プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

社会の木鐸という虚飾

 産経新聞社が自らの報道の在り方を検証するため、有識者から意見を聞く「産経新聞報道委員会」が2日、東京都千代田区の産経新聞東京本社で開かれた。

 12月28日付産経新聞の記事である。有識者には、中江有里氏(女優・作家・歌手)、宮家邦彦氏(キャノングローバル戦略研究所研究主幹)、吉崎達彦氏(双日総合研究所チーフエコノミスト)、米田壮氏(公益財団法人公共政策調査会理事長)が名を連ねている。

 産経新聞は、他の反日左翼機関誌に比べるとまともだ。この報道検証委員会の記事も、真摯に自社の報道について検証し、反省すべき点は反省しているようだ。

 記事では、令和2年に報道した産経新聞の記事の中から、何点かをクローズアップして紹介している。酒楽の目に留まった論点が二つほどある。

 一つは、社会部記者が取材対象者と賭けマージャンをしていた不適切行為。

 これは、次期検事総長と目されていた東京高検検事長と産経新聞記者(もう1社いた)が都内某所で賭けマージャンをしていたというものだ。

 さて、検証委員会では、この件について、各委員から意見が出ていた。その中で、米田委員の意見に酒楽は引っかかるものがあった。焦点となる部分のみ引用する。

 記者の取材は公共性の高い活動で、自粛期間中でも必要な外出取材を行うことはあり得ます。

 アンダーラインの部分だ。記者の取材は公共性の高い活動だと米田委員が発言している。そして、この発言に対して、他の委員からも産経新聞側からの何らの意見も表明されていないのを見ると、皆が同じ見解なのだろう。記者の取材活動が公共性の高い活動であり、それは自明だといっているわけだ。

 記者の取材活動は公共性が高いということを、酒楽は寡聞にして知らなかった。

ふざけるな。いったい何を根拠に公共性が高いと言っているのだ。それが言論人を標榜する新聞社と有識者の見解とは笑わせる。
figure_tekken1_seigi.png
 公共性が高いというならばその根拠があるはずであるが、おそらく根拠となるものはない。公共性が高い活動とは、少なくとも政府や地方公共団体の活動の一端や一翼を担う活動を言うのだろう。だが、一新聞社の活動に公共性はない。あるというなら、根拠を示してみろ。所詮は、利益を得るための株式会社なのだ。どこに公共性があるのだ。

 そういう思い上がった思想が社会に悪をまき散らすのだ。朝日新聞は、自らを社会の木鐸と称している。公共性が高いだとか、社会の木鐸だとかいう自称をやめない限り、毒を流す新聞の特性はなくならないだろう。

 酒楽は、およそ人を指導することなどできない凡人であり、愚人だ。とても社会の木鐸など、恥ずかしくて人前で言えない。それが一般大衆の常識であり、日本人の美徳というものだ。それを恥ずかしげもなく人前で公言できる精神が信じられない。

 何らの根拠もなく、自らの活動を公共性が高いと言って憚らない精神が信用できない。胡散臭いのだ。

 国民を堕落させる報道や、反日勢力として我が国を貶めようとする新聞社は、枚挙に暇がない。産経新聞がそうだとは言わないが、自称公共性の高い活動と認識しているなら、朝日新聞と大差ないではないか。

 人間は間違う存在なのだという謙虚さが必要なのだ。一民間人として活動しているのだという謙虚さが必要なのだ。何故なら、誰も頼んでいないからだ。産経新聞は、誰に頼まれて活動しているのだ。公共に資する何らかの活動をしているのか?あるなら言って見ろ。

 よく、国民の知る権利という。メディアの常套句だ。だが、憲法にも法律にもどこにも書いていない。それは貴様らの捏造だ。依って立つ由縁のない、根無し草の言い分だ。

 お前たちは、いつから正義の味方になったのだ?正義という言葉は、それこそ左翼の常套句だ。今は亡きコラムニスト、山本夏彦氏は、正義という言葉は眉に唾を付けて聞いた、と常々発言されていた。

 酒楽もそう思う。自らを公共性が高いとか、社会の木鐸だとかいう御仁を酒楽は信用しない。

 更に言いたいことがあるのだが、焦点がぼけるので、本日はここまでにしたい。

 酒楽
 
 
↓読んでいただきありがとうございます。ポチッとしていただけると嬉しいです。

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

金帰月来 官僚の悲哀
朝日新聞の世論調査
国民投票法と言論の自由
慰安婦など存在しない
国会改革案
軽キャンパー
健康オタク
戦わない政府に国は守れるのか?
華春瑩報道官
号外 菅総理憲法改正公約
逆さまのハンコ
台湾産パイナップルのその後
北京裁判
合従連衡
銘酒探訪 〆張鶴 純米吟醸 山田錦
9か月です
約束を守らない国
国のために働く車
同床異夢でないことを望む
儀式と文化
新緑の季節
破滅へと進む韓国
無責任な自民と産経
ワクチン確保 菅総理の功績
韓国は一線を超えるか
日米首脳会談は日本を変える好機
処理水 韓国メディアの反応
マンマシンインターフェースの行き着く先
健康面談♪
新疆弾圧を黙認する日本 
日米首脳会談を前に
知事の給与は何のためにあるのか
韓国次期大使 帰国へ
韓国はF-35を使わなければいいんじゃね!
セブンイレブン驚きのセルフレジ
政府は何故河野談話を否定しないのか
ホワイトハウスの権力闘争と日米首脳会談
evが初めて実用的になった 
後ろ姿Ⅱ
再度 旗幟を鮮明にすべし
ワンコの注射(´・ω・)カワイソス
海上保安庁法第二十五条
退屈で仕方がない?たった4日で?
中国戦狼外交はどこへ行く
自由気ままな立場
人類始まって以来の激動の未来
青山繫晴氏に期待する理由
米国と共に防衛努力を
一晩寝たらバラ色?
厚労省の会食~身を処すべし