プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 真正保守政治を確立する。中国・韓国・国内敵性勢力から日本を守る。日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

恐れるべきは中国の後方攪乱

中国人が日本の海上戦力を恐れるのは「100年以上も前の出来事」が理由だった

http://news.searchina.net/id/1695121?page=1

2020-12-10 16:12 サーチナ

 10月29日に中国人のリアリズムという記事を出稿したが、続編だ。

 今回は、サーチナに興味深い記事が掲載されていたので引用した。

 記事の冒頭部分は以下のようになっている。
 
 米国防総省が議会に提出した「中国の軍事力についての年次報告書」によると、「中国が世界最大の海軍を保有している」という。しかし、それでも中国は「日本の海上戦力」を恐れているようだ。中国メディアの百家号は6日、この理由について分析する記事を掲載した。100年以上も前の出来事がいまだに影響を与えているのだという。

 詳細は、記事を読んでいただきたい。総じて中国人は、現実を冷静に分析している。現在、中国の海軍力が世界最大だと米国防総省が分析しているのは、総トン数であろう。戦力の内容を分析すれば、依然として米国海軍が世界最強であることは疑う余地がない。

 日中の海軍力も、総トン数からすれば、圧倒的に中国に有利だ。だが、個艦の性能を子細に分析すれば、決して彼我懸隔しているわけではない。特に、潜水艦戦力では、圧倒的に海上自衛隊が優越している。

 それにしても、100年以上前の黄海海戦を引き合いに出して、我が国を警戒する中国はそれこそ侮れない。韓国とは大違いだ。

china_chuukabou.png

 ちょっと、話が横道にずれるが、韓国のサイトで、日韓開戦について質問すると、定番の回答はこうだ。

 日本に上陸さえできれば、陸軍は韓国が圧倒的に勇勢なので、1~2週間で、日本を征服できる、というものだ。

 「日本と韓国は敵か味方か」のよかれさんが、毎度引用しているの参考にされたい。

 つまり、韓国人には、現実を冷静に認識・分析する能力がないので、まったくお話にならないのだ。

 中国人は違う。彼らは、正面戦力としての海上自衛隊を認め、警戒しているが、日本の弱点も熟知している。

 日本の政財界には、中国のエージェントと思しき人物が多数存在する。経団連などは、その巣窟だろう。中国で稼いだ金を日本に引き出すことができないのに、いろいろな形で、恩恵を被っていることから、未だに中国にズブズブだ。

 政界にも、中国に融和的な人間がうようよしている。誰とは言わないが。こういった、後方攪乱的な戦いを中国は得意としている。我が国が恐れなければならないのは、これだ。

 自衛隊が、正面切って戦う前に、国家としてずるずると後退し、戦意を喪失することが一番恐ろしい。だが、中国はこれを真剣に狙っている。この方が確実に勝てるからだ。

 孫子曰く「戦わずして勝つ」

 これが、最上の勝利だと孫子は言っている。我々はよくよく考えなければならない。後ろから弾を撃つような輩が国内に充満しているのだ。掃除しないと戦えない。

 沖縄などは、半分中国に占領されている。

 日本人も中国人を見習って、明石大佐のように、後方攪乱をすべきだ。

<PS>
 中国人はとにかく数で勝負する。まあ、それは、戦いにおける王道であるのだが。

 史記には、数々の戦いの歴史が記されている。兵は詭道なりというのは孫子の名言だ。騙される方が悪いのだ。

 近代の支那は勝ったことがない。中共は、国共内戦に勝利しただけだ。いまだに日本軍に対する劣等感を払拭できていないのだ。

 だからと言って、支那を軽視することはできない。数では勝てないのだ。だから、防衛費を増額し、少しでも量的劣勢を補わなければならない。それには、防衛費を倍程度に増額する必要があるのだ。

 永久に増額する必要はないだろう。中国の経済成長は、低落傾向にある。戦力の頂点は、数年後に来るだろう。その間、中共に開戦を諦めさせるだけの戦力が必要なのだ。

 米ソ冷戦時代、1985年危機説と言うのがあった。ソ連の経済と戦力の頂点が1985年で、それ以降、経済も軍事力も低下する、したがって、1985年が最も危険だ、というものだった。歴史は予想の通りとなり、数年後にソ連は崩壊した。

 中国もおそらく同じことになる。国力が低下する前に、冒険を試みるかもしれない。それをさせないための準備が我が国に必要なのだ。永遠にではない。だから可能だ。

↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。よろしければお気に入り登録もお願い申し上げます。

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

酒楽独語 半年経ちました♪
速報 苺畑さん復活!
バイデンに期待する
ローマを継ぐ者
当事者能力の無い政府
メラニア夫人のメッセージ
頑張れ若者 応援しているぞ
人の口に戸は立てられぬ
台湾との関係強化を急げ!
日韓の行く末
官房長官を更迭せよ!
休日の風景
社会の木鐸という虚飾
トランプの意図にすぐ反応せよ
既得権益が国を亡ぼす
聞く耳を持っているようだ
真実は最後に勝つ ポンペオ国務長官/VOICE OF AMERICA
無能な政府は国を亡ぼす
独裁への道をひた走る米国
由らしむべし知らしむべからず
日韓議連の時代錯誤
CALIFORNIA SHOWER
恐怖の結果説明受け
長谷川良氏の正論
日韓断交への第一歩♪
米国の行方 日本の行方
医療資源の活用を図るべし
混迷するアメリカ合衆国
先生に習った?
運命の上下両院合同会議
蕎麦打ち その2
アメリカは生き残れるのか?
蕎麦打ち その1
総理は方向を示せ
AI戦闘機を開発せよ
お正月
ファントムに栄光あれ!
初夢 超寿命の世界
年末のご挨拶
年越し蕎麦
天は自ら助くる者を助く
このままでは国を守れない日が来る
なぜ自衛官が発言できない日本なのか
NHKを国有化せよ
永山基準が国を亡ぼす
トランプが安倍さんに勲章授与
米大統領選最新情報 2020.12.24
恐れるべきは中国の後方攪乱
トランプに残された選択肢
青山繁晴の道すがらエッセイ