プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

既得権益が国を亡ぼす

 トランプを憎む人々は多い。

 メインストリームのメディアは、その代表格だ。ニューヨークタイムズ、ワシントンポスト、CNN、3大ネットワーク、これらのメディアが代表格だ。

 Facebook、Twitterなどのプラットフォーム。それらと利益を共有する企業。

 アーミテージ、前々国防長官マティス、前国務長官ティラーソン、などの伝統保守。

 不思議なのは、単なる左翼、リベラルだけがトランプを憎んでいるわけではないというところが、面白い。これまでも、トランプの前に、共和党大統領は存在した。ブッシュパパ、ジュニア、レーガン、フォード、アイゼンハワーなどだが、これほど左翼リベラルや伝統保守に嫌われた大統領はいない。

 忘れていた、我が国を代表する外交評論家であり、内閣参与である宮家邦彦氏も大のトランプ嫌いで有名だ。彼は、トランプをして、ダークサイドだと烙印を押している。ところで、ダークサイドってなんだ?スターウォーズのことか?という突っ込みはこの際おいといて。

 いったい何故なのか。トランプは何故これほどまでに嫌われ、憎まれるのだろうか?

 それは、トランプが秩序の破壊者だからだ。人間誰しも変化を嫌う。現状に安穏としている方が気が楽だからだ。変化には対応しなければならない。それは面倒だ。特に、現体制に既得権益を有している者は変化を嫌う。

 言い方を変えると、現状において、利益を得る集団は、その秩序の信奉者であり、守護者なのだ。利益を得られる秩序の破壊者を喜ぶはずがない。

 利益を得る集団は、リベラルや保守を問わない。そこに、トランプの特異性がある。普通、保守とリベラルの意見や価値観は反対だ。これまでは、左右両極の価値観をベースに政策対立が起きていた。

 だが、トランプが大統領になって以来、米国伝統保守までが共和党大統領を憎むようになった。ではなぜ米国伝統保守は、トランプを憎むのだろうか?

 トランプの政策で、他の保守系大統領と異なる政策は何か?がキーワードだ。

 一つは、中東政策だ。9.11以来、米軍は、中東に大きな軍事力を展開している。それ以前にもプレゼンスはあったが、9.11以降、その勢力は増大し、軍事費の負担も増大している。

 軍事費の増大は、米国財政を圧迫している。財政の崖は何度も発生している。そこで、トランプのとった政策は、中東派遣の軍事力を削減することだ。

 二つ目は、イラン核合意からの離脱だ。EUを巻き込んで、イランの核開発を阻止するため、合意されたのだが、トランプは離脱し、イランへの圧力を強めている。その一環として、中東和平を精力的に推進し、輝かしい実績を積み上げてきた。

 これまで、数多くの前任大統領が成し遂げられなかった中東和平に道筋をつけつつある。これほど画期的な成果は、今までにない。UAEがイスラエルと国交正常化したのだ。いずれ、サウジアラビアも国交正常化するだろうと予測されている。

 第2次大戦後建国されたイスラエルは、1~4次の中東戦争を経て、国を保っている。周りは、アラブの敵国だらけだ。米国だけが国を保つ後ろ盾であり、米国が梯子を外せば、滅亡は免れないだろう。

 そのイスラエルに和平が訪れようとしている。オバカにノーベル平和賞をやるより、トランプにやれよ、ノーベル財団!えっ、違うって?おお間違えた、オバマだった。失礼しました。

 アフガニスタンやイラク、サウジに大兵力を展開している現状で、利益を得るものは、反対するだろう。米軍もその一つだ。彼らは、直接利益を得ないだろうが、軍の取り巻きは、そこから莫大な利益を得ている。そにいるのは、マティスやアーミテージだ。米国伝統保守。

 三つめは、中国政策だ。トランプは、四面楚歌の中、最初にトランプを訪れた安倍前総理の良き理解者となり、安倍さんは、トランプと二人三脚で、対中国政策を遂行してきた。

 トランプが2期目の大統領に就任していれば、おそらく対中デカップリングを遂行していたものと思われる。これは、中国にとっては、致命的な打撃になる。これで利益を失うのは、中国と、中国との交易により利益を売る経済集団だ。

 この中には、我が国の経団連やその他の経済団体も含まれる。つまり、中国の安い労働力と、大規模な市場アクセス権から利益を得る集団だ。彼らは、保守でもリベラルでもない。単なる守銭奴だ。

 中共のエージェントもいるだろう。誰とは言わないが。

 トランプは、既存の秩序を無視してでも、米国の真の国益(覇権)を追求しようとし、これら既存の体制から利益を得る集団の敵となったのだ。今回のトランプ追放劇は、その結果だ。

 だが、トランプの追放は、同時に米国の建国の理念を失う結果となろう。トランプの追放は、米国の滅亡への道と重なる。情報統制されている米国民は、断崖へと進んでいる自らの行先を知らない可能性が高い。

 日本もだ。

 ところで酒楽には一つの疑問がある。宮家内閣参与は、米国にいったい何の既得権益を有しているのだ?それがなければ、宮家氏の言論姿勢を理解できない。少なくとも、外務省に奉職し、政府の一員として勤務した経験がありながら、トランプを毛嫌いするには、他人にはうかがえない利益を米国内に持っているのだろう。そうでないと理解できないのだ。
 それにしても、そのような人物を内閣参与として政府ご意見番にするとは、日本国もお終いだ。
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

判断基準を持たない総理大臣
国民民主党の経済政策を支持する
靖国参拝が国を救う
台湾海峡を航行できない海上自衛隊
悲しき眞子内親王殿下
中国に屈し続ける現職総理
庶民の幸せ
日本の財政は破綻するのかしないのか?
祝 防衛費2%超 自民公約
世論調査の公平性を担保せよ
日本の癌 公明党・国交省
メディアと野党のご都合主義
分配総理が株価暴落を招く
胎動する台湾危機
憲法96条の足枷を外せ
危機の沖縄
空母機動艦隊復活
潜水艦 日豪仏それぞれの誤算
岸田内閣の問題点
示唆に富む豪の対中政策
敵基地攻撃能力
岸田総裁に安倍晋三を見る左翼
財政出動が日本を救う
写真で見る防衛省自衛隊 令和3年9月
次善の結果を寿ぐ
道すがらエッセイを読みながら
新総裁に望む
権力闘争
希望の星・高市 国益を毀損する河野
政治家 高市早苗
政治家 河野太郎
中国が招く中国包囲網
国家の独立と尊厳とは何か
民主主義国家クラブ
覇気失えば日本は生き残れない
共産党は破防法調査対象団体
河野家三代
防衛費は増やさざるを得ないものなのか
総理総裁に必要な資質
保守の本能
河野太郎は変節したのか?
国家機密
米国の傲慢
ネズミ捕り
金日成の亡霊
核融合実用化へ大きく前進
不自由の国フランス
焚ゲーム坑儒
君は国のために戦うか?
一時金を受け取っていただくよう説得すべき