい内容は、エッセイをお読みください。 青山氏こそ憂国の士というのだろう。自民党内には、青山氏をはじめとして、保守を自認する議員が多...
記事の続きを読む
0 コメント

米国と共に防衛努力を

中国の台湾侵攻「大多数が考えるより間近だ」 次期米太平洋軍司令官2021.3.24 産経新聞https://www.sankei.com/world/news/210324/wor2103240011-n1.htmlバイデン米大統領から次期インド太平洋軍司令官に指名されたジョン・アキリーノ太平洋艦隊司令官(海軍大将)は23日、上院軍事委員会の指名承認公聴会で証言した。アキリーノ氏は、中国による台湾侵攻が「大多数の人たちが考えるよりも非常に間近に迫っている」と警告し、...
記事の続きを読む
0 コメント

厚労省の会食~身を処すべし

 恐れを知らないというのはこういうことを言うのだろうな。 自分の立場をわきまえろと言うのは、普通、社会人になった当初に、先輩から指導されるか、自らそう認識するものだ。 社会人は、行動に責任を伴うということだ。イロハのイなので、こんなことをここに書くのも恥ずかしいことだ。  これが、会社の同僚と行う送別会とか、飲み会なら、誰に文句を言われることはない。ただ、その時間に宴会をしていた非常識は問われるだ...
記事の続きを読む
0 コメント

信任状奉呈式

 この記事は、3月30日に書いている。信任状奉呈式についてだ。 拙稿では、3月25日に、「姜昌一氏は大使なのか?」という記事を配信したが、その時点のデータは、3月11日のものだ。そして、3月12日に、アラブ首長国連邦とスリランカ大使の信任状奉呈式が挙行されている。そして、その2日前、エルサルバドル大使及びドミニカ共和国大使信任状奉呈式が行われている。つまり、2021年3月は、3月30日までに、2回に分けて、それぞれ2カ...
記事の続きを読む
0 コメント

立民安住氏の発言

立民・安住氏、質問通告遅れによる官僚過重労働は「陳腐な話」2021.3.28 産経新聞https://www.sankei.com/politics/news/210328/plt2103280017-n1.html 3月25日、「法案ミスの背景」で、官僚の劣悪な勤務環境の一因が、国会での質問通告の遅れが原因だと指摘した。 そして、28日付、産経新聞に、立民安住氏の発言が掲載されている。NHKの番組での発言だと記事は伝えている。「(官僚の)過重労働は国会議員の質問(通告)が...
記事の続きを読む
0 コメント

ジェノサイド条約 驚きの内幕

ジェノサイド条約に関する衆議院法務委員会議事録 平成25年(2013年)11月5日衆議院>立法情報>会議録>法務委員会第185回国会 法務委員会 第4号(平成25年11月5日(火曜日))平成二十五年十一月五日(火曜日)     午前九時一分開議https://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigirokua.nsf/html/kaigirokua/000418520131105004.htm さて、ジェノサイド条約について紹介します。ソースは、ジェノサイド条約に関する衆議...
記事の続きを読む
0 コメント

ウィグル弾圧 国益を毀損する外務省

 ここのところ、中国のウィグル弾圧をジェノサイド(虐殺)だとアメリカをはじめとする欧米諸国が非難している。[ブリュッセル/ワシントン 23日 ロイター] - 欧州連合(EU)と英国、米国、カナダは22日、中国が新疆ウイグル自治区で重大な人権侵害を行っているとして、中国政府当局者に対する制裁措置を発表した。1月にバイデン米政権が発足してから初めての協調行動で、欧米は中国政府による少数民族ウイグル族の扱...
記事の続きを読む
0 コメント

法案ミスの背景

 3月24日、政府提出の法案にミスが続出し、野党は修正が終わらない限り、審議を拒否すると各メディアが伝えている。 提出した法案にミスがあることは、許されることではない。我が国は法治国家であり、法律は、国民が従うべき規範である。その法律に誤りがあっては、法治の根幹が崩れる。国家が崩壊すると言っても過言ではない。そう言う意味で、野党が政府を非難するのは理に適っている。 だが、政府提出の法案にミスがある背...
記事の続きを読む
0 コメント

姜昌一氏は大使なのか?

