プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

自衛官の給料を上げろ

 海上自衛隊が導入を計画している新型護衛艦、FFMは省人化が売りだ。乗務員は、イージス艦の三分の一、通常型護衛艦の二分の一になる予定だ。

 だが新たな問題が浮上しつつある、と24日付産経新聞が伝えている。

 イージスアショア断念の代替策として、政府は新型イージス艦の製造を計画している。新型艦の乗員はFFMの3倍の300人とされており、単純計算で2隻を導入すれば600人と、FFM6隻分に相当する。
 海自内にはイージス艦の新造に伴い、FFMの導入計画がずれ込むことへの危機感が根強い。そもそも地上イージスは陸上自衛隊が担う予定で、その導入は海上自衛隊の負担軽減が目的だった。そのため海自には「イージス艦を新造するのであれば、当初の目的からかけ離れている」(幹部)と不満もくすぶっている。(産経新聞=大橋拓史から抜粋して引用)

 まず当初の目的の動機が不純だ。海自の負担を軽減するため、地上イージスを陸自担当とする。おかしいだろ。イージスアショアは、広義の対空戦闘だ。SM3を搭載する海上自衛隊か、PAC3を擁する航空自衛隊が地上イージスを担当するのが筋だ。小生の意見は海自だ。何故なら、SM3の方がカバーする範囲が広いからだ。海自が我が国の対空戦闘全体を統括すべきだ。

 理想を言えば、戦略防空軍を新たに編成すべきだ。対空戦闘においては、リアルタイム性と統合一貫性が最も重要なのだ。そもそも陸海空の枠にとらわれること自体がナンセンスだ。つまり、動機が不純なのだ。うまくいくわけがない。

 次に、海自の要員不足について。要員不足は、海自だけに限らないだろう。陸も空も決して人員が潤沢なわけではない。定員に対して充足率が100%の部隊はほとんどない。金を出さない、ケチな財務省のせいだ。ことは、自衛隊だけではない。海上保安庁も募集には苦労していると聞く。

 もはや徴兵制の時代ではない。志願制下の自衛隊なのだ。国防に金がかかるのは当然なのだ。政府は、それを国民に真摯に説明すべきだ。彼らは、命を懸けるのだ。文字通り。安い給料で、自衛官を雇おうとする根性が良くない。

 誠意は言葉では通じないのだ。これは、小生の尊敬する某先輩の言葉だが、真実を突いている。自衛隊や海保の人員不足を補うための政策は決まっている。給料を上げるのだ。

 最低でも1.5倍程度に引き上げるべきだ。そして、定年後は、軍人恩給として、死ぬまで働かなくてもいいだけの年金を支給すべきだ。それが防人に対しての誠意だろう。給料を上げるべし!


↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

政治ランキング
よろしければお気に入り登録もお願い申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事