プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

盲目の内閣参与

内閣官房参与 宮家邦彦氏の論考である。主要部分のみ抜粋して引用した。

 

 「第二次世界大戦以来の伝統的保守主義」とは、拙稿「米国伝統保守発狂」(8月24日アップ)の記事で書いた、米国伝統保守と同義であろう。拙稿では、米国伝統保守を代表するマイケル・ヘイデン、ジョン・ネグロポンテ、ウィリアム・ウェブスター、リチャードアーミテージといった面々が、前回も今回も、民主党候補を応援していることについて、紹介した。米国伝統保守を象徴するこれらの人たちは、あろうことか、前回はヒラリーを、今回は、バイデンを支持している。

 「第二次世界大戦以来の伝統的保守主義」を標榜するこれらの面々が、民主党を支持していることについて、宮家氏は、いかなるコメントするのか非常に興味がある。小生は、彼らは「保守ではない」と断じている。宮家氏の言を借りれば、米国の伝統的保守主義は既に死んでいる。

 認識が誤っているのだ。彼らは、そもそも保守ではない。リベラルでもない。敢えて言うなら、軍産複合体の利益を代表する者だ。彼らは、国益には無関心だ。だから、共和党重鎮でありながら、平気で民主党候補を応援できるのだ。


 「第二次世界大戦以来の伝統的保守主義」は仮面を剥がされ、トランプによって再生されたというのが、小生の認識である。


 あろうことか、宮家氏は、トランプが大統領府を去っても米国のダークサイドは生き残るだろうと言っている。この時点で、宮家氏が、発狂した米国伝統保守と同じ立ち位置にいることがわかる。そう、巧妙な言い回しだが、氏も発狂しつつあるのだろう。


 日本の保守にかこつけて、トランプを「民族主義的、大衆迎合的、差別主義的、排外主義」と決めつけている。知らないのか?ニューヨークタイムズ、ワシントン・ポスト、CNNが言っていることと同じだということを。恥を知れ。


 元駐日米大使が、民主、共和いずれとも明らかにせず、正しい判断を下すことを期待している、と紹介している。正しい判断と言う言葉には注意が必要だ。左翼の常套句だからだ。彼らは、自分だけが、自分たちだけが「正しい」信じ込んでいる。宮家氏の物言いは、他人の言葉を借りているが、彼らと同じだ。


 トランプは孤立主義ではない。積極的に国際政治に関与しているではないか。ニクソン以来の対中融和策こそ、弾劾されてしかるべきだ。


 トランプは、対中融和策を是正し、中国を潰そうとしている。そして、これに日本や英国、インド、豪州、ヨーロッパを巻き込もうとしている。立派な関与政策、同盟政策ではないか。トランプの登場によって、似非保守主義、対中融和勢力は淘汰されたというのが小生の認識だ。


 宮家氏は、今回の米大統領選の予想について、自分の考えを言わない。どうやって、総理に意見するのだ?


 悪貨が良貨を駆逐したのではない、良貨が悪貨を駆逐し、かつ駆逐しつつあるのだ。現状認識を誤ると、将来の見通しも誤る。それは歴史が証明している。内閣参与が盲目なら、その意見は無視するしかない。それが小生の意見だ。




令和2年10月29日 産経新聞 宮家邦彦のWorld Watch から主要部分抜粋引用

 

 今筆者が抱くのは、冷戦時代に国際関与と同盟関係を重視したあの共和党が「壊れ始めた」という強い危機感だ。(中略)第二次世界大戦以来の伝統的保守主義が少しでも甦るためには、投票結果が「圧倒的地滑り的勝利」となる必要がある。

(中略)仮にトランプ氏が大統領府を去っても、米国の「ダークサイド」は生き残るだろうからだ。

(中略)この点、日本の保守はまだ健全だと思う。トランプ運動のような「民族主義的、大衆迎合的、差別主義的、排外主義」保守主義が主流となる可能性は低いからだ。

(中略)16世紀の英国王財政顧問トマス・グレシャムは「悪貨が良貨を駆逐する」と考えた。今米国では「悪貨が良貨を駆逐しつつある」のか。だが、米政治の劣化を止められるのは米国の有権者だけである。

元駐日米大使の一人が「11月3日に米国民が正しい判断を下すことを望んでいる」と書いてきた。その通り、新大統領が誰であれ、米国が国際的関与主義に復帰するか、それとも孤立主義を続けていくかは日本だけでなく、米国の全ての同盟国にとって重大関心事項だ。僅差か、圧倒的地滑りか、その結果を我々は冷静に分析する必要がある。

 

(引用終わり)

 

  



↓読んでいただきありがとうございます。ポチッとしていただけると励みになります。

政治ランキング
よろしければお気に入り登録もお願い申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

固有の領土という幻想
蘇る日英同盟と大陸封鎖
40年来の新戦術
1周年です
日韓両政府仮想問答集
中国が日本に核恫喝!
米中外交戦
融和か戦略か
韓国選手団が選手村に「反日横断幕」
現実を白日の下に
民は由らしむべし,知らしむべからず
武士(もののふ)の系譜
日韓双方の望む結末
焚書坑儒
梅雨空の独り言
禁忌を乗り越える菅政権
ひたひたと迫る韓国
日本人の魂を傷つける者
自衛隊に感謝
文治の弱点
韓国人の見る日本
台湾と韓国
「保守」なのに「反日」なのか?
国民に現実を周知するのは為政者の務め
専門家の意見と政治判断が異なるのは当たり前
皇帝への道の裏付け
皇帝の孤独
人民網を支える日本人
旭日旗はなかった
事実を認識できない
日豪台連合
朝日新聞こそ時代錯誤
日本防衛の意志
交戦規定がネガティブリストでなければならない理由
日本人は歴史の舞台に再登場するのか
学術会議の存在意義
台湾の優先順位
男系男子尊重 有識者会議
愛される中国
対韓外交はガラス張りが必須
中国巨大需要の破壊力
大臣が参加しないと意味がない
防衛費を準戦時予算とせよ
台湾における米軍のプレゼンス
予定されている未来
菅総理防衛隊を編成せよ
帝王学を授けよ
自衛官の矜持
少年法の欺瞞
韓国人のレゾンデートル