プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

日曜独語 遠泳本番

 さあ、遠泳当日です。それまで約2週間、東京湾で訓練を積み重ねてきました。伊勢町海岸から出発です。

 当日の天気をよく覚えていないのですが、雨は降っていませんでした。風も無かったと思います。つまり遠泳日和でした♪

 それまでの訓練で、2時間~3時間くらいは経験していました。猿島までの往復8キロは、概ね6時間くらいのようです。泳力のある白帽組から出発します。酒楽の所属する赤帽組は最後でした。

 写真にあるように、コース上に点々とボートやらなにやら船が浮かんでいて、救助体制は万全でした。そして、いざ出発。

 訓練の成果でしょうか、遠泳は上々の滑り出しでした。天気もいいし、これは楽勝だな、と思っていました。事実、申し分のない天気で、順調に泳いでいました。

 猿島の前でUターンです。これで半分泳ぎ切ったということです。この時点で、酒楽はもう終わったような気分でしたが、甘かったですね。復路は、右手に陸地を見ながら泳ぐのですが、いつまでたっても景色に変化がありません。やはり、体力を消耗し、いつの間にか速度が落ちていたのですね。

 遠泳では、途中何か所かで休憩があります。立ち泳ぎしながら。乾パンとかを支給されて、エネルギーを補給します。思いのほか体力を消耗していました。3時間以上の遠泳は未知の体験です。

遠泳3
防大瓦版から写真を引用しました。あまり鮮明ではありませんがご容赦下さい。写真は、東京湾側から小原台を撮影していますね。おそらく馬堀海岸あたりかなと思います。猿島まで3分の一くらいの距離でしょう。

 潮の流れがあったようで、岸から遠ざかっているように感じました。そして、大回りで伊勢町海岸を目指します。赤帽組は一番泳力がない組なので、泳ぐスピードも遅いのです。この日、クラゲが降ってくることはありませんでした。

 みんな無言です。必死に泳いでいたのですね。酒楽も必死でした。泳ぎ切る自信はありましたが、時間はゆっくり進み、相変わらず伊勢町海岸が遠くに見えるのです。

 何度目の休憩かは覚えていませんが、海岸が近くに見えたのです。いよいよゴールは近いです。赤帽組は、一人の脱落者もなく必死で泳ぎます。所々で、船の上から、先輩の応援の声が聞こえます。そうです、校外訓練を終えた上級生が応援に来てくれていたのでした。ゴールは近い!

 少しずつ海岸が近づいてきます。少しずつ。そして、到着しました。教官は「すぐに立ち上がるな、胸がつくくらいまで泳げ!」と指示が来ました。これはですね、長い時間泳いでいると、思った以上に体力を消耗していて、立ち上がれずに数十センチの深さでも溺れることがあるからなのです。なので、もうこれ以上は泳げないという浅いところまで泳いで、ようやく立ち上がることが許されるのです。

 立ち上がりました。ふらふらでした。立つのもやっとという感じです。重力をこれ程感じたのは、後にも先にもこのときだけでした。宇宙空間から帰還した宇宙飛行士と同じです♪

 遂に達成です!今思うとですね、よくも8キロ泳いだもんだなと。自分をほめてやりたい気分です。かかった時間は6時間半でした。ひゃー!

 こうして8キロ遠泳は無事終了しました。泳げるようになって3週間後に8キロの遠泳に成功しました。普通に考えると無謀ですね(笑)だから教官が「希望する者は挙手」と言ったのですね。常識的には、ちょっと前にやっと泳げるようになったのに、8キロ泳がせるわけにはいかないのですよ。それでも泳がせてくれた教官には今でも感謝しています。これで8キロ泳いだ達成感と充実感と、なにより自信が付いたからです。翌々日、夏休み開始です。やっほー!

 後日譚。

 数年後、酒楽を含む幼馴染4人で、とある湖に湖水浴にいきました。事件はそこで起きました。ボートで遊泳禁止の場所まで行って、湖岸で休んでいたのですが、幼馴染の一人が水に入っていき、岸から10メートルの所で突然溺れたのです。

 実は4人の中で泳げるのは酒楽一人でした。幼馴染の弟が助けてやってくれ!と叫んだのです。酒楽は、飛び込みました。そして、水中深く潜って、下から幼馴染の足を掴んで顔が水の上に出るようにし、足を抱えたまま岸まで運んだのです。酒楽はずっと水の中でしたが、距離は近いので、大丈夫だったのです。

 救助のコツはテレビを見て知っていました。溺れる者は藁をもつかむのです。不用意に近づくと抱き付かれて、救助者まで溺れてしまいます。そこで、下から抱きかかえて、幼馴染が呼吸できるようにし、同時に抱き付かれるのを防いだのでした。水に入ってから岸に戻るまでおおよそ30秒くらいだったと思います。幼馴染は無事でした。

 いろいろ経験は積むものだなと思います。キツイ厳しい環境の防大でしたが、得るものも大きかったのです。
 
 ご清聴ありがとうございました。ぽちっとしていただけると励みになります。フォローバナーもよろしくお願いします。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

防衛費増額阻止内閣
中国空母は張子の虎か?
ビジネスチャンスを失うだけではない
人民解放軍の致命的弱点
場合によっては岸田政権を更迭せよ
総理大臣の公と私
尖閣の情報開示が喫緊の課題だ
外務大臣を更迭せよ
民意を曲解する朝日新聞
今こそ求められる尖閣実効支配
日本の偽善と不公正を打破せよ
日曜独語 深遠なる宇宙
自衛隊員に謝罪する連盟
判断には結果と責任が伴う
勇気ある政治家を待望する
身を亡ぼすか 国を亡ぼすか
覚悟の無い日本政府
アメリカ圧勝!
破綻は近い
米中 虚々実々の駆け引き
日米同盟の欠陥
NPTに行ってる場合か?
幸せな国ニッポン
日曜独語 消える妻
入国歓迎リスト/ミスターⅩの世相を斬る
維新の会は学級会
主人は、自衛隊が大好きでした。゚(゚´Д`゚)゚。
天命は降るのか
目指すべきは法治国家連合
断末魔の韓国
創価学会は日本を滅亡させる
安倍さんの遺言
護憲の本性を現す公明
当ブログについて
安倍さんは国葬にふさわしい
日曜独語 遠泳本番
永田町の検討使/ミスターⅩの世相を斬る
自衛官の心を代弁する方々
自由にものが言える幸せ
心是台湾
「信じられない」では済まされない
誤ったメッセージは禍根となる
悲しき自衛隊
日本人の敵 朝日新聞
日曜独語 水泳訓練 東京湾
団結を阻む勢力こそ真の敵
国柄を変えてはなりません
台湾の皆様ありがとうございます
韓国積弊清算の愚
麻生氏の弔辞