プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

最強の防空システム PAC3

【特集】一からわかるミサイル防衛 2012年03月12日 JIJI.com

 湾岸戦争の際、サウジアラビアの米軍基地に配置された地対空ミサイル・パトリオット「PAC2」。パトリオットはミサイルに搭載されたレーダーと地上の追尾レーダーの情報を組み合わせ、目標を正確に狙う能力があるはずだったが、湾岸戦争では飛来した弾道ミサイルの25%程度しか撃墜できなかったとされる。

パトリオットPAC-3でキンジャール6発撃墜、キーウ防空戦闘 JSF軍事/生き物ライター 5/16(火) Yahooニュース

 2023年5月16日午前3時30分頃(現地時間)、ウクライナのキーウで大規模な防空戦闘が発生しました。ウクライナ軍の防空部隊はロシア軍の発射したキンジャールを6発撃墜するなど、弾道ミサイル、巡航ミサイル、自爆ドローンを含む複合攻撃を全弾撃墜したと発表しています。

Patriot_missile_launch_b.jpgパトリオットミサイル(Wikipedia)

 5月16日のYahooニュースによると、弾道ミサイル、巡航ミサイル、自爆ドローンを含む複合攻撃を全弾撃墜した、そうです。これって驚異的な戦果ですね。今まで聞いたことがありません。パトリオットは、湾岸戦争で表舞台に登場しました。それは、劣勢だったイラクが、スカッドミサイルをイスラエルに向けて発射したからです。湾岸戦争は、クウェートを一方的に侵略したイラクに対し、アメリカを先頭とする多国籍軍が戦いを挑んで発生したものです。

 劣勢に立ったサダム・フセインは、イスラエルにミサイルを撃ち込むことによって、イスラエルの反撃を誘い、そのことによってイスラム圏の対イスラエル感情に訴えようとしたわけです。もし、イラクの攻撃にイスラエルが反撃し、イラクを攻撃するような事態になれば、湾岸戦争の様相は一変し、イラク対多国籍軍ではなく、イスラエル対イスラム諸国と言う中東戦争の構図が覆いかぶさるような事態が予想され、それは多国籍軍の盟主米国の戦略には一致しない事態だったのです。

 そこで米国はイスラエルにパトリオットPAC2を配備し、イラクから飛来するスカッドミサイルを迎撃し、イスラエルが暴発しないように行動したのです。しかし、冒頭の記事にあるように、当時のパトリオットは、ミサイルを正確に撃ち落せるほどの性能を持っていませんでした。当時、テレビで湾岸戦争を見ていた酒楽は、実地に現代戦を研修したようなものでした。パトリオットとスカッドの攻防は、本当に凄いことだったのです。当時は。

 そして、先日のようにすべてのミサイルを撃ち落とすほどの性能を持つに至ったのですね、パトリオットは。凄いと思います。パトリオットの当初の設計思想が相当優秀でないと、ここまでの性能向上はできないでしょうね。アメリカの凄さを改めて実感しました。ロシアの地対地、空対地ミサイルは、パトリオットの前には無力であることが証明されました。

 中国は衝撃を受けているでしょう。今でこそ最新兵器を装備するようになった中国ですが、現在もロシア製兵器の劣化版コピーを使用しているからです。もちろん、中国が独力で製造した高性能兵器もあるのですが、実戦で使用されたことがあまりないので、その実力はベールに包まれたままです。

 ただ、中国の兵器と言うのは、元がロシア製なので、その設計思想を受け継いでいるのは間違いありません。従って、現状、中国の装備する各種ミサイルは、ロシア製をわずかに凌ぐ程度であろうと思います。そしてそれは、中国が装備している兵器の中ではわずかな数であろうと思います。

 現代戦における技術競争は日進月歩であり、30年以上もかけて、改善を続けたパトリオットPAC3は、現在、史上最強の防空兵器と言っていいでしょう。台湾侵攻を企図する中国人民解放軍にとって、不倶戴天の敵こそパトリオットPAC3なのです。日米同盟のありがたさをこれほど感じることはありませんね。

北ミサイルもPAC展開せず 想定外の強風か 2023/5/31 産経ニュース

 パトリオットも万能ではないようです。先日北朝鮮のミサイル発射前に、沖縄に台風が襲来し、パトリオットはオンステージ出来なかったと産経が伝えています。それが、日本だけの、あるいは沖縄だけの問題なのか、パトリオット本来の問題なのについて、言及がないの不明ですが、天候の影響を受けるという事実は非常に問題がありますね。

 対岸は、この事実をじっと観察しているでしょう。つまり台風が来るような状況では、日本の防空システムに穴が空いている可能性が高い、と判断していると思います。もちろん、台風が来ている状況で、戦闘機を進出させる方も非常にリスクが高いとは思いますが。でもミサイルは関係なく飛んでくると思います。やっぱりまずいです。いずれにしても台風で防空システムに穴が空くようでは危険です。自衛隊の対応を待ちたいと思います。

 
 ご清聴ありがとうございました。ポチッとしていただけると励みになります。フォローバナーもよろしくお願いします。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

酒楽独語 - にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

大東亜戦争と呼んで何が悪いのだ
自助努力こそ自由主義社会の神髄だ
「陸自システム通信・サイバー学校」の改編を祝す
日本もウクライナに軍事支援するべきだ
朝日新聞の悪意「養子への皇位継承資格は持たせず」
女性自衛官の処遇をよく考えてもらいたい
国交大臣は自民党に戻すべきだ
惨事防ぐ人質解放を急げ 朝日に騙されるな
現実に向き合いたくないヨーロッパは、もしトラを恐れる
地上波テレビの終焉は近い
政治に清廉を求める愚
外務省は何故抗議しないのか
嘘つきと合意する間抜けな日本政府
脅迫に口を閉ざすマスコミ
脅迫に屈しない産経は素晴らしい
川勝知事の辞任は日本の為によいことだ
世界に向けて韓国の非を打ち鳴らすべきだ
自民・維新は本当の保守なのか
池上彰に反論する
再び日本に帰らないんじゃないの?
韓国にはなぜ売国奴がこんなに多いのか
維新は躍進し国民民主は埋没する
決心 攻撃 矢は左
政府は自縄自縛の悪夢から目を覚ませ
自滅へ向かう中国経済
嘘つき日テレから免許を剥奪せよ
逃げる太郎に大臣の資質は無い
自然エネルギー財団とは何者なのだ?
無能な経産省
沖縄の声を聴いてみたい
産経だけが真っ当なメディアである証拠
沖縄はどうやって生きていくつもりなのか
全個体電池潜水艦を開発するべきだ
NYの悲惨な現実は日本の未来だ
世論を悪用する朝日
天皇陛下がおわす幸せ
宗教団体の政治的活動を禁止すればいい
何故無礼な韓国と友好関係を結ぶのだ
自前の核を持たないドイツの苦悩=日本も同じだ
マクロンは為政者の鑑だ
夫婦自衛官の根本的問題
ヤマトの気概を示せ
韓国との外交関係を白紙的に見直すべきだ
滑稽な未婚狩り
死にたいくらい憧れた「東京」
謀殺されまいとする中国の悲鳴
欺瞞国家に未来はない
北朝鮮には押す一手しかない
漫画の魅力 追悼 鳥山明さん
国益と自国優先こそ国際政治の真実だ