プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

銘酒探訪 〆張鶴 純米吟醸 山田錦

〆張鶴
写真は、宮尾酒造のHPから引用させていただきました。

 淡麗旨口――当蔵「〆張鶴」の酒質を言葉にすれば、こんな表現になるでしょうか。少しでも“いい酒”を造ろうと、蔵が一丸となって築きあげてきた味わいです。

 これは、宮尾酒造さんのHPに書かれている文章の冒頭部分です。いいですねー。ひところ端麗辛口というのが流行ったことがありました。

 ですが、端麗辛口と銘打ったお酒で、これは旨い、というお酒にはなかなか巡り合えませんでした。ほとんどが安かろうまずかろうだったのです。

 旨口というのはいい表現だと思います。酒楽のお酒に対する評価はこれなのです。旨いか旨くないか、これだけ。で、旨いか旨くないかは、個人によって異なるということです。

 以前も申し上げましたが、舌は個人ごと異なります。そして、味覚も異なります。更に言わせてもらえば、言葉で味を伝えることは不可能です。

 つまり、旨いか旨くないかは、個人個人が自分勝手に感じればいいのです。自分で飲んでみて、旨ければいいお酒であり、旨くなければいいお酒ではない、ということです。

 ですから、酒楽の旨いと思う酒が、読者様の感じる旨い酒と異なることは当然あるのです。それをご了解いただいて、読み進めていただきたいと思います。

 もう一つ、視点がありましたね。それは、純米酒か否かです。実は、このお酒を買った酒店には、冷蔵庫に入っていた〆張鶴がありました。いかにも旨そうなお酒でした。でもそれを手にしてラベルを確認すると、醸造用アルコールが添加されていたのです。つまり純米ではありません。

 醸造用アルコールを添加するか否かについては、意見が分かれているのが現状だと思います。通称アル添といいますが、旨ければいいじゃないかという意見があります。酒楽もその意見を否定はしません。旨ければいいと酒楽も思います。

 でもですね、アル添を飲んでみて旨いと感じたことが無いのです。だから、酒楽は、この種意見を否定はしませんが、採用もしません。日本酒の本来の醸造法に醸造用アルコールを添加するという法はないのです。
日本酒
 つまり、純米酒という表現は誤りであり、本来日本酒は純米酒なのです。だから、表示するなら、アル添酒とでも表現すればいいのですよ。

 最近よく見かけるお酒のコマーシャルに、「大吟醸酒・・・」とあり、おいしい大吟醸酒を多種類用意して、1万円くらいの値段で、4~5本通販しているのがあるのです。そのほとんどがアル添です。

 日本酒に詳しくないユーザーが、「大吟醸」に惑わされて購入し、日本酒に幻滅する図が想像できます。酒楽としては、許し難い暴挙です。だから、酒造メーカーは、表現を改め、純米酒をやめて、アル添酒だけの表示を義務付ければいいのです。これで、悪徳商人が姿を消すでしょう。

 〆張鶴に戻ります。旨いです。端麗と言っているだけあって、喉にぐっとくるものはありませんが、喉をスーッと通り過ぎて行ってしまいます。この旨い水はお酒だったのか?という表現がぴったりきますね。実は、酒楽は、〆張鶴のファンです。本当に久しぶりに〆張鶴を飲みましたが、味は相変わらずでした。

 新潟は酒どころです。その中でも、この〆張鶴は、独特の地位を保ち、比較的手に入りやすいお酒であるにもかかわらず、根強いファンがいますね。それだけ味が堅牢なのだと思います。
 もう一つ。精米歩合50%なのですが、「純米吟醸」だということです。精米歩合50%以下は、大吟醸に分類されます。本来。でも、宮尾酒造さんは、「吟醸」で出荷しているところが奥ゆかしいと言うか、こだわりの酒造りなのですね。

 精米歩合50%でも、〆張鶴としては、吟醸なのです。つまり、40%台になってはじめて大吟醸と呼ぶにふさわしいお酒だと、宮尾さんは主張されているわけです。

中々凄いですね。ぎりぎり50%で「大吟醸」として売り出し、味がそれほどでもないお酒は山ほどありますが、宮尾酒造さんは、本当に日本人らしい奥ゆかしい酒造メーカーです。

 これだけスーッとしていると、どんな肴にも合いそうです。酒楽は、海鞘で飲んでみました。絶品です!

<PS>
 いつもお酒を飲んでいるわけではありません。誤解されているかもしれないので、一応言い訳を。

 休みに入るので、こんなときくらい、ちょっと旨いお酒を飲みたいなと♪

 〆張鶴は、けっこう幅広く卸してますね。宮尾酒造さんのHPを見ていたら、近所の酒屋さんを見つけてしまいました。

 前から気になっていたのですが、店に入ったら買わずにはいられないので、用心して行かないようにしていたのです。

 でも、その酒屋さんのHPを見てみると、おおー、なかなかいいお酒を置いているじゃないですか♪ということで、次の休みの日に偵察に行ってみようかと思っているわけですよ♪

 おおー、「♪」このマークがついているときは、気持ちが高揚しているときなのです。にょうぼに気が付かれないように、密かに…。

 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

固有の領土という幻想
蘇る日英同盟と大陸封鎖
40年来の新戦術
1周年です
日韓両政府仮想問答集
中国が日本に核恫喝!
米中外交戦
融和か戦略か
韓国選手団が選手村に「反日横断幕」
現実を白日の下に
民は由らしむべし,知らしむべからず
武士(もののふ)の系譜
日韓双方の望む結末
焚書坑儒
梅雨空の独り言
禁忌を乗り越える菅政権
ひたひたと迫る韓国
日本人の魂を傷つける者
自衛隊に感謝
文治の弱点
韓国人の見る日本
台湾と韓国
「保守」なのに「反日」なのか?
国民に現実を周知するのは為政者の務め
専門家の意見と政治判断が異なるのは当たり前
皇帝への道の裏付け
皇帝の孤独
人民網を支える日本人
旭日旗はなかった
事実を認識できない
日豪台連合
朝日新聞こそ時代錯誤
日本防衛の意志
交戦規定がネガティブリストでなければならない理由
日本人は歴史の舞台に再登場するのか
学術会議の存在意義
台湾の優先順位
男系男子尊重 有識者会議
愛される中国
対韓外交はガラス張りが必須
中国巨大需要の破壊力
大臣が参加しないと意味がない
防衛費を準戦時予算とせよ
台湾における米軍のプレゼンス
予定されている未来
菅総理防衛隊を編成せよ
帝王学を授けよ
自衛官の矜持
少年法の欺瞞
韓国人のレゾンデートル