プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

自動車関連税は悪税

 先日、テレビのクイズ番組で、若者の自動車への関心はどのくらいか?というクイズが出されていた。最近、若者の自動車離れが著しいので、小生は、30~40%くらいかなと思っていた。

 ところが、60%以上の若者が自動車に関心があるという結果だった。アンケートのね。どれだけ信頼性があるのかはさておき、思った以上に若者は自動車に関心があるのがわかった。

 とは言え、若者の自動車離れが深刻なのは事実だ。何故なのか?

 巷間、言われているのは、車を所有することによる維持経費が高すぎるというものだ。

 そこで、車の維持経費はどうなっているのか、少し考えてみようと思う。

 まず、税金である。自動車関連の税金にはどんなものがあるのか。

 1000~1500CC,重量1.1トンで調べた。

 環境性能割  0~4%      取得時
 自動車重量税 約8,000円/年 取得時、車検時
 自動車税   34,500円   毎年
 軽自動車税  自治体による    毎年
 ガソリン税  53.8円/ℓ   給油時
 軽油取引税  32.1円/ℓ   給油時
 消費税    車検の際の重量税・自賠責保険・印紙代などの「法定費用」以外、消費税がかかる

car_sports.png


 税金以外だと、駐車料金、駐車場を保有していない人は、月極の駐車料金、燃料代、洗車代、車用の小物、高速代などなど。
少し考えただけでもこのくらいの維持費がかかる。

 税金取りすぎだろ(「・ω・)「ガオー これでは、若者が車を買わなくなるわけだ。特に、昨今大都市志向の若者が増えていることを考えると、税金の重さは致命的だ。

 大都市圏では、公共交通機関が発達し、車が無くても不便は感じない。持とうとすると、高額な駐車場代を覚悟しなければならない。都市圏に住む若者にとって、車を持つことは高根の花になっているのだ。

 駐車場代は、都市圏で高いのはやむを得ない。だが、それ以外の維持経費がいかにも高い。税金を取り過ぎなんだよ(*`へ´*)トヨタの社長が、税金を軽くするように政府に要望する気持ちがよくわかる。

 馬鹿じゃないのか。これでは、消費が冷え込むだけだ。そうではなく、税金を思い切って低くし、購買意欲を高めるべきだ。できれば、税金をゼロにしろ!

 そうなれば、若者だけではなく、全世代で、自動車の購入が増えるだろう。車が売れれば売れるほど、自動車製造企業、関連企業の売り上げが増えるのだ。それだけ、法人税収が伸びるのだ。これが財政を支える王道だ。

 税金は、最終地(法人税)で徴収すればいいではないか。これで経済が回り、関連する人々みんなが儲かることになるのだ。現行税法は、角を矯めて牛を殺すようなものだ。

 財務省、政府税調、自民党税調に猛省を促したい。考え方が根底から間違っているのだ。消費を喚起することが今求められているのだ。やってることが正反対なのだ。ちゃんと大学で勉強してきたのか?

 小生の主張。自動車関連税をゼロにしろ!

<余談>
 日本も2030年代には、内燃機関による自動車を廃止し、電気自動車にすると、政府が言っています。いずれそうなることは皆さん分かっていたと思いますが、こうやって、具体的に年限を区切られると、えっ、そんなに早く?と思います。

 レイ・カーツワイルによると、2020年代末には、コンピューターが人間の能力を超えると予想しています。自動運転も逐次実用化されているので、世の中が電気自動車で溢れ、車が勝手に行きたいところに連れて行ってくれる時代がすぐそこに来ているということでしょう。世の中は劇的に変わるでしょう。

 発電するには、石油、石炭、太陽光、そして原発などがあります。内燃機関に頼らない車が主流になれば、産油国の財政は破綻する可能性が高いと思います。中東がベネズエラ化するということです。中東を含む産油国をめぐる戦略環境も激変するでしょう。中東の治安がさらに悪化する可能性もある。

 我が国も、先を見据えて、先手先手で政策を遂行してもらいたいものです。

↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

政治ランキング
よろしければお気に入り登録もお願い申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事