茂木外相と面会できない新任韓国大使、日本政府側が異例の「冷遇」…事実上の対抗措置 2021/03/08 読売新聞https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210307-OYT1T50148/?from=yhd 3月11日に、参議院議員青山繁晴氏は、姜昌一氏の信任状奉呈式は行われていない、と自身のブログで発信されている。 にもかかわらず。読売新聞は、3月8日付で、「茂木外相と面会できない新任韓国大使」という記事を配信し、未だにその記事は読売新聞W...
記事の続きを読む
0 コメント

不適切発言への疑問

【思ふことあり】スポーツジャーナリスト・増田明美 的外れな告げ口に対抗を2021.3.23 産経新聞https://www.sankei.com/column/news/210323/clm2103230007-n1.html スポーツジャーナリストの増田明美氏が正論を吐いている。 氏の主張については、全面的に同意する。記事の詳細は、URLで参照してください。 さて、増田氏と同じように、酒楽が疑問に思ったのは、この発言が1年前のことだったからだ。 1年前?何故すぐにメデ...
記事の続きを読む
0 コメント

ブリンケン国務長官

 アラスカでの米中外交会談は、なかなか良かったと思う。 何が良かったかと言うと、ブリンケン国務長官が、毅然とした態度で中国を批判し、それをマスコミが見守る中で実行したことだ。 酒楽は、昨年の米国大統領選挙を通じて、トランプ前大統領を支持した。それは、米民主党を信用していないからだ。カーター、クリントン、オバマ、いずれも米国大統領として満足のいく成果を残していない。政策は、理想主義的だが実務能力がな...
記事の続きを読む
0 コメント

NTT幹部と与野党の会食 産経以外報道なし

 正確にいうと、産経新聞、産経biz、izaそして産経を引用したYahooニュースがこの件を報道している。NTTの澤田純社長は15日の参院予算委で「与野党の国会議員など有識者と懇談し、将来の社会や国際情勢全般について意見交換をする場を設けていた」と語り、野党議員とも会合を開いていたことを明らかにした。16日も「与野党を問わず幅広く意見交換している」と語った。(産経新聞) これが産経新聞の報道だ。産...
記事の続きを読む
0 コメント

NHK 軍艦島の嘘

NHK「軍艦島」映像捏造疑惑 安倍前首相「間違った認識がただされるように頑張る」 元島民「端島の現場とは全く違う映像だ」2021.3.1 iZahttp://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/210301/plt21030120000024-n1.html 以前から指摘されていた軍艦島に関するNHKドキュメンタリーの誤りについて、国会内で議論が行われた模様だ。 酒楽は、NHKドキュメンタリーは見ていないのでコメントはできないが、報道を見ると、NH...
記事の続きを読む
0 コメント

事務次官に1億円の給与を

週刊誌が報道すると一転「事実だった」…相次ぐ答弁撤回、「国会軽視」の批判 2021/03/09 読売新聞オンラインhttps://www.yomiuri.co.jp/politics/20210308-OYT1T50269/ 総務省の接待事案については、国会だけではなく、いろいろな問題を含んでいる。 読売新聞がいうように、国会軽視という一面もあるだろう。だが問題の本質は、官僚と利害関係者との間に、「汚職」ではないかと疑われる事案が頻発し、無くならないことである。...
記事の続きを読む
0 コメント

アグレマンはおそらく出ていない♪

 青山繁晴氏の道すがらエッセイをサーチしているのは何度か言及した。 昨日のエッセイを読むと、韓国の新任=仮大使の信任状奉呈式は実施されていないと、青山氏が言明している。 現職国会議員の発言である。しかも、通常、新任の大使が着任して、信任状奉呈式が行われないことはない、とおっしゃられています。 時期と言うか、期間と言うか、それには触れられていないので、まだ行われていないのかについては不明だが、文脈か...
記事の続きを読む
0 コメント

我が国は非常に危うい状況だ

日本の空自は疲れて飛べず、今後は毎回スクランブルで解放軍に付き合うことはなくなるRecord China 2021年3月5日(金)https://www.recordchina.co.jp/b872978-s25-c100-d0193.html対中緊急発進「総量抑制」 防空体制、最新鋭機で変容 2021年3月3日 06時00分 (共同通信)https://www.tokyo-np.co.jp/article/89135東京新聞 3月2日の拙稿「蟻の恐怖 中国戦闘機」で、中国戦闘機の領空侵犯対応に疲弊する航空自衛隊の現状につい...
記事の続きを読む
0 コメント

