プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 真正保守政治を確立する。中国・韓国・国内敵性勢力から日本を守る。日本人の誇りを取り戻すブログ。
主筆 酒楽。通称「硬派」。自称「小生」。政治、安全保障担当。
代筆:「お気楽」。硬派酒楽の疲れたときに代筆。日常・休憩など担当。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

リムパック2020

 以下は、海上自衛隊HPより転載

 令和2年度米国派遣訓練(護衛艦)

目的
米海軍の協力を得て、洋上訓練を実施するとともに、米海軍が主催する多国間共同訓練 RIMPAC2020に参加することにより、海上自衛隊の戦術技量の向上を図るととも に、参加国との相互理解の増進及び信頼関係の強化を図る。

期間
令和2年7月23日(木)~9月18日(金)

訓練海空域

日本からハワイ諸島に至る海空域

派遣部隊等
(1)派遣部隊指揮官
   第2護衛隊司令 1等海佐 北川 敬三(きたがわ けいぞう)
(2)派遣部隊
   護衛艦「あしがら」、「いせ」及び搭載航空機2機
(3)人 員
    約550名

参加訓練
(1)米国主催環太平洋合同演習(RIMPAC2020)
   8月17日(月)~8月31日(月)
(2)日米豪韓共同訓練(パシフィック・ヴァンガード20)
   9月12日(土)~9月13日(日)

主要訓練項目
対空戦、対水上戦、対潜戦訓練等

その他
(1)新型コロナウイルス感染症への必要な対策を行い実施します。
(2)RIMPACは、1971年からほぼ隔年毎実施され、今回で27回目となります。また、海上自衛隊は1980年から参加しており、今回で21回目の参加となります。

 今年もリムパックがハワイ沖で開催された。今年で21回目の参加だそうだ。9月24日付朝雲新聞には、1回目に派遣された時の護衛艦「あまつかぜ」の艦長、是枝氏の寄稿が掲載されていた。当時は、リムパックへの参加が大きな政治問題としてクローズアップされ、そんな中でリムパックに参加した海上自衛隊の苦労話や米軍等との訓練について、自然体で書き込まれている。

 いつの時代も、自衛隊は鬼っ子だ。特に野党にとっては格好の攻撃材料であり、いつもあら捜しをして、突っ込んでくる。少しは大人になれと言いたい。災害派遣の時だけ感謝するようでは、一人前の大人とは言えまい。日本という国に、頑丈な鍵をかけて守っているのは自衛隊なのだ。それを理解しない、自衛隊は憲法違反だと叫ぶ人士は、本当に日本人なのだろうか?事実を事実として認識できない者は、おとぎ話の国にでも住んでいるつもりか?

 自衛隊は、1年365日、1日24時間、片時も休まず、日本防衛の任に就いている。感謝以外の言葉は無い。ありがとうございます。

 さて、海上自衛隊のHPから、リムパック関連の写真を引用します。まあ、国の機関が公にしているので、転載しても良かろうと勝手に解釈して掲載します。とくとご覧あれ。

01.jpg護衛艦「あしがら」。奥は「いせ」

02.jpg
 こちらは、「いせ」。カッコいい。

パールハーバー戦艦ミズーリ11パールハーバー入港時の画像。奥に見えるのは戦艦ミズーリです。

 場所は、パールハーバー、奥に見えるのは戦艦ミズーリ。象徴的な一枚だ。パールハーバーは、昭和16年、12月8日、帝国海軍が奇襲攻撃した場所だ。そして、戦艦ミズーリは、大日本帝国が大東亜戦争に敗れ、昭和20年9月2日、東京湾上に浮かぶ同艦の甲板上において降伏文書に調印した艦だ。この日、大東亜戦争は正式に終了した。

 リムパックに関するメディアの報道も隔世の感があるが、この一枚の写真についても隔世の感がある。血で血を洗う戦争を行ったアメリカ合衆国と大日本帝国、開戦から79年を過ぎんとする令和2年、そのパールハーバーと戦艦ミズーリの周囲で、米海軍と日本海上自衛隊は、同盟国として共同訓練に臨んでいるのだ。79年前、誰がこういったシチュエーションを想像しただろうか。

日米豪韓05 こちらは、日米豪韓共同訓練の一コマ。こういうアングルの画像は珍しい。

日米豪韓01 普通はこんな感じ。真ん中が「いせ」、先頭はおそらく米海軍バージニア級潜水艦だと思われる。

日米豪韓10  手前は韓国海軍のイージス艦、左が「いせ」、旭日旗が眩しい。いいのかこれ?旭日旗翻る海上自衛隊護衛艦とのツーショット!こんな写真が韓国ネットに公開されたら、韓国人は発狂するだろうな∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…
日米豪韓17 いせに着艦した韓国海軍哨戒ヘリ。これも同じ。 (^-^)/

訓練01ハープーンを発射した瞬間の画像。

 さて、朝雲新聞を購読しているならともかく、そうでなければ、一般の方がこういった情報に接することはあるまい。国民が知らないということは、存在しないということと同義だ。さんざん反対したメディア・マスコミは、嵐が過ぎ去ると、今度は報道しない自由を行使して、自衛隊の存在を無きものとしている。及ばずなながら、小生のブログを訪れる奇特な方に、情報を提供し、日夜訓練に励み、我々国民のために努力する自衛隊を応援したいと思うのだ。

頑張れ自衛隊!ありがとう自衛隊!

↓人気ブログランキングに参加しています。自衛隊を応援したいと思っている方はここをクリック!

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

天晴れ門田隆将
易姓革命の国 韓国
外務大臣交代論
日韓経済人会議の暴論
米大統領選未だ確定せず
敵を育ててはならない
維新の野党第一党を歓迎する
ホンダの快挙
ペンスの勝ち!
乗り越し
噴飯ものの日中会談
バイデン氏三日天下の可能性
自衛官の給料を上げろ
投票率109%の怪
歴史の知恵
考えるのを諦めたら終わりだ
信任状奉呈式に格付けを
責任を取らない政治家たち
国産輸送機 非舗装滑走路着陸成功
信用してはならない
無責任な産経新聞
11月18日付 新型コロナ死亡率
さわやかな一日
祝 日豪準同盟
中国の戦争準備
バイデンを祝福していない首脳は誰か
新潜水艦たいげい
米メディア激変中
トランプ支持者デモ数十万人!
バイデンを勝者と認定せず!
米メディアの情報統制
情報と兵站
「鬼滅の刃」に見る日本人の美学
当ブログの紹介
キーンソード21
産経 正論にもの申す
覇権国にふさわしい大統領
不正摘発中
産経新聞 世紀の誤報
頓珍漢な内閣官房参与
電車で万歳
産経 信用に値せず
産経新聞に対する敬意と失望
大統領は治安に責任がある
産経、バイデンを当確と報道
産経新聞のダブルスタンダード
日韓 祝断交!
大本営 発表せず
米国の法治が問われている
兵士を尊重しない国は滅亡する