プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

素人は戦術を語りプロは兵站を語る

戦車も火砲も鉄道貨物が必要だ! 自衛隊が国交省へ「直訴」に至ったウクライナ情勢と国内事情 2022.07.22 乗り物ニュース

 乗り物ニュースに面白い記事を見つけました。

 国交省の「鉄道物流のあり方検討会」で、防衛省は安全保障に対する鉄道貨物の重要性を猛烈にアピール。資料にも表れているその「熱量の高さ」は、衰退傾向にある鉄道の現状への危機感が感じられます。

 詳細は記事をご覧ください。鉄道輸送は、車両や航空機による輸送に比べると、大量の物資を短時間で輸送できる優れものです。これは、陸上自衛隊では常識的なものです。

 何故かと言えば、海空自と異なり、基本陸上を移動するのが陸上自衛隊であり、移動するのは人員・装備です。この移動が陸自にとってはいつも大問題になるのです。

 戦後日本はソ連の脅威を前に、北方重視態勢をとっていました。そのため陸自の主力は北海道に配置されていたのです。当然、北海道での作戦を前提としていたので、部隊の作戦の基盤となる兵站組織と部隊及び物資も北海道を重点に整備されました。たとえば、弾薬です。

 しかし、戦略環境の変化により、自衛隊は南西方面を重視するようになっています。では、北海道の脅威は去ったのでしょうか?簡単に言えば、脅威は低下していると思います。当時北海道には1個機甲師団と3個師団が配置されていました。現在は、1個機甲師団、1個師団、2個旅団に削減されています。その分を南西方面に振り向けているということです。
公園 (2)

 しかし、部隊は削減されましたが、兵站物資はそのまま移転されていないようです。酒楽も現在進行形での情報は持ち合わせていないので詳細な説明は省略させていただきます。

 削減されたとはいえ、北海道の部隊は今でも重要な戦力です。南西正面で事態が進行するならば、北海道から南西正面に大規模な部隊移動が必要です。そのための手段の一つが鉄道なわけです。

 航空機の輸送能力は限られています。海自の輸送能力も限られ、かといって民間船舶は危険が伴うのでなかなか採用できません。残された手段は、車両を使った陸路輸送と、鉄道です。

 陸路を大部隊が移動すれば、主要幹線道路は大渋滞が発生し、物流は深刻な影響を受けるでしょう。もちろん陸自の移動も大幅に制約を受けます。その時に活躍するのが鉄道輸送なのです。鉄道輸送は、東日本大震災のときも大活躍しました。東北の太平洋岸は港湾が被害を受けたため、車両と鉄道輸送に依存した期間が長かったのです。鉄道輸送は、偉大です。何十両もの車列と同じ物量を1回で運べますし、基本渋滞なしで運べるので、時間が短縮できるのです。

 陸自の部隊と兵站物資の輸送のため、鉄道輸送は今でも有効な手段なのです。陸自がそれに対し、声を大にして主張するのは当然なのです。国交省さんよろしくお願いします。

 さて、鉄道輸送と言えば、日露戦争におけるシベリア鉄道と、第1次隊大戦の東部戦線、タンネンベルクの戦いが有名です。いずれも、鉄道輸送が戦局に大きな影響を及ぼしました。

 タンネンベルクの戦いでは、ドイツのヒンデンブルクが見事な采配を見せ、ロシア軍をせん滅しています。

タンネンベルクの戦い (1914年)

 表題は、人口に膾炙していますので、ご存知の方が多いと思います。古代ローマは、ロジスティクス(兵站)で勝つ、と言われました。現代では、米国が代表的な国です。戦いの先の先まで読んで、事前に十分な兵站を準備するのが米国です。

 先端戦力を維持するための兵站、これが最終的に勝敗を決する決め手になることが多いのです。陸上自衛隊は、この兵站に問題を抱えています。速やかに予算の配分が必要です。そして、大部隊の転用、それを支える物資輸送のために、鉄道輸送は重要な手段なのです。国交省は、鉄道輸送が、国家の重要なインフラであることを十分考慮していただきたいと思うものです。
 
 ご清聴ありがとうございました。ポチッとしていただけると励みになります。フォローバナーもよろしくお願いします。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

少子化は避けることができない
核兵器シミュレーション
ウクライナ軍事支援は北方領土奪還の最良の策
COCOM復活!日米蘭同盟
日本に完敗した中国・中国に完敗した韓国
専守防衛も非核三原則も速やかに破棄すべきだ
騙されたインドネシアVS騙されないベトナム
労基法適用除外の悲惨な現実
他人の物を返さないのを盗人と言う
蛮族を滅ぼさない限り平和は来ない
台湾を文明化した責任
ホワイト国復帰・政府は理由を明らかにせよ
防衛に知見なし 朝日新聞
米国における華人と日本人
プロの本領~中国国防部
台湾は日本の存立危機事態だ
西側MBTが戦勢を逆転する
中国の悲鳴が聞こえる
中距離弾道弾も原潜も可能だ
脳の限界
魂を売った維新
自衛隊の深刻な練度不足
韓国を批判するシナの苦境
中国経済は自滅するのか
日本人がヒュンダイのEVを買わない理由
習近平は堯舜に学び徳治を行うがいい
紅白歌合戦が気になって仕方がない韓国♪
輸出管理の厳格化に変更はない?
野蛮人は野蛮人を理解する
紳士と野蛮人の違い
シナは隣国を敵に回すかつての道を歩んではならない
メディアは世論調査の質問を開示すべきだ
民主主義の本質を理解しない産経新聞
林外相を中国に行かせたくて仕方ない朝日新聞
日本を騙す気満々・韓国・やっぱり
中国人に車を売る時は(^-^)/
リニアは中止すべきだ
仲良くしたいと言われてもねー
深化する日米同盟
日曜独語 お前のような若造に何がわかる!
騙す韓国・騙され続ける日本
ユニクロの衝撃
覚醒するヤマト
日本は台湾防衛に関与するのか?
精鋭無比第1空挺団
中国人へのビザを停止すべき
要請があっても朝鮮半島には行かないよ♪
訓練時間の確保が喫緊の課題だ
日本が大好きな韓国人ww
中国の軍門に降ったドイツ