プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

南極観測船「しらせ」

 第62次南極観測事業を支援する海上自衛隊の南極観測船「しらせ」が、11月6日、昭和基地を目指して、出航したと産経新聞が報じている。

 今回は、コロナ感染を防止するため、無寄港・無補給の航海になるそうだ。航海の無事を祈りたい。

 さて、事業そのものは、文部科学省の所管で、今回も、11月20日、増田元隊長以下44名を収容し、出国した。

 南極観測船そのものは、結構有名なので知っている読者は多いものと思う。だが、南極観測船が海上自衛隊の運用になるものだということを知っている人は、そう多くはあるまい。

南極観測船しらせ


 かつて、南極物語という映画があり、見た方もあろうかと思う。昭和基地建設の初期は、技術も物資も不足しており、任務の遂行は困難を極めている。それが、既に62回を数えていることに感懐を禁じ得ない。

 南極観測事業は、自衛隊の支援なしには存続できない。南極の厳しい環境の中で、物資の補給、基地の運営、その他の支援業務を海上自衛隊が支援している。燃料や水、食料の補給は、南極観測隊員の命を左右する貴重な補給物資だ。

 観測船が、海氷に阻まれて、立ち往生したり、天候の悪化により、必要な物資を全て補給することができなかったり、かつて、何度も困難な状況を克服して現在に至っている。その間の、南極観測隊員と、支援した海上自衛隊に敬意を表したい。

 赤道を挟んで、はるかな先に存在する南極に、拠点を設け、科学技術の向上と、国益の確保のため、黙々と任務を遂行する南極観測隊員と支援する海上自衛官は、日本と日本人の誇りだ。

 宮島茂樹氏は、小生の尊敬するカメラマンだ。『不肖・宮嶋南極観測隊ニ同行ス』を読んだことがある。壮絶な南極観測隊同行記だ。傑作である。一読をお勧めする。南極観測というものがどういうものか、ある程度イメージできるはずだ。

 南極観測隊と、支援する海上自衛隊諸官の航海の無事を祈るものである。



↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

政治ランキング
よろしければお気に入り登録もお願い申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事