プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 真正保守政治を確立する。中国・韓国・国内敵性勢力から日本を守る。日本人の誇りを取り戻すブログ。
 ミリオタ。自衛隊応援ブログです。酒楽と申します。記事をアップする毎に小生の正体がだんだん明らかになると…思います。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

減税しろ!

 2019年10月1日から始まったキャッシュレス・ポイント還元事業は、今年の6月30日で終了しました。酒楽は、その前から、キャッシュレス派だったので、違和感なくキャンペーンを歓迎しました。

 それで、いろいろなお店が、キャッシュレスを導入しましたね。まあ、消費税の増税に合わせて、還元するという名目でした。結果、キャッシュレスが主流となり、現金派は激減しました。しかし、それでも現金オンリーは、結構生き残っていますね。

 一般化するのは難しいので、酒楽の生活スペースの中で生き残っているところを挙げてみます。

 お医者さん。かかりつけのお医者さんがいて、なかなかいい先生です。口癖は、「大丈夫、治りますから」。だいたいこれで治ります。ほんとです。ここが、相変わらず、現金オンリーです。

 次、いつも行くクリーニング屋さん。ここも現金オンリー。キャンペーンが始まったころ、お店の女性に聞いてみました。「キャッシュレスにはならないんですかね?」と。で、女性店員は、「本社に言ってるんですけど…」という答え。結論、現金オンリー。

 3つめ。人気のスーパーマーケット。野菜も肉も安くて新鮮なので大人気です。ここも現金。

 それ以外では、いつも行く床屋さん。ここも現金オンリーです。あー、まだあった、百円ショップです。これは、系列に拘わらず、現金みたいですね。

 酒楽氏ご用達?の酒屋さんは、キャッシュレスになりました。
減税

 まあ、こんなところでしょうか。で、以前、GoToトラベルキャンペーンで、書いたように、キャッシュレスにするには、クレジット会社、QRコード決済を運営している会社を通じて、決済することになるわけですね。当然手数料が発生します。それがどれほどなのか部外者にはわかりませんが、結構高いと思います。推測ですが、5~10%かな。これが、キャッシュレス導入に踏み切れない大きな理由ですね。それと、利益になるまで、期間が必要ということです。小規模経営者にとっては、結構厳しいところもあるに違いありません。

 手数料がかかるということは、値上げしないとお店の利益が減るということですから。それと、端末を導入しなければならない、システムのバージョンアップの際に、手数料の値上げを飲み込まされる、というのが、一番の理由でしょう。一度導入したのに、また現金に戻すのはほぼ不可能ですから、小売店にとって、クレジット会社やQRコード運営会社に生殺与奪の権を握られるということなんですね。個人経営はなおさらです。

 え、値上げされてない?いえいえ、されてます。目に見えないところで。例えば、スーパーで見かける大衆的な蒲鉾「夕月」です。この頃やけに小さくなってますね。実質値上げです。これは象徴的な手段です。消費者には見えないところで、密かに値上げされている筈です。もちろん、経費を削ったり、利益を抑えたりもしているでしょうが。

 そう考えると、現金オンリーのところは、頑張っているんでしょうね。財布から、現金を出してお釣りをもらうのは、なかなか面倒ですが、そう考えると良心的な経営者なのかもしれません。

 でも、財務省は国民をだましてます。リーマン級の危機が来ない限り消費税の減税はない、と言っておりましたが、どうみてもそうなってますね。減税しろ!

 言い訳が振るってますね。一度税率を下げたら、上げるのはに難しいからだそうです。ふざけるな!財務省。麻生大臣、あなた何やってるの?令和の高橋是清を待望するものです。

 提供は、怒る酒楽でした。今日は、硬派と軟派が入れ替わってる?

↓人気ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント