プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

土地規制法案

土地規制法案、維新は対象拡大求める
2021.5.9 産経ニュース
https://www.sankei.com/politics/news/210509/plt2105090014-n1.html

 今国会の焦点となっている土地利用規制法案は11日に審議入りする。政府案は与党内調整の段階で慎重姿勢の公明党の要望を受け入れ規制対象を大幅に絞る修正を経たが、かねて議員立法を提出していた日本維新の会は規制対象の拡大を求める構えだ。

 記事の冒頭部分を引用した。この文章に、公明と維新の違いが顕著に表れている。

 記事では、公明党が「慎重姿勢」と表現しているが、事実を表しているとは思えない。公明党は、自民党と政策協定を結んで、与党の一角を占めているが、自民党の失敗だ。

 公明党の主張は、「平和」なのだが、自民党保守本流の政策に悉く反対を貫いている。公明党は、自民党ではないので、その存在感を示すため、敢て政策の違いを訴える必要があるのは理解する。

 だが、公明党の存在意義とは、与党内野党だ。この記事にも書かれているが、自民党内の慎重派や親中派と同じだ。

 政府自民党は、保守なのだろう?だが、一枚岩ではない。言論統制をする必要はないと思うが、党内及び与党内に「敵」がいるのだ。選別をしないと、有権者から見放されるぞ。

 本題に戻ろう。この法案は、我が国の防衛警備及び治安の維持に直結する法案だ。これまでこのような規制がなかったことの方が不思議だ。何十年も前から指摘されていながら、漸くその緒に就いたことに正直ほっとしている。
中央病院とブルーインパルス
医療従事者等に対する敬意、感謝を示すためのブルーインパルスによる飛行を見上げる隊員(自衛隊中央病院)

 公明の意見を汲んで規制対象を絞ったのは失敗だ。維新の言うとおり、土地の所有そのものまで踏み込むべきだった。

 自民党は、維新の会と政策協定を結ぶべきだ。そして、公明党とは縁を切るべきだ。かの政党は、鵺のような政党で、権力に密着し、内部から日本を破壊しようとしている。

 その点では、立憲民主党の方が立派だ。正直に反日政党であることを公言しているからだ。

 えっ、反日政党ではない?失礼しました。酒楽がそう思っていただけのようです。でも、立憲の主張は、どう考えても日本弱体化です。我が国の安全保障を脅かす、周辺国の利益に資するようなことばかり言っているので、てっきり反日政党かと思っていました。

 冗談はさておき、こういう重要法案が、与党内野党と、自民党内の慎重派によって骨抜きにされるのを黙って見過ごすわけにはいかないではないか。

 自衛隊の駐屯地や基地の周辺に適性勢力の拠点があるということは、有事の際に、自衛隊が活動する妨げになるのは明白なのだ。その行為に制限をかけようという理由は、私権制限を盾に取ったとしても、説得力はない。

 国家が滅亡したら、私権など胡散霧消するのだ。比較してはならないものを比較して、反対するのは、亡国の所業だ。さっさと公明と手を切って、維新の会を与党に招き入れるべきだ。そうでないと、国が危うい。

<PS>
 写真は、昨年医療従事者に感謝の意を伝えるため、航空自衛隊のブルーインパルスが都内上空を飛行したもので、防衛省のHPから引用しました。

 今回、大規模予防接種などで、再び自衛隊が支援するようです。かつて、税金泥棒などと非難された過去があったことなど今では信じられないことです。

 軍は、国民にとっての最大の福祉、という言葉は、軍隊の本質を象徴した言葉です。国民の命を守るのは、医師と自衛隊です。

 その活動を我々国民は、支え、支援し、応援するべきだと思うのです。何故なら、自らの命と平和を守るためだからです。
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事