性差別 東大も例外ではない 上野千鶴子氏

「性差別、東大も例外ではない」上野千鶴子氏、入学式で朝日新聞デジタル 2019年4月12日https://www.asahi.com/articles/ASM4D3JLQM4DUTIL00L.html?iref=comtop_list_01 上野氏は祝辞の冒頭、昨年に東京医科大の医学部入試で女子差別などが明らかになったことや、他の私大医学部でも男子の合格率が高いことを紹介。東京大でも長年にわたって入学者における女子の割合がなかなか「2割の壁」を超えないことや、4年制大学への進学...
記事の続きを読む
0 コメント

政教分離 定番♪靖国批判の朝日

(社説)孔子廟判決 政教分離の意義を胸に 2021年2月26日 朝日新聞デジタルhttps://www.asahi.com/articles/DA3S14813176.html?iref=pc_rensai_long_16_article 現職閣僚らによる靖国神社への参拝など、国家と宗教の関係に疑義を抱かせる行いは後を絶たない。靖国というと近隣諸国への配慮の観点から語られることが多いが、問題の根本には多くの犠牲のうえに手にした憲法上の要請がある。今回の判決を機に、政教分離原則の意義...
記事の続きを読む
0 コメント

改正入管法朝日的曲解

(社説)入管法改正案 これでは理解得られぬ2021年2月28日 朝日新聞デジタルhttps://www.asahi.com/articles/DA3S14815903.html?iref=pc_rensai_long_16_article 法案はその解消を図るものだが、評価できる点がある一方、人権擁護や適正手続きへの配慮を欠く規定も目につく。前後して野党も独自の改正案を提出した。国会で議論を深め、国際標準に照らして恥ずかしくない制度にしなければならない。 日本に家族がいる。故国が受...
記事の続きを読む
0 コメント

嫌がる女性

「積極的な女性多くない」 同友会代表幹事 2021.2.16 産経新聞https://www.sankei.com/economy/news/210216/ecn2102160027-n1.html 男女共同参画だか政府が叫んでいるが、現実はコレだ。 経済同友会の桜田謙悟代表幹事は16日の定例記者会見で、企業で女性の役員登用が進んでいない理由を問われ「女性側にも原因がないことはない」とし、「チャンスを積極的に取りにいこうとする女性がまだそれほど多くないのではないか」と...
記事の続きを読む
0 コメント

LGBTの恐怖

軍隊に性別は関係あるのかー韓国配信日時:2021年2月28日 Global News Asiahttps://globalnewsasia.com/article.php?id=6963&&country=1&&p=2アメリカの成人の過半数は「トランスジェンダーの学生が異性のスポーツに参加すること」に反対している TotalNewsWorldhttp://totalnewsjp.com/2021/03/04/biden-96/ まずGlobal News Asiaの記事から。 韓国軍所属の軍人が性転換手術を受け、トランスジェンダー軍人となったようだ。彼...
記事の続きを読む
0 コメント

何でも政争の具にする立民

 山田広報官の辞任に至る経緯を見るにつけ、本人の責任はともかくとして、それを追及する立民の姿勢に嫌気がさしている。 NHKニュースの冒頭に、「首相は遅きに失したのではないか」という立民党首の声を聴いた瞬間、酒楽はチャンネルを変えた。 聞くに堪えない。鬼の首を取ったようにはしゃぐ立民、と言ったところか。酒楽と同じように、テレビのチャンネルを変えた読者様が多かったのではないかと、酒楽は思っている。 一...
記事の続きを読む
0 コメント

狭まるゴーン包囲網

【ニューヨーク=上塚真由】日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(66)=会社法違反罪などで起訴=の逃亡を手助けしたとして、米国で拘束された米陸軍特殊部隊グリーンベレーの元隊員、マイケル・テイラー容疑者(60)と、息子のピーター容疑者(28)が1日、米側から日本側の当局者に引き渡された。 両容疑者は1日昼(日本時間2日未明)、米東部マサチューセッツ州ボストンの空港から日本に向けて出国した。東京地検...
記事の続きを読む
0 コメント

ムン君を応援する理由

 酒楽は、対韓国については、日韓断交が結論で、そのために何をなすべきか、という視点でいつも意見を述べている。 ブログを開始してから、途中経過を省くように、いつも激烈な調子で書いているので、どうもいろいろ誤解されているような気がする。そこで、韓国に対する酒楽の包括的な立場を一度表明しておく必要があると思っている。 まず、韓国は、友好国かそうではないかについて。 友好国ではない。同じ西側自由主義陣営に...
記事の続きを読む
0 コメント

