プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

日韓断交への道

<W解説>日韓の国交が無くなると、日本と韓国には何が起きる?

 2020年10月13日 18時00分 WoW!Korea

 Wow!Koreaに興味深い記事を見つけたので、逐条解説してみようと思う。

 「”慰安婦”問題」「”徴用工”問題」など、様々な日韓問題の中、日韓の関係が悪化し解決の糸口は中々見つからない。その間、「日韓が断交すべき」「日韓の国交がなくなってもよいのでは」などの声も聞こえている。

 どこから聞こえているのか、明らかにしてもらいたいものだ。日本なのか?韓国なのか?我が国は、ここ数年、殆どの国民が断交を望んでいるぞ。その意味では上記文章は正しい。それとも韓国なのか?韓国から断交してくれるなら、日本人は大喜びだろう。無くなってもいいから、早くしてくれ、というのが大多数の日本人の願いだ。韓国もようやくその気になったか?喜ばしい限りだ。大歓迎する。

 それでは、日韓の国交が無くなると、両国には何が起きるだろうか?真っ先にあり得る短期・中期的な影響は経済面(貿易通商面)での悪影響である。
日本にとって韓国とは、約二兆円前後の貿易黒字を筆頭に、観光、投資・金融、知的財産等で黒字をもたらす国である。国交が無くなった場合、これら経常収支上の黒字を円滑に得られなくなるリスクが生じる。

 たった二兆円ではないか。惜しくはない。韓国の嫌がらせから逃れられるなら安いものだ。

 一方、韓国にとって、国交が無くなり、貿易通商と言った経済関係が断絶してしまった場合、短期的には「長年の念願」であった対日経常収支の赤字解消にはなる。

 よかったではないか。断交が双方にとってウィンウィンなのだ。さっさと断交しよう!

 韓国の輸出産業である製造業にとって必須の部品、素材、工作機械等の多くは日本からの輸入に依存している。昨今の輸出管理を巡る紛争で韓国半導体産業の脆弱性を露呈させたように、韓国製造業にとって必須な物資を円滑に得られなくなるリスクが生じる。

 確か全力で国産化に努力しているんだよね?何度も国産化に成功!というニュースを聞いたぞ。日本に依存したくないんだろ?他の国から輸入すればいいじゃないか。早く断交しようぜ。

 1965年以前の日韓の「国交未成立期」において、政治的な国交が存在しなくとも、政経分離の原則の下、1949年の日韓通商協定のように経済的な融通は利かせて来た実例もあるのだ。このような協定が出来る場合は、長期的には問題やリスクは最小化し得るだろう。

 日本のお情けだったんだけど、知ってる?ねえ、知ってる?もうこんな協定は御免こうむる。勝手に自分たちだけで生きて行ってくれ。さようなら!

 しかし、日韓の国交が断絶して、政治的に公式の意思疎通のチャンネルが消失した場合、長期的には両国、そして東アジア地域全体に安全保障上の悪影響をもたらすことになるあろう。

 韓国には悪影響があるだろう。日韓が断交したら、米国は韓国を支えきれない。無駄な努力をやめて、韓国を放棄するんじゃないか?でも中国の属国に戻れるぞ。北朝鮮とも統合できるし、いいことずくめじゃないか。ただし、北朝鮮の核は破壊されて、朝鮮半島は焦土と化しているだろうが、心配することは無い。南北統合して、めでたく地上の楽園となるのだ。おめでとう。ああ、言い忘れた。断交後、速やかに竹島奪還作戦を発動し、竹島は、めでたく我が国が実効支配することになるだろう。日韓漁業協定は永久に廃止される。もう揉めなくてよくなる。
 日本に悪影響?それはないな。いい影響はあるだろうが。まず精神的にいい。せいせいする。当然あれだよね?国交断絶するんだから、特別永住許可を受けている半島出身者は祖国に帰るんだよね?よかったな。マンセー!


