プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 真正保守政治を確立する。中国・韓国・国内敵性勢力から日本を守る。日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

ファントムに栄光あれ!

 「F4が運用終了」と、朝雲新聞に掲載されていた。 空自百里基地で最後までF4EJ戦闘機を運用してきた第301飛行隊が三沢基地に移駐し、F35Aステルス戦闘機に機種更新するのを前に、7空団(百里)は12月14日、同飛行隊の移動行事を行った。 酒楽が、若かりし頃、「ファントム無頼」という漫画があった。作者は新谷かおる。これはなかなか面白かった。 無頼漢の神田2尉、冷静な栗原2尉。複座のファントムは、パイロ...
記事の続きを読む
スポンサーサイト



0 コメント

想像以上の成果 はやぶさ2

試料「ごろごろ、どっさり」 はやぶさ2、目標超える大量採取 2020.12.15 15:54|https://www.sankei.com/life/news/201215/lif2012150029-n1.html 試料がごっそり、どっさり、と12月15日付産経新聞が伝えている。 画像を見たが、想像以上の成果だ。これだけの試料を小惑星から持ち帰ったはやぶさ2に感激している。アポロ11号が、月から岩石を持ち帰って以来の快挙だろう。 はやぶさ2の成果が重要なのは、リュウグウと...
記事の続きを読む
0 コメント

ボイジャー2号

 ボイジャー2号に関するサイエンスの記事を、GIGAZINEが転載していました。  ボイジャーは、1977年に打ち上げられたのですね。今から43年前のことです。太陽風の届かない、星間空間に出た探査機と未だに通信を維持しているというのも驚きです。  ボイジャーや、その前のパイオニアには、地球外知的生命体宛の情報を記録したディスクが搭載されているのは有名な話です。将来、パイオニアやボイジャーが...
記事の続きを読む
0 コメント

はやぶさ2の快挙を寿ぐ

 天晴れだ!JAXAさん、よくやってくれました。新型コロナの蔓延で鬱勃としている世相の中での快挙に、日本中が沸き立ちましたね。プロジェクトマネージャーの津田雄一さんの笑顔が素晴らしかったですね。おめでとうございます。 糸川博士の研究を嚆矢とする我が国の宇宙開発は、また一つ実績を積み上げました。アメリカやロシア、EU、近年は中国が宇宙開発に多額の資金を投入しています。その中で、少ない予算をものともせ...
記事の続きを読む
0 コメント

ホンダの快挙

 本田がやってくれましたね。11月12日、レベル3の自動運転技術を搭載した車両を今年度中に発売すると報道されていました。レベル3の自動運転技術搭載車の実用化は世界初だそうです。 報道によると、高速道路で、一定の条件下で、ドライバーはハンドルから手を放して運転しても良い、ということなのだそうです。世界初というのがいいですねー。 酒楽です♪こういう快挙は、世間を明るくしてくれます。各自動車メーカーがし...
記事の続きを読む
0 コメント

AI戦闘機の衝撃

 衝撃的なニュースだ。AIの進歩は、人類の想像をはるかに上回っている。将棋がAIに抜かれたときも、将棋よりも複雑な囲碁は、当面抜かれることは無いだろうという楽観論が多かった。だが、大方の予想に反し、グーグルのアルファGoがあっさりとプロ棋士に勝ってしまった。ディープラーニングと言う新しい手法を使って。  この記事の結果は更に衝撃的だ。シミュレーター上での戦いとは言え、結果はAIの完勝だ。 ...
記事の続きを読む
0 コメント

意識を持つ人工知能

人工知能(AI)は意識を持つようになるのか?を神経科学者が解説 2020年05月14日 06時00分 サイエンス/Gigazine  さて、表題のような刺激的な記事がサイエンス/Gigazineに掲載されていたので紹介します。 記事によると、知能と意識は違うということと、いずれAIも意識を持つ可能性があると言及しています。 コンピューターが意識をもって、人類と対決する、というのは、SFや映画の格好の題材となってきま...
記事の続きを読む
0 コメント

サイボーグか人間か

脳とコンピューターの通信 DARPAの挑戦GIGAZINE2018年01月29日 06時00分 ハードウェア 脳とコンピューターで双方向の通信をする「brain-computer interfaces(BCI)」とは? 人間の脳とコンピューターで通信を行う「brain-computer interfaces」(BCI)によって、頭で考えるだけで操作するコンピューターを作り出したり、コンピューターから映像を脳に送り込んだりといった、新しいデータ通信が実現すると期待されてい...
記事の続きを読む
0 コメント

超人的な認知

 先日、「脳のチップとコンピューターが連動 マスク氏がブタでの実験を披露」という記事がBBCその他からリリースされた。 アメリカの起業家イーロン・マスク氏は29日、脳にチップを埋め込み、コンピューターと連動させる技術を発表した。オンラインで行われた会見では、ガートルードと名付けられたブタでの実験の成果が披露された。 マスク氏が所有するスタートアップ企業「ニューラリンク(NeuraLink)」は、昨年に臨床実...
記事の続きを読む

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

休日の風景
社会の木鐸という虚飾
トランプの意図にすぐ反応せよ
既得権益が国を亡ぼす
聞く耳を持っているようだ
真実は最後に勝つ ポンペオ国務長官/VOICE OF AMERICA
無能な政府は国を亡ぼす
独裁への道をひた走る米国
由らしむべし知らしむべからず
日韓議連の時代錯誤
CALIFORNIA SHOWER
恐怖の結果説明受け
長谷川良氏の正論
日韓断交への第一歩♪
米国の行方 日本の行方
医療資源の活用を図るべし
混迷するアメリカ合衆国
先生に習った?
運命の上下両院合同会議
蕎麦打ち その2
アメリカは生き残れるのか?
蕎麦打ち その1
総理は方向を示せ
AI戦闘機を開発せよ
お正月
ファントムに栄光あれ!
初夢 超寿命の世界
年末のご挨拶
年越し蕎麦
天は自ら助くる者を助く
このままでは国を守れない日が来る
なぜ自衛官が発言できない日本なのか
NHKを国有化せよ
永山基準が国を亡ぼす
トランプが安倍さんに勲章授与
米大統領選最新情報 2020.12.24
恐れるべきは中国の後方攪乱
トランプに残された選択肢
青山繁晴の道すがらエッセイ
年賀状
未練たらたら日韓スワップ
健康診断 オジサンとオバサンの違い
DIY
心の声が駄々洩れ
間違えたようです
想像以上の成果 はやぶさ2
トランプ選挙人投票で逆転か?
プーチンがバイデンに祝意
トランプ逆転秘策 ホントか?
改憲の信を問え、自民党!