プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

歴史について

韓国与党「旭日旗を使用すれば懲役10年」…学界「民主党式国家保安法」批判
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.17 08:03
https://japanese.joins.com/JArticle/278698?sectcode=200&servcode=200

 韓国与党・共に民主党最高委員の金容民(キム・ヨンミン)議員は14日、「歴史歪曲防止法」制定案を発議した。該当法案は▼3・1運動と4・19民主化運動、日本帝国主義の暴力、虐殺、人権蹂躪およびこれに抵抗した独立運動に関する事実を歪曲したり、これに同調したりする行為▼日本帝国主義を称揚・鼓舞する行為▼この目的で日本帝国主義を象徴する軍事旗(旭日旗など)または造形物を使用する行為--などを禁止する内容を盛り込んでいる。これを違反する場合、最大10年以下の懲役または2億ウォン(約1940万円)以下の罰金刑を科す。

 記事の冒頭を引用した。

旭日旗


 久しぶりに旭日旗を張り付けました。

 いいですねー、いつ見ても。日章旗と言い、旭日旗と言い、シンプルで、カッコいいと思います。

 韓国人は、自分たちの歴史を直視できないのですね。恥ずかしくて。朴正煕がいみじくも言っていましたね。韓国の歴史は恥ずべき歴史だと。それが全てを物語っています。

 歴史に何を求めるのかは、その国の国民が決めることです。事実を尊重する日本人は、世界の中では割と少数派です。もちろん、日本人の中にも角度をつけて歴史を歪曲理解している輩はいますが、我が国に害をなす連中ばかりです。

 儒教圏では、大義名分、正邪、体面を重視するため、焚書坑儒が当たり前、歴史は作られるものなのです。自国に不利な事実は歴史から抹消されるのです。これは、中韓だけではありません。いろいろな國で普通に行われています。

 我が国は、むしろ逆ですね。自虐史観を押し付ける某〇教〇とかが、歴史を歪曲し、自国民を自虐史観で染め、弱体化しようとしているわけです。

 文科省にも、その影響力は及んでいるでしょう。児童、生徒、学生の間に刷り込まれた自虐史観を脱却するのは簡単ではありません。自ら関心をもって歴史を勉強し、事実を確認する作業を自ら行わない限り、一生、目が曇ったままになります。

 自国の歴史の正の部分も負の部分も事実として教え、それをどのようにとらえるかは、その人のそれからの人生そのものなのです。重要なのは事実を知っているか否かなのです。

 社会人になって、事実をどのように理解するかは、個人の自由、知識獲得の自由そのものです。曲解した歴史教育は、そのような自由を奪う最悪の所業です。

 酒楽は、曇った眼をクリアにするため、いろいろな本を読みました。そして、徐々に我が国の歴史の実相に近づいて行ったのです。それは驚きと感動と知的興奮の道のりでした。

 長い道です。歴史の理解は、人それぞれであり、同じということはないと思います。歴史の事実は、常に掘り起こされ、そのたびに歴史的事実は書き換えられ、歴史認識も変わっていきます。

 いろいろな情報に触れ、「そんな理解があったのか」という知的刺激をいつも受けています。歴史とはそういうものだと思います。酒楽は。

 柄にもなく、自分のことをいろいろ書いてしまいました。でも、ブログを始めたきっかけは、実はこういうところにもあったのです。オリジナルや個性が重要だと思うし、自分の考えは他人と違うわけだし、それだけで個性があり、オリジナルなものだと思います。

 いろいろなブログを読み、感心しています。賛同したり、反対したりもしますが、全て同じということはありませんね。

 一時かなり過激に記事をアップしていましたが、最近は、淡々と事実と自分の考えを表明しようと思っています。

 読者を意識しますが、意識しすぎると、書きたいことも書けなくなります。言論の自由は、大切だと思いますが、全てを書けるわけではありませんね。そう言う意味では、過去記事に、酒楽の失敗の跡が死屍累々積み重なっています。

 削除しようかと思ったこともありましたが、自分の歴史を削除するのも、やはりしてはいけないことだと思い、そのままにしてあります。素のまま読んでいただければいいと思います。酒楽は、聖人君子ではありませんので。

 長くなりました。この辺で今日は終いにします。゚
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事