プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

EUと日本はどこへ向かうのか


 EUの戦略目標はどこにあるのか。EUの行方を占う興味深い記事が相次いで発表された。

 まず、人民網日本語版は、2月17日、中国がEU最大の貿易相手国となった、と伝えている。

 EU統計局が15日発表した2020年の貿易統計によると、EUにとって最大の物品貿易相手国は中国で5860億ユーロ(1ユーロは約128.1円)、2位は米国で約5550億ユーロだった。中国中央テレビが伝えた。
 EUの対中物品輸出は前年比2.2%増の2025億ユーロで、中国からの物品輸入は同5.6%増の3835億ユーロとなった。新型コロナウイルスの流行や「ブレグジット」などの影響で、対英物品輸出は13.2%減、英国からの物品輸入は13.9%減となり、英国は第3の貿易相手国となった。

 これだけの短い記事だったので、全文引用した。記事前段で興味深いのは、中国との貿易額が順調に伸びて、2020年、中国がEU最大の貿易相手国となったということだ。米国を凌駕している。

 つまり経済的視点で見ると、EUは好むと好まざるとに関わらず、中国との関係を最重要視せざるを得ないということだ。特にドイツは、中国に前のめりで、メルケル首相は、これまで何度も北京詣でを繰り返している。

 EU全体としても、これだけ中国との経済的つながりができると、政策全般に影響を及ぼすことは、避けられない。

 後段では、EUを離脱した英国との貿易額が縮小したと伝えている。英国は、久しぶりに栄光ある孤立を選択したということだ。英国の伝統的政策復帰に、酒楽は賛意を表する。

 これで英国は、大陸欧州に引きずられることなく、独自の外交を行えるということだ。
ヨーロッパ大陸
Wikiから引用

 次は看中国から。

ボイス・オブ・アメリカによると、会議後の共同声明で、4外相は「密接な協調を通して、中国共産党によるグローバルな挑戦及び気候変化など一連の問題において協力する必要性」について合意した。

詳細は、記事をご覧いただきたい。焦点は、米英仏独4か国外相は、安全保障の観点から、対中国政策で一致協力して対処していくことで合意した、という点だ。

 大陸欧州にとって、最も潜在的な脅威はロシアであり、歴史的にも地理的にも不変の脅威であり続けている。だが、中国も欧米共通の脅威だという共通認識を持つのは、喜ばしいことだ。

 問題は、EUが、経済的には中国に対する依存度が増大しつつあること、しかしながら、安全保障面における中国の脅威も同時に感じているという矛盾である。

 中国が安全保障の観点で脅威と認識されるようになったのはつい最近のことだ。そして、中国の脅威の源泉は、驚異的な経済成長にあり、日米欧は、長年にわたり、その後押しをしてきた。つまり、自ら敵を育ててしまったのだ。

 我が国と欧州は、そう思いつつ、中国との経済関係を変化させようとはしていない。反対に、米国は、トランプ政権時代から、中国との経済競争・経済封鎖・デカップリングに姿勢を変化させつつあり、中国を明確に「敵」として認識している。

 このままの状態を放置すれば、中国がますます強大化するのは目に見えている。

 かつてのCOCOM(対共産圏輸出統制委員会)のような体制を整えるのが、正解なのだが、21世紀の現在、果たしてそれが可能かというと、悲観せざるを得ないのが現実だろう。

 デカップリングは、実はその嚆矢なのだという認識が日米欧にあれば希望が見える。EU及び日本の外交姿勢はそうでなければならないと酒楽は思う。

中国がEU最大の貿易相手国に EU統計局 人民網日本語版 2021年02月17日11:30
http://j.people.com.cn/n3/2021/0217/c94476-9819227.html

米英仏独4か国外相会談、米中の新たな戦場となるヨーロッパ 2021年2月21日看中国
https://www.visiontimesjp.com/?p=14802

<PS>
 COCOMの再来は難しいのだろうか。そもそも、ニクソンがはじめた対中関与政策は、最初から間違っていたのだ。

 そして、日本は、鄧小平にまんまと騙された。

 いまさら手のひら返しはできないというのが日本人の性だ。

 だがアングロサクソンは違う。アメリカもイギリスもいずれ情け容赦なく中国を切り捨てるだろう。そうやって彼らは覇権を確立し、維持してきたからだ。

 日本は米英についていくしか道はないのだから、政府は早く決断したほうがいいと思う。戦勝国として地位を確立するために。早ければ早いほどいい。菅さん、ご決断を。
 
 
↓読んでいただきありがとうございます。ポチッとしていただけると励みになります。

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

固有の領土という幻想
蘇る日英同盟と大陸封鎖
40年来の新戦術
1周年です
日韓両政府仮想問答集
中国が日本に核恫喝!
米中外交戦
融和か戦略か
韓国選手団が選手村に「反日横断幕」
現実を白日の下に
民は由らしむべし,知らしむべからず
武士(もののふ)の系譜
日韓双方の望む結末
焚書坑儒
梅雨空の独り言
禁忌を乗り越える菅政権
ひたひたと迫る韓国
日本人の魂を傷つける者
自衛隊に感謝
文治の弱点
韓国人の見る日本
台湾と韓国
「保守」なのに「反日」なのか?
国民に現実を周知するのは為政者の務め
専門家の意見と政治判断が異なるのは当たり前
皇帝への道の裏付け
皇帝の孤独
人民網を支える日本人
旭日旗はなかった
事実を認識できない
日豪台連合
朝日新聞こそ時代錯誤
日本防衛の意志
交戦規定がネガティブリストでなければならない理由
日本人は歴史の舞台に再登場するのか
学術会議の存在意義
台湾の優先順位
男系男子尊重 有識者会議
愛される中国
対韓外交はガラス張りが必須
中国巨大需要の破壊力
大臣が参加しないと意味がない
防衛費を準戦時予算とせよ
台湾における米軍のプレゼンス
予定されている未来
菅総理防衛隊を編成せよ
帝王学を授けよ
自衛官の矜持
少年法の欺瞞
韓国人のレゾンデートル