社員を守るのは経営者の責務

中国など念頭「恣意的な拘束」反対の国際宣言 日米など58カ国2021.2.16産経新聞https://www.sankei.com/world/news/210216/wor2102160014-n1.html 宣言は「恣意的な拘束は国際人権法に反する」と糾弾し、「深い懸念」を表明。全ての国に対し、恣意的な拘束をやめるよう要請し、拘束された人の即時解放も求めた。 宣言の骨子だ。カナダ政府が主導している。我が国も賛同している。 不満がある。本来我が国が率先して世界をリ...
記事の続きを読む
0 コメント

今頃気が付いたのか?

根拠なくいい加減なことを言うな…文在寅政権に米国から警告 2021.2.10 ZAKZAKhttp://www.zakzak.co.jp/soc/news/210210/for2102100010-n1.html  北朝鮮の金正恩氏には、非核化の意志があると、韓国の新外交部長と、ムン君が発言した。 これに対して、 ロバート・アインホーン元国務省特別顧問はVOAの取材に対し、「文在寅大統領は説得力ある証拠なしに、トランプ政権に対して金正恩の非核化姿勢は真剣だと主張した」と指摘。...
記事の続きを読む
0 コメント

しばらく無視でいい 日韓外相電話会談

鄭義溶外交部長官就任から2週間...「日韓外相の電話会談はまだ未定」=韓国2021/02/23 17:29配信 Wow!Koreahttps://s.wowkorea.jp/news/read/289218/ 韓国の外交部(外務省に相当)はチョン・ウィヨン(鄭義溶)外交部長官が就任してから2週目の23日、日韓外交長官間の電話会談の日時はまだ未定だが、日本側との協議は進行中であると明らかにした。 チェ・ヨンサム外交部報道官はこの日の定例ブリーフィングで「チョン・...
記事の続きを読む
0 コメント

総務省接待について 安かろう悪かろう

雑記です。記事の引用もありません。 総務省、たぶんそれだけではないだろうが、組織の箍(たが)が外れていると感じる。 許認可権限を有する中央省庁は、歴史的に汚職の温床になってきた。戦前の各府省もそうだったし、徳川幕府においても、少なからぬ汚職があった。 古代ローマでも同じようなことはあった。ローマから派遣された属州の総督は、現地で汚職を働き、帰任後、弾劾された例は枚挙に暇がない。 古今東西変わること...
記事の続きを読む
0 コメント

NHKは治外法権

NHK映らないテレビでも契約義務あり 高裁で逆転判決2021年2月24日 朝日新聞デジタルhttps://www.asahi.com/articles/ASP2S5QG2P2SUTIL03W.html 朝日新聞デジタルから引用するのは初めてである。 できれば、朝日系列からの引用は避けたいと思っていたのであるが、産経新聞のデジタル版は、まだアップされていないのか、記事を見つけることができなかったのである。 忸怩たるものがあるが、朝日新聞デジタルだからと言って、事...
記事の続きを読む
0 コメント

バイデンはチェンバレンの教訓を知らない

 バイデン新大統領の対中国政策は、トランプ政権と変わらない、と公式には言われている。 だが断片的に聞こえてくるバイデン大統領の政策はその逆だ。文末に引用した古森義久氏(産経新聞ワシントン駐在客員特派員)の記事によれば、それは融和政策だ。 融和政策と聞いて、すぐに思い浮かぶのは、英国のチェンバレン首相だ。 ナチスドイツに対するチェンバレンの融和政策は、ドイツの増長を誘い、第2次世界大戦勃発の引き金と...
記事の続きを読む
0 コメント

林檎と顔の戦争

「Appleに苦痛を与える必要がある」とするFacebookとAppleの激しい対立はどのように生みだされたのか?2021年02月15日 13時45分 Gigazine https://gigazine.net/news/20210215-facebook-apple-long-tension/ この論争の行方は、我々にも重大な影響を及ぼすと思われる。そういうことで記事を引用した。 さて、何が問題かというと、個人情報の価値と、企業によるその活用についてだ。 Appleのティム・クックCEOは、個...
記事の続きを読む
0 コメント

