プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

同床異夢でないことを望む

加藤官房長官、敵基地攻撃能力「引き続き検討」 日米首脳会談受け説明
2021.4.19 産経新聞
https://www.sankei.com/politics/news/210419/plt2104190012-n1.html

 久しぶりにコメントに値する官房長官の記者会見だ。ともするとかつてのソビエト連邦のようなというか、木で鼻を括ったようなと言おうか、全く面白くない加藤官房長官の記者会見だが、今回は、慎重な言い回しながらも米国と中国に日本政府の考えを伝えたようだ。

 有料記事ではないので、引用しつつコメントしてみたい。

 加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、日米両首脳が16日の会談後に発表した共同声明で日本の防衛力強化が盛り込まれたことについて「日米同盟の抑止力、対処力を一層強化していく考えだ。抑止力の強化については引き続き政府内において検討を継続している」と述べ、敵基地攻撃能力の保有に関する検討を続ける考えを示した。

 共同声明で、日本は防衛力を強化する、としたので、こういう言い回しは当然だ。ここでいう抑止力とは、敵基地攻撃能力のことを意味していると思われる。そして対処力とは、中国の行動に対して直接防衛行動を行う場合の戦力という意味だ。

 これで、来年度の防衛予算がどのように変化するのか、が問われることになる。現状、防衛努力しているとは言い難い予算環境だ。果たして政府は、防衛予算をどれくらい上積みするのだろうか?

 過去の政府の答弁を振り返れば、毎年の増加分に少しだけ増加?くらいが関の山か。ドラスティックな増額は期待できない。つまり、政府には相変わらず危機感が無いと言うべきだろう。

 諸悪の根源は財務省だ。プライマリーバランス至上主義の財務省は、予算の増加を嫌う。そして、二言目には、スクラップアンドビルドという決まり文句。高橋洋一参与という知恵袋を招聘しておきながら、その意見を採用しようとは思わない政府自民党では、これから先まともな人物が参集してこなくなるだろう。そちらの方が心配だ。

 加藤氏はまた、共同声明で台湾海峡の平和と安定の重要性が明記された点に関し「(台湾海峡の)軍事バランスが確実に変化してきている。当事者間の直接の対話によって平和的に解決されることを期待しており、最近の動向を含め関心を持って注視している」と述べた。

 軍事バランスが変化してきている、という認識はいいだろう。その通りだからだ。問題は、当事者間の直接の対話によって平和的に解決されることを期待している、という部分だ。そもそも軍事バランスが変化しているというのは、中国の軍事的脅威が増大してるのが原因なのであり、台湾を自国の領土だと認識している中共に対して、今更当事者間の直接の対話で平和的に解決することは不可能だ。だから日米共同声明で、台湾に言及したのではなかったか。

 この期に及んで平和的に解決などできないのが自明であるにもかかわらず、このような物言いになるのか?外交的言い回しとしては正解なのかもしれないが、米国も台湾も、そして我が国の有権者も理解不能ではないか?

 中国政府が共同声明に反発していることには「中国との間にさまざまな懸案は存在しているが、わが国として引き続き首脳会談や外相会談などハイレベルの機会を活用し、中国との率直な対話を通じて直接懸念の伝達を行いつつ、懸案を一つ一つ解決し、中国側の具体的な行動を強く求めていくという基本姿勢には何ら変わることはない」と語った。

 これこそ外交辞令だが、これはこれでいい。この文言は、少なくとも我が国は、尖閣についても、台湾有事についても譲歩することはないと言っているのと同じだからだ。

 日米首脳会談自体に関しては「菅首相とバイデン大統領との間に政治家として、一国のリーダーとして通じ合うものがあったのではないかと感じた」と述べた。

 行動が求められるのだ。特に米国に対しては。防衛努力をすると約束したのだから、防衛努力をしないと、約束違反になる。そして日米同盟の信頼性が揺らぐことになる。米国の考える努力と我が国政府の考える努力がイコールであることを期待するのみだ。


<PS>
 外交辞令は、その裏に「実際に行動するぞ」という確信が、言う方にも受ける方にも同じように認識されることによって、効果を発揮する。日本政府内閣官房長官の発言が、実質を伴っているのかを、アメリカも中国もじっと見ているだろう。そこに嘘が含まれていれば、中国はすぐに行動してくるだろうし、アメリカは日本政府に疑念を抱き、同盟破綻の危険があるのだ。

 だから外交辞令は慎重な言い回しが求められ、どこから攻められても如何様にでも対応可能なように表現し、かつ、対象国に対し、明らかに意図が通じなければならない。一般人には理解できない世界だが、外交とはそういうものだ。

 だが、日本国の外交を素人の目で見ていると、実質を伴っていないのではないか?と疑われることが多いと思う。だから、中国は尖閣に艦船を侵入させても悠々としているのだ。つまり今現在も日本政府の言葉は、中国には信用されていないということだ。

 外交的にも軍事的に危機的状況だと思うのだが如何だろうか。
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

固有の領土という幻想
蘇る日英同盟と大陸封鎖
40年来の新戦術
1周年です
日韓両政府仮想問答集
中国が日本に核恫喝!
米中外交戦
融和か戦略か
韓国選手団が選手村に「反日横断幕」
現実を白日の下に
民は由らしむべし,知らしむべからず
武士(もののふ)の系譜
日韓双方の望む結末
焚書坑儒
梅雨空の独り言
禁忌を乗り越える菅政権
ひたひたと迫る韓国
日本人の魂を傷つける者
自衛隊に感謝
文治の弱点
韓国人の見る日本
台湾と韓国
「保守」なのに「反日」なのか?
国民に現実を周知するのは為政者の務め
専門家の意見と政治判断が異なるのは当たり前
皇帝への道の裏付け
皇帝の孤独
人民網を支える日本人
旭日旗はなかった
事実を認識できない
日豪台連合
朝日新聞こそ時代錯誤
日本防衛の意志
交戦規定がネガティブリストでなければならない理由
日本人は歴史の舞台に再登場するのか
学術会議の存在意義
台湾の優先順位
男系男子尊重 有識者会議
愛される中国
対韓外交はガラス張りが必須
中国巨大需要の破壊力
大臣が参加しないと意味がない
防衛費を準戦時予算とせよ
台湾における米軍のプレゼンス
予定されている未来
菅総理防衛隊を編成せよ
帝王学を授けよ
自衛官の矜持
少年法の欺瞞
韓国人のレゾンデートル