プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 真正保守政治を確立する。中国・韓国・国内敵性勢力から日本を守る。日本人の誇りを取り戻すブログ。
主筆 酒楽。通称「硬派」。自称「小生」。政治、安全保障担当。
代筆:「お気楽」。硬派酒楽の疲れたときに代筆。日常・休憩など担当。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

米中首脳の歴史的必然

 アメリカ合衆国大統領選挙が間近に迫ってきた。トランプ大統領は、新型コロナに感染したが、颯爽と退院した。退院おめでとうございます。すみやかなるご回復をお祈りいたします。

 米国大統領選挙は、トランプが勝利するだろう。日米のメディア・マスコミが挙ってバイデン有利を報道しているのがその証拠だ。四年前もそうだった。米マスコミは、ヒラリー勝利を予想していた。だが、トランプが勝利した。今回も同じストーリーとなろう。バイデン有利?というのは、米メディア・マスコミの願いなのだ。4年前の教訓は何も生かされていない。今回、トランプが勝利すれば、米メディア・マスコミは、致命的な敗北を味わうだろう。誰も彼らの報道を信用しなくなる。

 トランプ大統領は、日本を含む西側自由主義社会の希望の星だ。時代が彼を登場させたのだ。何故か?それは、時代の要請だからだ。覇権国家の本能がトランプを登場させたのだ。

 毛沢東以来の終身国家主席を目指す習近平の登場もまた、中共という組織が生み出した必然の結果だ。鄧小平は、国家主席二期十年という制度を考案した。そして、初代に江沢民を指名した。異常だったのは、その後継者、胡錦濤も同時に指名したことだ。

 江沢民は、自らの後継者を指名できない代わりに、胡錦濤の後継者として習近平を指名し、自らの権力基盤と身の安全を維持しようとした。

 胡錦濤も同じように、習近平の後継者を指名しようとしたが失敗した。これで、全てが狂った。しかし、独裁者が後継者を指名するのは異常なことではない。当たり前のことだ。後継者を指名する権限があるからこそ、そして指名するからこそ、引退後も安泰なのだ。

 胡錦濤の失敗を見て、習近平は考えたのだろう。自分の引退後の安泰を保証するための方法を。その結論が、蠅も虎も叩くという、政敵の粛清であり、後継者潰しである。結果、自らを終身国家主席とする道筋をつけた。ある意味、独裁者として王道を歩んでいる。それが独裁者としての正しい行動だ。いずれ、そうならざるを得ないのだ。独裁国家とはそういうものだ。

 ロシア初代大統領、エリツィンは、数々の後継者候補を葬り、最後に、プーチンを後継者に指名した。それは、彼がエリツィンに忠誠を誓い、大統領退任後の身の安全を保障したからだ。独裁者が最も欲するもの、それは退任後の身の安全なのだ。それが保証されない限り、退任は死を意味するため、退くことはできない。

 習は、そのため終身独裁者を目指している。独裁者としては当然の行為だ。そして、その身分の安泰を図るため、対外強硬策以外に選択肢はなくなったのだ。ソビエト連邦の歴史と瓜二つだ。違うのは中国の方が狡猾だったことだ。各国、先端企業をだまし、世界第二の経済力を達成したからだ。

 トランプの登場も時代の要請する必然の結果だ。中国の擡頭に、米国市民は、漠然とした不安を覚えていた。それは、ニクソン以来の米国の対中関与政策の失敗が原因だ。

 特に、トランプの前、オバマは無能だった。何もしなかった大統領だった。日米もオバマのせいでギクシャクした関係にならざるを得なかった。第二次安倍政権が誕生するに及び日米関係は良好に推移することになったが。

 いずれにしても、米国の対中関与政策の誤りにより、中国はソビエト連邦以来の悪の帝国として擡頭してきたのだ。覇権国家は覇権国家の擡頭を許さない。覇権国家としての本能だ。だからトランプが当選し、大統領となったのだ。米国市民は、これ以上の中国の擡頭を許せなくなったのだ。これがトランプ大統領を登場させた歴史的必然だ。

 これまでの米国政府の対中関与政策にノーを突き付けたのだ。特に中国に甘かった民主党に。ヒラリーではだめだったのだ。米国市民は、ヒラリーに胡散臭さを感じたのだ。これがトランプを大統領に当選させた主要な理由だ。

 今回はどうなるだろうか。アメリカ合衆国大統領は、アメリ合衆国の元首であると同時にヒーローでなければならない。

 それを演じきった候補が勝利するだろう。小生の予想は?多分トランプが勝利するものと予想する。アンケート結果はバイデン有利としている。4年前、事前の予想はヒラリー有利だった。結果は逆だった。理由の一つに、表向き民主党を支持するが、実は共和党トランプを支持している、隠れトランプファンが多かったという分析があった。今回もそうなのだろうか?

 トランプの勝利を歴史の必然と考えるのが結論だ。米国市民の良識が勝つだろう。

  2回目の討論会は、開催できない模様だ。オンライン討論会にとトランプが難色を示したからだ。自宅の地下室から出ないで選挙活動する、討論会をオンラインで実施する、米国市民がこれをどのように受け止めるか?言わずともわかろうというものだ。力強い、ヒーローこそアメリカ合衆国大統領にふさわしい。結果は見えている。

↓人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとしていただけると嬉しいです。

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

南極観測船「しらせ」
韓国に法治は無理
総理大臣訓示に違和感
安倍前首相 印・太平洋に英加入後押し
天晴れ門田隆将
易姓革命の国 韓国
外務大臣交代論
日韓経済人会議の暴論
米大統領選未だ確定せず
敵を育ててはならない
維新の野党第一党を歓迎する
ホンダの快挙
ペンスの勝ち!
乗り越し
噴飯ものの日中会談
バイデン氏三日天下の可能性
自衛官の給料を上げろ
投票率109%の怪
歴史の知恵
考えるのを諦めたら終わりだ
信任状奉呈式に格付けを
責任を取らない政治家たち
国産輸送機 非舗装滑走路着陸成功
信用してはならない
無責任な産経新聞
11月18日付 新型コロナ死亡率
さわやかな一日
祝 日豪準同盟
中国の戦争準備
バイデンを祝福していない首脳は誰か
新潜水艦たいげい
米メディア激変中
トランプ支持者デモ数十万人!
バイデンを勝者と認定せず!
米メディアの情報統制
情報と兵站
「鬼滅の刃」に見る日本人の美学
当ブログの紹介
キーンソード21
産経 正論にもの申す
覇権国にふさわしい大統領
不正摘発中
産経新聞 世紀の誤報
頓珍漢な内閣官房参与
電車で万歳
産経 信用に値せず
産経新聞に対する敬意と失望
大統領は治安に責任がある
産経、バイデンを当確と報道
産経新聞のダブルスタンダード