 勿論、短期・中期的には、日韓両国は第三国や国際機関等で、また日韓両国の利益代表として中立的な「第三国」を介して、非公式的に、また間接的に政治的な意思疎通が維持されるだろう。その第三国としては、主に米国が想定される。

 別にこちらに用は無いけどな。

 しかしながら米国を介した、日米同盟や米韓同盟の間接的な「三角同盟」や安保体制は、この間、日韓両国の衝突や対立を防止していただけではなく、北朝鮮、中国、台湾、ロシア(旧ソ連)と言った東北アジア諸国間の衝突や対立を防止していたのは周知の事実だ。昨今の情勢下では、その衝突や対立に香港も含まれる可能性がある。

 認識が誤っている。三角同盟ではない。日韓は相互に相手国を仮想敵国としている。それでは、北東アジアの安全保障、就中米国の対中戦略に大きな齟齬が生じるため、やむなく間接的な三角同盟と称しているに過ぎない。米国が鎹(かすがい)になっているだけだ。

 日韓の国交が断絶した場合、今まで東北アジアの不安定要素を解消してきた「三角同盟」は日米同盟と韓米同盟の二つの同盟に分裂する。日本と韓国に駐屯する米軍の軍事的な運用も、有機的な結合をなし得ず、その抑止効果を発揮しなくなる恐れが現実のものになる。そして結果的に日韓両国のみならず、東北アジア地域全体の安全保障上のリスクをもたらし得る可能性が大きくなるだろう。
 米国のみならず、日本や韓国も各々が、東北アジア地域全体の安全保障上のリスクを回避すべく、日韓両国間に存在し得る国交消失・断絶のリスクとなり得る対立要素を、善悪理非ではなく現実政治的な観点から、適切に管理・統制していく必要があるはずだ。

 大丈夫だ。第一ラウンドのゴングはすでに鳴っている。米中覇権戦争というゴングが。結果は米国の一方的な勝利で終わるだろう。中共は解体され、数カ国に分かれた中国は、米国の影響下にはいる。これで、米国の百年にわたる願いはかなえられる。

 第2ラウンドは、朝鮮半島だ。中共が消滅すれば、北朝鮮に生き残れる術はない。潔く降伏すれば、罪一等を減じられ、命だけは助かるだろう。抵抗すれば、焦土と化すだけだ。韓国?一緒に滅びるしか道はない。これが現実政治的な観点からの予見しうる未来だ。だが、現実を正確に認識することができない韓国人には、予想される未来は理解できないだろう。理解できないほうがいい。そのほうが幸せだからだ。さようなら。


↓人気ブログランキングに参加しています。日韓断交にSん世の方はここをクリック!

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

台湾の優先順位
男系男子尊重 有識者会議
愛される中国
対韓外交はガラス張りが必須
中国巨大需要の破壊力
大臣が参加しないと意味がない
防衛費を準戦時予算とせよ
台湾における米軍のプレゼンス
予定されている未来
菅総理防衛隊を編成せよ
帝王学を授けよ
自衛官の矜持
少年法の欺瞞
韓国人のレゾンデートル
まさかのときの友こそ真の友
韓国との協議は必要なし
オリンピック阻止連合 
参与を慰留しない総理
菅総理大臣を応援する
歴史について
座して死を待つわけにはいかない
爆笑ハリス拭く大統領
優先順位が間違っている
インドのジレンマ
岸防衛大臣1%枠にこだわらず
陛下を侮辱する外務大臣
首相経験者の責務
報道機関の使命という傲慢
戦わない自民 国民を愚弄する政府
旗幟を鮮明にしないものの運命
戦略予備としての自衛隊医療
まだいたのか?自称次期駐日韓国大使
為政者の言葉
中共対外強硬策の自縄自縛
インドネシアの艦艇受注構想 
自称元徴用工 韓国現金化か
土地規制法案
金帰月来 官僚の悲哀
朝日新聞の世論調査
国民投票法と言論の自由
慰安婦など存在しない
国会改革案
軽キャンパー
健康オタク
戦わない政府に国は守れるのか?
華春瑩報道官
号外 菅総理憲法改正公約
逆さまのハンコ
台湾産パイナップルのその後
北京裁判