プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

団結を阻む勢力こそ真の敵

 中国 台湾・副総統訪日に反発 「改憲の箱開ければ災い」

 産経新聞 7月13日朝刊に注目すべき記事がアップされました。電子版では確認できませんでした。有料記事ですので、象徴的な部分を抜粋して紹介します。

【北京=三塚聖平】中国外務省の汪文斌(おうぶんひん)報道官は12日の記者会見で、台湾の頼清徳副総統が安倍晋三元首相を弔問するために日本を訪れたことについて「急な不幸に乗じて、台湾当局は政治な策略をめぐらせた」と反発。(中略)汪氏は「台湾は中国の一部であり、いわゆる副総統などはいない」と主張。「政治的なたくらみが目的を達することはない」と非難した(中略)。
 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は12日付で「改憲は宝箱ではなくパンドラの箱。開ければ災いが続く」と題した社説を掲載した。この中で、憲法9条への自衛隊明記を行えば、「戦後の歴史や平和発展の道を否定する危険な信号を、隣国とアジアに発することになる」と主張。日本政府に「軍国主義の行き着く果ては断崖絶壁だ」と一方的な考えを示した。

 この記事はいずれ電子版に掲載されるかもしれませんので、御諒解をいただきたいと思います。

 酒楽が何故この記事を紹介したかというと、こういう記事こそ、無料で、第一面にデカデカと掲載すべきと考えるからです。皆様、わかりますよねww

 ロシアのウクライナ侵略が日本人の安全保障に関する意識を相当程度に変えました。防衛費増に日本人が賛成しているのは明らかで、自民党の大勝はそれを裏付けています。

 しかし、我が国に対する真の脅威は中国です。経済成長と共に莫大な予算をつぎ込んで軍事力を増強しているのが中国です。中国の目的は何でしょう。

 当面の目的は台湾併合でしょう。その通過点として尖閣の奪取が考えられます。台湾併合の後は、日本の属国化を狙うでしょう。既にその兆候がうかがえます。
image0_2022071408481246e.jpeg
昨日、通勤途上で見つけた紫陽花

 最終的には、覇権を目指すのではないかと思います。かつてソ連が膨大な陸軍を造成し、欧州を席巻しようとしましたが、彼らは最終的には米国打倒まで考えていたと思います。同じことは中国にも言えましょう。

 勢力圏の拡大は、最終的には覇権に行き着きます。だから米国は中国を明確に対抗勢力と認識し、長期的視野で打倒しようと考えていると思います。かつての大日本帝国が知らずに米国を敵にしてしまい、徹底的に壊滅させられたのを彷彿とさせますね。

 そもそも米国はシナに進出したかったのです。それが桂・ハリマン協定の真実です。大日本帝国の戦略は誤っていなかったのです。小村寿太郎が同協定を破棄させたことで米国は国益を毀損させられたと感じたのです。世紀の失敗です。これを機に米国はオレンジ計画を作成し、我が国は米国の仮想敵となり、最終的に敗北しました。

 米国とはそういう国です。現在、日本は米国と国益を共有しています。安心していいと思います。ただし、ヒロシマサミットはいただけません。それで日米関係が大きく毀損されることはないと思いますが、禍根を残すことは明らかでしょう。危惧いたします。

 さて、中国が建国100周年までにグローバルな軍事力を作る、と公言しています。それは米国の覇権に挑戦するという高らかな宣言です。天命の国支那ならではですね。天はシナに天命を与えたと、彼らは考えているのでしょう。世界の覇権を握るのはそなただと。

 シナも米国も戦略的な思考が得意です。シナは、大陸で、それを約4千年にわたって行ってきました。シナの本能は、天命を奉ずることなのです。

 片や米国は、ローマ以来の力による平和を体現した覇権国家です。シナの台頭を許すことはないでしょう。シナの日本に対する恫喝は、日本政府にとって、格好の材料なのです。大々的に政府の危惧を発表すべきでしょう。シナは我が国を恫喝していると。

 国論は沸騰し、我が国防衛の意識は高揚すると思います。憲法改正の追い風に利用すべきなのです。そのくらいの狡猾さがなければ、生き馬の目を抜く過酷な世界を生き抜くことはできません。せめて産経新聞は、その一助として、無料の記事を第一面に配信すべきです。頼みますよ、産経さん。

 我が国の憲法改正に対し、恫喝する行為は、内政干渉です。許し難い暴挙だと酒楽は思います。中国が、我が国の憲法に意見を言う権利はありません。

 そもそも戦勝国は、中華民国であり、中華人民共和国ではありません。中共を常任理事国として承認した米英仏ソの決定は、歴史に残る失敗と言えるでしょう。

 シナはヤマトを恐れています。シナは4千年の歴史を誇り、東アジアの覇者として君臨してきました。ヤマトを除き。ヤマトだけは、常にシナの覇権の外にいたのです。シナは一度もヤマトに勝った歴史がありません。ヤマトはシナの喉に刺さった骨、アキレス腱であり、それがシナの大和に対する劣等感になっています。

 シナのヤマトに対する恫喝は、シナの劣等感の現れです。シナ伝統の圧倒的な兵力も、海を隔てたヤマトには通用しません。海はヤマトのものです。シナに出る幕はありません。大陸国家中国の致命的な弱点と言っていいでしょう。シナの空母は張り子の虎です。それを一番よく知っているのは、ヤマトであり、シナ自身です。恫喝は、弱さの表れなのです。字義通り受け取ってはなりません。しかし浸透されつつある政界は、要注意です。

 シナは、正面から戦っても到底ヤマトには勝てません。そのため、ヤマトの内部分裂を図っています。それ以外にヤマトに勝つ手段がないからです。つまり、ヤマトは団結すればいいのです。結論です。団結を阻む勢力こそ、ヤマトの敵です。

 
 ご清聴ありがとうございました。ぽちっとしていただけると励みになります。フォローバナーもよろしくお願いします。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

防衛費増額阻止内閣
中国空母は張子の虎か?
ビジネスチャンスを失うだけではない
人民解放軍の致命的弱点
場合によっては岸田政権を更迭せよ
総理大臣の公と私
尖閣の情報開示が喫緊の課題だ
外務大臣を更迭せよ
民意を曲解する朝日新聞
今こそ求められる尖閣実効支配
日本の偽善と不公正を打破せよ
日曜独語 深遠なる宇宙
自衛隊員に謝罪する連盟
判断には結果と責任が伴う
勇気ある政治家を待望する
身を亡ぼすか 国を亡ぼすか
覚悟の無い日本政府
アメリカ圧勝!
破綻は近い
米中 虚々実々の駆け引き
日米同盟の欠陥
NPTに行ってる場合か?
幸せな国ニッポン
日曜独語 消える妻
入国歓迎リスト/ミスターⅩの世相を斬る
維新の会は学級会
主人は、自衛隊が大好きでした。゚(゚´Д`゚)゚。
天命は降るのか
目指すべきは法治国家連合
断末魔の韓国
創価学会は日本を滅亡させる
安倍さんの遺言
護憲の本性を現す公明
当ブログについて
安倍さんは国葬にふさわしい
日曜独語 遠泳本番
永田町の検討使/ミスターⅩの世相を斬る
自衛官の心を代弁する方々
自由にものが言える幸せ
心是台湾
「信じられない」では済まされない
誤ったメッセージは禍根となる
悲しき自衛隊
日本人の敵 朝日新聞
日曜独語 水泳訓練 東京湾
団結を阻む勢力こそ真の敵
国柄を変えてはなりません
台湾の皆様ありがとうございます
韓国積弊清算の愚
麻生氏の弔辞