プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

隠しきれない中国的事実

「中国の恥を海外にさらすな」との声も…“中国国籍を捨てた男”の人生<漫画> 2023年05月31日 日刊SPA

 月刊誌『本当にあった愉快な話』(竹書房)で連載中の『国籍を捨てた男が語る 中国のヤバすぎる話』が単行本化。『国籍を捨てた男が語る 中国の怖い話』として4月に発売された。

 漫画家・孫向文氏が偽装食品、手抜き住宅、臓器販売などのトンデモ事件の数々を通じて、現代の中国社会の実態を紹介する本作。2013年の『中国のヤバい正体』に続き、シリーズ2冊目となる本書には、全19エピソードが収録されている。“国籍を捨てた男”として作中にも登場する作者の孫氏に、その生い立ちや日本に帰化した経緯などを聞いた。

〇最近、中国は本当に毛沢東時代に逆戻りしています。
〇中国のネットで「あまり中国の恥を海外にさらすな」「売国行為だ」ってめちゃくちゃ批判されてい ますよ。「殺すよ」って。
〇偽装食品や手抜き住宅といった悪徳ビジネスは現地では周知の事実
〇そもそも言論の自由がない社会なので。中国の出版物は基本すべて当局に審査された、検閲済みのものだけなんです。

 中国から日本に帰化した漫画家・孫向文氏を紹介する記事を発見したので皆様に紹介いたします。

 記事の題名とURLを貼り付け、記事から主要部分を引用しました。

 驚きですね。というか、こういう話は断片的に漏れてきていて、皆様も薄々お気づきのことと思います。しかし、その実態はあくまで断片的なものであり、日本人としては海の向こうの話です。

 孫向文氏の述懐は、それほど驚くには当たりません。しかし、漫画で示される中国の実態は、改めて中国と言う異常な国家、異常な文化、異常な社会を目の当たりにさせてくれます。

 志那は、生存競争が異常に激しい国です。国土が広く、人口が多く、過去から現在まで、常に治乱興亡を繰り返してきた大地です。そこに法治が入り込む隙が無かったのですね。

 商鞅韓非子は、中国では法家と言われ、法治を主張したと一般に考えられていますが、それは誤りでしょう。商鞅も、韓非子も法家ではありますが、現代社会で考えられている法治とは根本的に思想が異なります。彼らの言う法治は、独裁者のための法治なのです。

 孝公を補佐した商鞅は、結局孝公の後を襲った恵文王によって滅ぼされました。秦の始皇帝に献策した韓非子は、元同学の李斯の讒言によって誅殺されました。両者は、いずれも時の独裁者たる「王」に献策したのであり、王は献策した法治の枠外だったのです。

 これは志那にあっては、当然のことであり、現代社会の民主主義などと言う体制は、シナの大地では一度として成立したことがありません。民主主義の欠点は、「遅すぎる」ことです。民意を集約し、意思を決定し、行動するまでの期間が決定的に遅いのです。そういう体制は、シナの大地では単なる悪徳に過ぎません。そんな悠長なことをやっていたら、国を保つことができないほど、シナの大地は過酷な競争に常時晒されているからです。

 そこは権謀術数が支配する世界であり、性悪説が蔓延る世界なのです。つまり、アフリカのサバンナ同様、弱肉強食、変化に対応するものだけが生き残る社会なのです。性善説が生き残る余地はありません。

 ご紹介した漫画を読めば、その実態の一部が理解できると思います。以上、ご紹介まで。
 
 ご清聴ありがとうございました。ポチッとしていただけると励みになります。フォローバナーもよろしくお願いします。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

酒楽独語 - にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

全個体電池で先行する日本の戦略的勝利
NHKの世論調査は何故偏るのか?
非核国は原爆を投下される
一緒に飲もう!が幸せの原点
報道の自由は良識の範疇であるべきだ
日韓の価値観が一致することは永遠にない
「日本は外国人嫌い」日本人はアメリカのようになりたくないだけだ
朝日の全体主義に反対する
メディアの人権侵害をを許すな
外為特会
文明の境界
日韓議連が竹島奪還の障害だ
ノーベル平和賞は国家の自殺と引き換えだ
竹島に上陸した韓国議員を訴追すべきだ
核に対処しようとするドイツ、お伽噺の国ニッポン
連合王国の底力
日本政府は韓国を敵性国家と見なすのか←当然だ
シニア
人手不足倒産と言う嘘
駐日大使の内政干渉を許すな
ターミネーターが戦場を支配する
国は殿様、自治体は家来
他人の財布を当てにするな
市民団体により公教育は滅びる
もしも徳川家康が総理大臣になったら
朝日新聞は日本人に害毒を垂れ流す
沖縄は支那の冊封を受けるのが自然だ
『立憲共産党』は反日政党だ
「街の本屋さん」を救うな
学歴フィルター考
中国が激怒したと言うことはいいことだ
恩讐を超える努力こそ必要だ
韓国与党惨敗は日韓断交の序章だ(^-^)/
産経新聞プレミアム特任編集長・菅原慎太郎
独立国として一本立ちするべきだ
ウチナーンチュとヤマトンチュは相容れない
海上自衛隊空母打撃群が誕生する
中国EVは滅亡し、日本全個体電池が世界を制覇する
AIが人間を超える日
大東亜戦争と呼んで何が悪いのだ
自助努力こそ自由主義社会の神髄だ
「陸自システム通信・サイバー学校」の改編を祝す
日本もウクライナに軍事支援するべきだ
朝日新聞の悪意「養子への皇位継承資格は持たせず」
女性自衛官の処遇をよく考えてもらいたい
国交大臣は自民党に戻すべきだ
惨事防ぐ人質解放を急げ 朝日に騙されるな
現実に向き合いたくないヨーロッパは、もしトラを恐れる
地上波テレビの終焉は近い
政治に清廉を求める愚