プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

人間ドック

 先月末、人間ドックに行ってきました。

 おはようございます。酒楽です♪

 さてさて、毎年恒例の人間ドックです。結果によっては、天国になったり、地獄になったりします。献血は?よく覚えてますね、読者様。献血は事情があって、出来ませんでした。というわけで、ぶっつけ本番です。

 通勤と同じ電車で向かいます。受付をすると、4番です。う~ん、不吉だ。ところが、首からぶら下げるカード番号は、7番でした♪ラッキー♪まあ、こんなことで、検査結果が良くなるわけではないのですがヾ(o´∀`o)ノ、幸先がいいぞ~!

 検査エリアに入って、各種検査を受けます。何故か、いきなり腹部超音波検査です。これは内臓の検査です。次に血圧、血液検査、身長・体重、聴力、レントゲン、心電図、視力、眼底検査と続きます。

 そして最後が、難行苦行胃カメラです。酒楽は胃カメラが苦手です。(得意な人と言うか、好きな人はいないでしょうが)。4年くらい前まで、酒楽は、バリウムの検査でした。胃カメラが苦手だったからです。でも3年くらい前から、胃カメラに変えました。

medical_ikamera_kuchi.png

 それは寄る年波を考えて、そろそろ胃カメラに切り替えた方がいいぞ、と言う天の声が聞こえたからです。実は、最初に胃カメラの検査を受けたときに、それこそ苦しいばかりで、二度と受けたくない、と言う経験をしているので、受けたくなかったのです。

 でも、毎年の検査結果を見ると、いろいろ気になる数字があるわけです。ネットで調べると、胃がんの発見率は、バリウムよりも胃カメラの方が格段に良い、と書いてあるわけです。そんなこと言われなくても知っています。でも、あの苦しさを又味わいたくない。

 遅疑逡巡した結果、長生きしたいという気持ちが勝って、3年前から胃カメラに切り替えました。今回3回目です。で、驚いたことに、殆ど苦しくありませんでした。いやー、どうしんたんでしょう?

 たぶん酒楽が慣れて、最初から気持ちが楽だったのと、検査するお医者さんの腕が良かったのでしょう。何故なら、検査を受けたクリニックは、検査専門のクリニックだからです。それこそ、毎日、何十人も検査しているのです。スーパー検査医師の筈です。カメラを入れる最初の段階で、ウッときただけで、最後まで苦しくありませんでした。拍子抜けするほどで。あれほどいやだった苦しい胃カメラはどこへ行った?と聞きたいくらいです。

 はあー、人間いろいろ経験するものです。これで、胃カメラを恐れることは生涯ないでしょう。私は、胃カメラを制覇しました!

 さて、この稿には、続きがあります。でも、既に胃カメラを制覇した嬉しさからか、記事が長くなりました。続きはまた後日。

<余談>
 初めて胃カメラの検査を受けたのは、10年ほど前のことです。苦しかったんですよ。今思うと、検査技師と言うか、お医者さんがへたくそだったんだな、きっと。何故なら、酒楽の検査をするお医者さん以外に何かわからぬ者が数名いて、見学しているわけです。つまり胃カメラの検査自体が少ないので、貴重な機会に医者の卵(インターン?)でも研修させていたのでしょう。酒楽の苦しさなどお構いなしに、カメラを操作して、いろいろな画像を示して、インターンに教えているわけです。ひどいものでした。

 それ以来、二度と胃カメラ検査を受けないと、固く心に誓ったわけです。だから、バリウム検査で診察台から転げ落ちそうになっても、我慢したわけです。

 でも逐年数字が悪化しているのですよ。やっぱり心配になるわけです。特に胃がん。初期ならほぼ100%治るらしいですが、発見が遅れれば致死率は当然高くなります。そして3年前。決心したわけです。苦しさよりも長生きを選ぼうと。悲壮な決意で、検査に臨み、今年で3回目。

 たいしたことはありません。皆さん、長生きしたかったら、胃カメラをお勧めしますよ。大丈夫、苦しくなんかありません。最初だけです。ちょっとだけ。苦しいのは。ウゲーっと何十回か言えば終わります。あたりが悪いことがあるかもしれませんが、5分以内には終わります。済んでしまえば、苦しさなんて何ともありませんよ♪


↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

政治ランキング
よろしければお気に入り登録もお願い申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事