プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

AI戦闘機を開発せよ

 予定より10年早く飛行開始!? アメリカの第6世代ステルス戦闘機「デジタル・センチュリーシリーズ」はどれだけ強いのか?
https://wpb.shueisha.co.jp/news/politics/2020/12/24/112697/

 週プレの記事が事実なら、想定外に早い飛行だ。我が国は、ようやく、次世代戦闘機開発の予算がさ査定された段階なのに。通称F3と言われる次世代戦闘機は、第6世代戦闘機と言うのが触れ込みだが、まず無理だろう。

 コンセプトが決まっていないことに問題がある。決まっているのは、国産だということだけ。そして、F22に匹敵するエンジンの開発には成功していること。ステルス戦闘機だということ。

 新しいところでは、子機を運用できること、このくらいか。

 週プレの記事で、これはと思うもの。

 AI搭載であること。ただし、人間のパイロットが操縦するようだ。AIの支援を受けて。

 速度がマッハ2以上。ここはよくわからない。既にF22はそのくらいの速度ではなかったか?

 長距離飛行能力と、従来イよりも大きい爆弾倉。

 レーザー砲やAI運用のための大規模発電機。

 F22を凌駕するステルス性能。

 これが代表的なスペックと言うことらしい。
Japan27s_next-generation_fighter_aircraft_concept.jpg
 この中で、最も重要なスペックは何か?それは搭載するAIだ。これからの戦闘機は、AI戦闘機になる。もはや人間のパイロットが操縦する時代ではない。秒単位で判断を迫られる空戦で、人間の判断力はAIに到底及ばない。

 我が国が開発するF3は、AI戦闘機にすべきだ。そのためだけに、富岳並みのスーパーコンピューターを準備し、国家の総力を傾けるべきだ。現状の開発計画では、お金の無駄遣いだ。出来上がるのは、F22改(ラプター改)が関の山だ。それでは、米国に20年以上遅れていることになる。

 それでなくとも新しい戦闘機の開発には莫大な資金が必要なのだ。やるなら徹底して資金をつぎ込み、米欧露中をぶっちぎるくらいのスーパー戦闘機を開発すべきだ。

 キーとなる技術は、ずばりAIだ。これからの空戦はAI対AIになる。優秀な機体と優秀なコンピューターの組み合わせが、空を制するのだ。

 アメリカのように、コンピューターに設計をやらせること、それで時間を節約する。開発期間を短縮する。搭載するAIは、逐年性能アップできるように設計段階からバージョンアップを想定した設計とする。

 最先端のセンサーを搭載すること。これらは、テスラと同じ発想だ。イーロン・スクはある意味天才だ。自動車の製造をコンピューターの製造・バージョンアップに置き換えてしまった。テスラの成功はそういうことだ。

 F3もそうすればいい。最初のコンセプトが大事なのだ。コンセプトを誤れば、無駄金を使うことになる。少なくとも、現状聞こえてくるF3開発構想に及第点はやれない。F22改を作る必要はないのだ。最初から、コンセプトから時代遅れだ。

 ゲームチェンジャーになるくらいの斬新で先進的な戦闘機開発を期待する。令和のゼロ戦を作るのだ。
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事