プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

NHKを国有化せよ

 NHKは、諸悪の根源だ。あること、ないこと、常に日本弱体化のための報道に終始しているからだ。

 もっとも、民放も同じようなものだが、決定的に違うのは、NHKが受診料を徴収して、それを財源として、放送活動をしていることだ。

 NHKは聖域化しているのだ。放送法で、テレビ受像機を設置した家庭は、受信料を払うことを義務付けられている。

 NHKの受信料徴収を拒否することはできない。小生は、イラネッチケーが裁判で勝訴し、一般に売り出されるのを心待ちにしている。

job_jushinryou_syukin.png


 だが、今回のテーマはそれではない。放送法の問題点その他は、数々のブログや、保守系紙で、発表されている。今更、小生が論評するものでもあるまい。

 NHKの問題を解決するための施策の中で、国有化は、異色だ。小生が、何故国有化を推奨するのか?

 理由は、簡単だ。国家公務員になるからだ。NHKは、日本放送庁として、再編成すればいい。

 国の組織になると何がいいのか?

 まず、国家公務員として、給与が他の公務員と横並びとなる。これだけでも、国民からの批判はだいぶ低下するだろう。

 NHKの予算は、国の予算とする。そのため、毎年、財務省に予算要求しなければならない。あっ、ちなみに、NHKは総務省傘下の日本放送庁とする。予算は総務省経由で、要求すればいい。

 最初の関門は、総務省本省だ。放送庁からの要求を、総務省本省が議論を経て査定する。それから、財務省に概算要求することになろう。

 一つ一つの事業について、その必要性と、効果を説明し、財務省主計局の査定を受けなければならない。

 いろいろな番組について、その必要性を説明しなければならないのだ。説明できない番組や事業は、否応なくカットされる。財務省は、そのくらいお手の物だ。予算要求をしたことがないNHK職員は、公務員として、総務省本省及び財務省と丁々発止と交渉するだろうが、完敗するのは目に見えている。

job_koumuin_men_women.png


 国民の税金を使っているので、会計検査院の検査を受けなければならない。これが、重要だ。放送法による総務省のチェックは、有名無実になっている。だから、国有化して、会計検査を受検させればいいのだ。NHKの無駄が、あぶり出されるだろう。

 総務省傘下になるので、番組編成についての決定権は、放送庁長官が、総務大臣の委任を受けて決定することになる。ここで、総務省直属の放送庁は、総務省本省の厳しい指導を受けざるを得ない。今までのような甘い指導にはなるまい。論拠なく国家を誹謗中傷するような番組は作成できない。放送法を厳格に順守させればいいのだ。これで偏向番組はなくなる。

 また、放送庁は、国家公務員なので、異動がある。組織の活性化を図るため、総務省本省や、他省庁への出向もあるだろう。幅広い視野を育成するためにも、他省庁での勤務は欠かせない。必ず、放送庁に戻って来れるとは限らないところがいい。

 財源は、国民の税金だ。現在の受信料はなくなるので、その分を税金で賄えばいい。

 そして、最も重要なことは、中央省庁として編入するにあたり、大規模なリストラを実施できることだ。中央省庁に無駄な組織などいらない。NHK職員を放送庁に編成替えする場合は、それまでの勤務成績や、言動などを厳しくチェックし、半分以上を門前払いすればいいのだ。あるいは、全員を一度公務員とし、財政上及び国の政策の必要性等から、削減すればいいのだ。

 衛星放送は廃止。地上波は、EテレとNHK総合をまとめて一つに集約させる。つまり、1個チャンネルでいい。集金業務が無くなるので、そ分の人員が削減できる。これで、人員は3分の1以下にに削減できる。給与も他の国家公務員相当なので、大幅に減俸される。余った設備や人員は、民放に払い下げる。国民は喜ぶ。民放も喜ぶ。

 いいことずくめだ。政府は、さっさとNHKを国有化すべきだ。これで、菅政権の支持率はアップするだろう。
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事