プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

積雪寒冷地における作戦戦闘

【最新国防ファイル】冬に備え階級関係なく徹底訓練 大雪の災害派遣で生かされた冬季戦闘能力の高さ2021.1.22 ZAKZAK
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210122/pol2101220001-n1.html

 ZAKZAKにフォトジャーナリスト菊池雅之氏が寄稿している。大雪による陸自災害派遣について、その戦技能力の高さを称賛している。

 読者諸兄の皆様は、「八甲田山 死の咆哮」という映画をご存じだろうか。新田次郎原作の小説を映画化したものである。

 青森歩兵第五連隊神田大尉/中隊長(北大路欣也)と弘前歩兵第三十一連隊徳島大尉/中隊長(高倉健)がダブル主演だった。

 八甲田山雪中行軍と事故は、実際にあった話である。1901年、明治34年のことだ。このとき、青森五連隊は、雪中行軍に失敗し、多数の死傷者を出した。一方の弘前三十一連隊は、事前の周到な準備、案内人の先導及び少数精鋭主義で臨み、無事雪中行軍を成功させた。

 このときの教訓は、後の陸軍及び現陸上自衛隊に引き継がれ、「積雪寒冷地における作戦戦闘」という教範に結実している。

 一口に冬季戦闘能力と言っても、これだけの歴史的積み上げがあってはじめて実戦に供し得るものになるのだ。

 装備も格段に進歩している。国内のメーカーの協力により、防寒戦闘服、スキーなど、最新式の装備になっている。
kousin2.jpg
陸上自衛隊冬季戦技教育隊HPより引用

 さて、今回、災害派遣の対象地域は、北陸だったが、記事にもあるように、積雪寒冷地の最前線と言えば、北海道だ。

 米ソ冷戦時代、北方重視の掛け声の下、北海道の陸上自衛隊の充足は高かった。北海道の冬は厳しい。1~2月に氷点下30度になるのも珍しくはなかった。

 風が吹いていれば、体感温度はさらに下がる。しんしんと降る雪と、凍える寒さの中、自衛官は、黙々と訓練・演習に励み、海を越えてにらみ合うソ連を抑止したのである。

 彼らの存在なくして我が国の国防を語ることはできまい。現場の第一線で任務に邁進する自衛官が、我が国を守っているのだ。災害派遣は、その一端に過ぎない。メディアに言いたいのは、こういった災害派遣のときだけ報道するのではなく、日頃の演習・訓練を、国防の第一線を報道してくれ、ということだ。

 氷点下30度の中を行進し、敵を攻撃することがどれほど困難かは、筆舌に尽くしがたいのである。20キロの装備を背負い、自衛隊スキーで山を越えるのは、極めて困難なのだ。そういう過酷な戦場に自衛官は身を置いているのだ。メディアが報道しない限り、彼らの活躍や努力は国民の目に見えないのだ。

 ごく少数のジャーナリストが応援してくれているが、多勢に無勢、国民に周知することは未だに難しいのが現状だ。
菊池さん、ありがとうございます。

 退職した元自衛官が何かしらの犯罪や不祥事で報道されるときだけ、デカデカと「元自衛官」と報道するのはやめてくれ。退職して何年たっても「元自衛官」と報道される。それも、悪い時だけ。いい加減にしろよ(# ゚Д゚)

 おお、いかん、まだ脱線してしまった。皆様、自衛隊は、今日も黙々と訓練演習に励み、我が国を守るため努力しております。応援してやってください。

酒楽

<PS>
 フジテレビの日曜報道 THE PRIME はなかなかおもしろい。これって全国ネットで放映されているのだろうか?
 報道は首都東京を中心になっている。で、小池都知事、黒岩神奈川県知事、大野埼玉県知事、森田千葉県知事がプレーヤーになる。これにコメンテーター橋下徹だ。
 自然淘汰の結果、大野埼玉県知事が常任コメンテーターのようになっている。埼玉県民のためにおめでとうと言いたい。1都3県知事の中で、大野知事が最も有能である。フジテレビも馬鹿ではない。視聴者を納得させられる意見を言えるのは、大野知事だけ、ということだ。
 今回のコロナ禍は、普段はあまり関係ない各首長の能力ををさらけ出してしまった。特に都道府県知事の人物、識見、実務処理能力全てが衆人環視の目に晒され、その実力が明らかになった。埼玉県民は、幸せである。
 沖縄県知事は、宮古島のクラスター発生処理のため、自衛隊に災害派遣を求めた。知事は、自衛隊反対だ。それでも自衛隊に災害派遣を要請した。だが、感謝の一言もない。ふざけんな!自衛隊は、国民と国家のために黙々と勤務しているのだ。彼らには政治的発言は許されていない。だが、政治的意見がないわけではないぞ。自衛官も人間だ。国民のために働いている自衛官を人間扱いしない沖縄県知事は、いったいなにものなのだ。酒楽は、怒りを禁じえない。産経新聞でも、ジャーナリストの宮島茂樹氏が吠えていたが、酒楽も吠えている。ふざけんじゃねー!
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

判断基準を持たない総理大臣
国民民主党の経済政策を支持する
靖国参拝が国を救う
台湾海峡を航行できない海上自衛隊
悲しき眞子内親王殿下
中国に屈し続ける現職総理
庶民の幸せ
日本の財政は破綻するのかしないのか?
祝 防衛費2%超 自民公約
世論調査の公平性を担保せよ
日本の癌 公明党・国交省
メディアと野党のご都合主義
分配総理が株価暴落を招く
胎動する台湾危機
憲法96条の足枷を外せ
危機の沖縄
空母機動艦隊復活
潜水艦 日豪仏それぞれの誤算
岸田内閣の問題点
示唆に富む豪の対中政策
敵基地攻撃能力
岸田総裁に安倍晋三を見る左翼
財政出動が日本を救う
写真で見る防衛省自衛隊 令和3年9月
次善の結果を寿ぐ
道すがらエッセイを読みながら
新総裁に望む
権力闘争
希望の星・高市 国益を毀損する河野
政治家 高市早苗
政治家 河野太郎
中国が招く中国包囲網
国家の独立と尊厳とは何か
民主主義国家クラブ
覇気失えば日本は生き残れない
共産党は破防法調査対象団体
河野家三代
防衛費は増やさざるを得ないものなのか
総理総裁に必要な資質
保守の本能
河野太郎は変節したのか?
国家機密
米国の傲慢
ネズミ捕り
金日成の亡霊
核融合実用化へ大きく前進
不自由の国フランス
焚ゲーム坑儒
君は国のために戦うか?
一時金を受け取っていただくよう説得すべき