橋本会長を応援する

 酒楽は、言論統制という観点から、森下ろしぜんたいを批判してきた。 更に、行き過ぎた男女共同参画、特に女性登用のクオータ制に強く反対してきた。 今もその考えに変更はない。画像はWikiから引用 だが、だからと言って、橋本新会長を支持しないということではない。誤解のないように、ここで一言言及する必要があると考えた次第だ。 橋本新会長は、心ならずも、我が国のために、大会会長就任を受諾された。当然応援します...
記事の続きを読む
0 コメント

EUと日本はどこへ向かうのか

 EUの戦略目標はどこにあるのか。EUの行方を占う興味深い記事が相次いで発表された。 まず、人民網日本語版は、2月17日、中国がEU最大の貿易相手国となった、と伝えている。 EU統計局が15日発表した2020年の貿易統計によると、EUにとって最大の物品貿易相手国は中国で5860億ユーロ(1ユーロは約128.1円)、2位は米国で約5550億ユーロだった。中国中央テレビが伝えた。 EUの対中物品輸出は前年比2.2%増の2025億ユーロで、中国...
記事の続きを読む
0 コメント

首長はよく考えて選ぶべき

ふるさと納税の返礼に家電 ギフト券が減り急上昇 2021.2.20 産経新聞https://www.sankei.com/life/news/210220/lif2102200015-n1.html ふるさと納税返礼品で、家電の人気が急上昇していると産経新聞が伝えている。 ふるさと納税で最近話題になったのは、川崎市だった。川崎市民が挙って他の市町村にふるさと納税した結果、川崎市の財政に赤信号がともっているということだ。 川崎市民が川崎市に税金を納めず、他の市町村に納...
記事の続きを読む
0 コメント

医師の偏在をなくす工夫を

 昨日くらいから、新型コロナワクチンの医療従事者に対する予防接種が始められ、国民の関心が高いものと思われる。 最初は、NHKWEB。ワクチンの都道府県別の配布状況だ。地上波報道を何気なく見ていたのだが、数字を見ていて何かおかしいと思ったのだ。 それは何かというと、都道府県に配分するワクチン数が、どう見ても人口比例ではないことだった。何故なのだろうか? そこで厚労省の統計結果を調べてみた。2番目のURLを参照...
記事の続きを読む
0 コメント

外務省の病 盲腸

【外交安保取材】“盲腸”取れて外務省安堵 米新政権の「自由で開かれたインド太平洋」2021.2.10 20:53 産経新聞https://www.sankei.com/politics/news/210210/plt2102100036-n1.html 「自由で開かれたインド太平洋における平和と繁栄」から「平和と安定」が取れたというのだ。これで、トランプ時代に日米が共有した自由で開かれたインド太平洋という概念が再び日米同盟の基軸的な考え方になっというわけだ。 慶賀の至りである。...
記事の続きを読む

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

軽キャンパー
健康オタク
戦わない政府に国は守れるのか?
華春瑩報道官
号外 菅総理憲法改正公約
逆さまのハンコ
台湾産パイナップルのその後
北京裁判
合従連衡
銘酒探訪 〆張鶴 純米吟醸 山田錦
9か月です
約束を守らない国
国のために働く車
同床異夢でないことを望む
儀式と文化
新緑の季節
破滅へと進む韓国
無責任な自民と産経
ワクチン確保 菅総理の功績
韓国は一線を超えるか
日米首脳会談は日本を変える好機
処理水 韓国メディアの反応
マンマシンインターフェースの行き着く先
健康面談♪
新疆弾圧を黙認する日本 
日米首脳会談を前に
知事の給与は何のためにあるのか
韓国次期大使 帰国へ
韓国はF-35を使わなければいいんじゃね!
セブンイレブン驚きのセルフレジ
政府は何故河野談話を否定しないのか
ホワイトハウスの権力闘争と日米首脳会談
evが初めて実用的になった 
後ろ姿Ⅱ
再度 旗幟を鮮明にすべし
ワンコの注射(´・ω・)カワイソス
海上保安庁法第二十五条
退屈で仕方がない?たった4日で?
中国戦狼外交はどこへ行く
自由気ままな立場
人類始まって以来の激動の未来
青山繫晴氏に期待する理由
米国と共に防衛努力を
一晩寝たらバラ色?
厚労省の会食~身を処すべし
退職後はどんななのでしょうか?
信任状奉呈式
立民安住氏の発言
大韓民国はどうして三流人権国家に転落したのか
共産主義青年団は善人ではない