プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

永山基準が国を亡ぼす

【主張】座間事件に判決 死刑の必要性を痛感する 産経新聞

https://www.sankei.com/column/news/201216/clm2012160001-n1.html

 産経新聞が死刑制度の維持に賛意を示している。当然だ。殺人を犯した者が、死刑に処せされる。刑法として、至極真っ当な考え方だ。

 日弁連は、論評するに値しない。この団体は、常日頃から死刑制度の廃止を提言しているが、我が国の弱体化を図る意図が見え透いている。

 拙稿でも一度弁護士会について取り上げている。10月8日の記事「狼煙は上がった」で、死刑制度について触れている。

 小生は、法律に関しては門外漢である。しかし、死刑制度には賛成である。理由は簡単だ。近代刑法は個人の報復権を否定する代わりに、国家による死刑制度を定着させたからである。個人の報復権(日本では一般的に「仇討ち」という)を否定する代わりに、国家が殺人犯を極刑に処することで、遺族の報復感情を満足させるとともに、社会正義と社会秩序を維持する。これが死刑制度の根幹を成す考え方であろうと認識している。

saiban_baishinin.png


 10月8日の主張は、これだけではないが、その一つが、死刑制度の必要性であり、エキスは、上記の通りだ。

 表題で永山基準について触れているが、これが現在の日本を蝕んでいる元凶だ。産経の記事から引用する。

 最高裁が連続4人射殺事件で昭和58年に示した死刑判断基準、いわゆる「永山基準」は
(1)犯行の罪質
(2)動機
(3)犯行態様、特に殺害方法の残虐性
(4)結果の重大性、特に殺害された被害者数
(5)遺族の被害感情
(6)社会的影響
(7)被告の年齢
(8)前科
(9)犯行後の情状

 の9項目を総合的に考慮し、やむを得ぬ場合に死刑選択が許されるとした。

 これが永山基準のエキスだ。小生は、この基準のうち「(4)結果の重大性、特に殺害された被害者数」に極めて重大な問題があると認識している。

 それは「被害者数」だ。簡単に言うと、一人殺害しても死刑にはならない。二人以上で死刑になる。単純に言えば、これが永山基準だ。

 正確には、例外規定もあり、必ずしも一人殺害でも死刑にならないわけではない。だが、論考をわかりやすくするため、基本的な考え方を示した。

 これのどこが問題なのか?それは、殺人を犯しても、1名ならば死刑にならない、と国民が認識することだ。

 事実、永山基準以降、1名を殺害した被告で、死刑になった例は数少ない。(4)項を除く他の理由で死刑になったものがいるが、少ないのだ。

 永山基準は、死刑に対して慎重でありすぎるのだ。先日、光母子殺人事件の死刑判決が出た。メディアの報道によると、被害者の夫は、「もし死刑にならなかったら、どんな手段を使っても被告を殺す」と公言していたようだ。これが裁判に影響し、死刑判決となったと。

 この裁判は、厳密には、永山基準の範疇ではないが、死刑に慎重な日本国司法と言う意味で、広義の永山基準に入ると思料する。

 ここでの問題意識は、人間の持つ「報復権」だ。我が国は、仇討ちという報復権を是認していた歴史を持つ。是非は問わないが、家族を殺されたものが殺したものに復讐するというのは、ごく自然な感情であり、そうでなければ、所属する共同体は、根本から崩壊するだろう。そういうことなのだ。

badge_saibankan.png


 因果応報なのだ。これは、利を求める、と言う人間の基本的な欲求と同じなのだ。生きていくうえで、絶対に譲れない感情であり、これを否定した社会は崩壊するのが必然なのだ。

 だから、永山基準は問題があるのだ。1名なら殺してもいい。死刑にならないから。

 事実、何例かの裁判で、被告がこのような供述をしている。これでは、被害者も、被害者の家族もやり切れないであろう。これで、どうやって、法治国家だと言えるのだ。人を殺しても死刑にならない世界は、外国だけにしてくれ。

 死刑が嫌なら、我が国を脱出し、外国に行ってくれ。これが、日本人の心の叫びなのだ。

 死刑制度の賛意を示すのは当たり前だ。永山基準を破棄すべきだ。これが、日本の国柄を根本から崩壊させつつある元凶なのだ。

<PS>
 光母子殺人事件には、もう一つの問題がある。これはメディアの報道を根拠にしているので、事実と異なる可能性もあるが、小生の問題意識は以下の通り。

 被害者の夫が「もし死刑にならなかったら、どんな手段を使っても被告を殺す」と発言し、これが死刑という判決を導いた、という報道だ。

 報道が事実を報道しているかどうかはここでは問題にしない。

 裁判所は「世論に阿(おもね)る」のか?と言う問題意識だ。時代の流れに応じて判決が変わる、世論の移ろいとともに、判決は変わる、ということなのだが。

 法治の根幹の一つは、「判決の公平性」だ。もし、光母子殺人事件被害者家族の発言が判決に影響したというなら、裁判所の権威は地に堕ちたといわねばならない。

 1名殺害した被告の裁判で、被害者家族が、光母子殺人事件被害者家族と同様の発言をした場合、判決はどうなるのだろうか?と誰でも考えるだろう。

 少なくとも裁判所は、被害者家族の発言は、判決には全く影響はなかったと、釘をさす必要があったと、小生は考えるものである。でなければ、ことあるごとに同様の発言により、裁判結果が左右され、法治国家ではなくなるからだ。
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。よろしければお気に入り登録もお願い申し上げます。

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

罰金では済まない中国在留邦(法)人のリスク
「日本に戻りたくない」理由
日本の高級紙 朝日新聞
判断基準を持たない総理大臣
国民民主党の経済政策を支持する
靖国参拝が国を救う
台湾海峡を航行できない海上自衛隊
悲しき眞子内親王殿下
中国に屈し続ける現職総理
庶民の幸せ
日本の財政は破綻するのかしないのか?
祝 防衛費2%超 自民公約
世論調査の公平性を担保せよ
日本の癌 公明党・国交省
メディアと野党のご都合主義
分配総理が株価暴落を招く
胎動する台湾危機
憲法96条の足枷を外せ
危機の沖縄
空母機動艦隊復活
潜水艦 日豪仏それぞれの誤算
岸田内閣の問題点
示唆に富む豪の対中政策
敵基地攻撃能力
岸田総裁に安倍晋三を見る左翼
財政出動が日本を救う
写真で見る防衛省自衛隊 令和3年9月
次善の結果を寿ぐ
道すがらエッセイを読みながら
新総裁に望む
権力闘争
希望の星・高市 国益を毀損する河野
政治家 高市早苗
政治家 河野太郎
中国が招く中国包囲網
国家の独立と尊厳とは何か
民主主義国家クラブ
覇気失えば日本は生き残れない
共産党は破防法調査対象団体
河野家三代
防衛費は増やさざるを得ないものなのか
総理総裁に必要な資質
保守の本能
河野太郎は変節したのか?
国家機密
米国の傲慢
ネズミ捕り
金日成の亡霊
核融合実用化へ大きく前進
不自由の国フランス