プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 真正保守政治を確立する。中国・韓国・国内敵性勢力から日本を守る。日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

名誉を重んずる日本人

 さて、今朝の記事で続編をお伝えした通り、日本と日本人の名誉のために、一筆啓上仕ろう。

 弁護側は、親子の身柄を日本に引き渡せば、拷問に相当する不当な取り扱いを受ける恐れがあると主張。

 の件(くだり)である。

 いかように反撃しようかと考えた末に、我が国の歴史にその材料を見出すことができる、と思い至った。

 石出帯刀の故事を紹介しよう。これは、結構有名な話なので、ご存じの読者も多いものと思うが、アメリカ人はほとんど知らないと思うので、紹介する意義はあろう。

 時は明暦三(1657)年。江戸の町は、明暦の大火に見舞われた。小伝馬町の牢屋敷にも火が迫ってきた。

 江戸幕府伝馬町牢屋敷の囚獄(牢屋奉行)だった石出帯刀は、収監者を火災から救うために独断で「切り放ち」(期間限定の囚人の解放)を行った。

帯刀は収監者達に対し「大火から逃げおおせた暁には必ずここに戻ってくるように。さすれば死罪の者も含め、私の命に替えても必ずやその義理に報いて見せよう。もしもこの機に乗じて雲隠れする者が有れば、私自らが雲の果てまで追い詰めて、その者のみならず一族郎党全てを成敗する」と申し伝え、猛火が迫る中で死罪の者も含めて数百人余りの「切り放ち」を行った。

 収監者達は涙を流し手を合わせて帯刀に感謝し、後日約束通り全員が牢屋敷に戻ってきたという。

 帯刀は「罪人といえどその義理堅さは誠に天晴れである。このような者達をみすみす死罪とする事は長ずれば必ずや国の損失となる」と評価し、老中に死罪も含めた罪一等の減刑を嘆願、幕府も収監者全員の減刑を実行する事となった。

(Wikiから引用)

 帯刀の行動は、命がけだった。一名でも帰らなかったら、切腹は免れない。そういうぎりぎりの中での判断だったのだ。
侍
 名誉を重んずる日本人というのが本記事の表題だ。日本人の価値観の一つが「名こそ惜しめれ」である。名誉のためには命もかけるのが日本人なのだ。

 牢獄に収監されていた囚人が、市中に放たれても戻ってきたのは、帯刀の命がけの行動に感謝するとともに、自らの名誉にかけても戻るのが日本人の心意気というものなのだ。

 さて、本記事の主題だ。

 「親子の身柄を日本に引き渡せば、拷問に相当する不当な取り扱いを受ける恐れがある」

 弁護側の主張の通りならば、市中に放たれた囚人は一人として戻ってくることはなかったであろう。だが、事実は、全員が戻ってきた。

 アメリカ人には、この事実は俄かには信じられないであろうが、事実である。もし、牢屋で拷問に相当する不当な取り扱いがあったなら、戻ってくるわけがない。それが戻ってきたという事実は、拷問などなかったということを示しているのである。

 歴史の浅いアメリカ人は、更に疑問を持つかもしれない。そんな昔の話は現代には通じない、と。

 それに対しては、あなたの国とは違って、我が国は、天孫が降臨して以来、万世一系の天皇陛下を戴く君主国であり、建国以来、一度も革命を経験していない。我が国の歴史と文化は、日本人により二千六百年営々と紡がれてきたのである。たった三百数十年前のことなら、昨日のことのように現代日本人と相通ずるものなのだ。

 とこう言えばいい。悠久の歴史を前にして、アメリカ人は言葉を失うに違いない。

<PS>
 上川法務大臣閣下。米国の司法に介入するわけにはまいりませんが、斯様な名誉回復の手段がございます。ニューヨークタイムズやワシントンポストに意見広告をするくらいなら可能であると存じます。血税の一部を使って、日本と日本人の名誉のために意見広告をしていただきたいと思料する次第でございます。

酒楽

 
 
↓読んでいただきありがとうございます。ポチッとしていただけると励みになります。

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

狭まるゴーン包囲網
蟻の恐怖 中国戦闘機
尖閣実効支配が最大の国益
ムン君を応援する理由
国民は誰に訴えればいいのだ
社員を守るのは経営者の責務
福岡県知事辞職に見る日本人の美学
今頃気が付いたのか?
セルフレジとの会話♪
しばらく無視でいい 日韓外相電話会談
総務省接待について 安かろう悪かろう
NHKは治外法権
バイデンはチェンバレンの教訓を知らない
天皇誕生日に思う
人間は話す動物
林檎と顔の戦争
中国企業大量デフォルトは嘘か誠か
橋本会長を応援する
知に飢えた日本 焚書坑儒の志那
マイナカードに光明
EUと日本はどこへ向かうのか
覚悟されよ
春よ来い
首長はよく考えて選ぶべき
医師の偏在をなくす工夫を
外務省の病 盲腸
不揃いの重鎮達
手動フードプロセッサー
天空の目
対韓冷淡外交の勝利
中共エージェントの虚実
言論封殺
たまには極上のワインを
遺憾砲艦隊出撃せよ!
メディアが決めるのか?それでいいのか?
朗報 消滅する新聞
亡国の萩生田文科相
連合軍参上!
スペースXがまたやってくれた!
蓮舫氏を推薦する
名誉を重んずる日本人
外堀埋まるゴーン
尖閣警備隊を常駐させよ
竹島奪還作戦を作成せよ
最高裁判所の責務
福寿草~春の便り
固まる店員さんその2
尖閣公務員常駐 自民和田議員天晴れ
外交官を自衛隊で鍛えろ!
銘酒探訪 豊盃 純米吟醸 直汲み生原酒