プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

合従連衡

<独自>英空母「クイーン・エリザベス」 日本に寄港へ
2021.4.26 産経新聞
https://www.sankei.com/politics/news/210426/plt2104260014-n1.html

 英国空母クイーン・エリザベスが日本に寄港することが分かったと産経新聞が伝えている。
 ドイツ、オランダの艦艇も東アジアに派遣されることになっている。対中包囲網は、着々と構築され、中国の擡頭に対応しようとしている。

 中共当局は、この動きを静かに見守っている。黙っているわけではないが、普段の中共の姿勢に比較すると、驚くほど冷静に事態を静観していると言っていい。

 尖閣への海警局艦船の侵入は相変わらずだ。台湾、日本の防空識別圏への侵入も大きな変化があったとは報道されていないので、これも変わらないのだろう。

 クアッドは、日米豪印4か国連合だが、これに、英国、オランダ、ドイツ、フランスが海軍のプレゼンスを発揮しようとしている。

 支那の故事になぞらえれば合従だ。それは、1強の秦に対する同盟である。では、秦はどうしたかと言えば、連衡したのだ。

 中共は、対中包囲網を破ろうと画策するだろう。そして、包囲網を破るために、弱いところを突くのは、古来からの常道だ。
空母
 クアッドで弱いところと言えば、日本か、インドだろう。インドはそもそも非同盟政策が看板だ。クアッドが、なかなか軍事同盟に昇格しないのは、インドの消極的姿勢に原因がある。

 日本も盤石とは言えない。まず、政府与党内に親中派がいて、隠然たる勢力を誇示している。日本人の対中感情は、年々悪化しているのにもかかわらず、親中派の言動に大きな変化は見られない。

 中共は、我が国の政界、官界、経済界に静かにかつ、大規模に浸透し、影響力の増大を図っているのだ。

 我が国保守の念願、憲法改正が実現しない原因の一つは、中共の影響力なのは公然の秘密だろう。

 もっとも米国も同じだ。先の大統領選でそれが露わになった。我が国に勝るとも劣らないほど、中共の影響力が浸透しているのだ。

 クアッドや、クアッドプラスが機能するには、まだまだ紆余曲折があるにちがいない。中共の切り崩しも激しくなるだろう。

 韓国の脱落は、ほぼ決定的だ。ただ、韓国の地政学的位置は、従属変数的なので、韓国が脱落しても、包囲網全体への影響は軽微だと言えよう。

 豪州の世論は、強硬になりつつある。やはりアングロサクソンの血は争えない。

 包囲網の主である米国は、日本をしっかりとコントロールし、インドが脱落しないようにあらゆる影響力を行使するだろう。

 そして、同じように、中国も、日本やインド、韓国、ASEAN諸国に影響力を行使しつつある。

 合従連衡時代と異なるところと言えば、連衡の盟主中共よりも、合唱の盟主米国の方が国力が大きいことだ。そして、戦いの場は、支那大陸から、東・南支那海に移っている。海軍の伝統のない中共が海で戦うのは不利だ。

 中共の海軍力が東アジアで局地的優勢を築いたとしても、総合的な戦力は、日米が中国を圧倒している。

 だが、中国の経済力は、継続して増大している。いずれ、米国に匹敵するところまで国力が上昇することが予想される。包囲網は、それを未然に防ぐ手立てが必要なのだが、肝腎の米国の足取りは重い。

 そういう意味では、米国内の親中派は、侮れない力を持っていると言わねばならない。日米の経済界が、中国との経済的結びつきを断ち切れないなら、包囲網の将来は暗い。日米の企業群が既に中共の連衡策に嵌っている可能性があるということだ。それが事実なら由々しき事態だ。

<PS>
 我が国も数年後に空母を保有する予定になっている。喜ばしいことだ。

 大東亜戦争敗北後、漸くにして空母を保有することができる。名実ともに海洋国家として再出発できるということだ。

 中国は既に空母を保有し、2番艦、、3番艦も建造中だ。だが大陸国家中国に空母の運用は難しいだろう。そもそも海軍としての伝統が短く、海上戦闘の経験もほとんどない。

 支那の陸戦の歴史を見てみると、自軍が不利だと思うえば、胡散霧消するのが特徴だ。兵隊さんの両親は、息子に対し、「危なくなったらすぐに逃げ帰れ」と言っているらしい。さもありなんと思う。

 海の上で逃げるわけにはいかない。とどのつまり、最初から戦意は低いものと思われる。もっとも、相手を侮ることは敗戦の予兆なので、決して中国海軍を侮ってはならないのだが、海上自衛隊が緒戦で致命的な敗北を蒙らない限り、中国海軍に負ける可能性は低いと思う。

 米海軍と帝国海上自衛隊が勢揃いしたら、中共海軍はしっぽを巻いて逃げ出すだろう。
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

固有の領土という幻想
蘇る日英同盟と大陸封鎖
40年来の新戦術
1周年です
日韓両政府仮想問答集
中国が日本に核恫喝!
米中外交戦
融和か戦略か
韓国選手団が選手村に「反日横断幕」
現実を白日の下に
民は由らしむべし,知らしむべからず
武士(もののふ)の系譜
日韓双方の望む結末
焚書坑儒
梅雨空の独り言
禁忌を乗り越える菅政権
ひたひたと迫る韓国
日本人の魂を傷つける者
自衛隊に感謝
文治の弱点
韓国人の見る日本
台湾と韓国
「保守」なのに「反日」なのか?
国民に現実を周知するのは為政者の務め
専門家の意見と政治判断が異なるのは当たり前
皇帝への道の裏付け
皇帝の孤独
人民網を支える日本人
旭日旗はなかった
事実を認識できない
日豪台連合
朝日新聞こそ時代錯誤
日本防衛の意志
交戦規定がネガティブリストでなければならない理由
日本人は歴史の舞台に再登場するのか
学術会議の存在意義
台湾の優先順位
男系男子尊重 有識者会議
愛される中国
対韓外交はガラス張りが必須
中国巨大需要の破壊力
大臣が参加しないと意味がない
防衛費を準戦時予算とせよ
台湾における米軍のプレゼンス
予定されている未来
菅総理防衛隊を編成せよ
帝王学を授けよ
自衛官の矜持
少年法の欺瞞
韓国人のレゾンデートル