プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

戦わない自民 国民を愚弄する政府

〈独自〉不法滞在の外国人、実刑判決の半数が難民申請 現行法で送還できず
2021.5.18 産経ニュース
https://www.sankei.com/politics/news/210518/plt2105180041-n1.html

入管法改正断念、衆院選と都議選への影響懸念 自民内から不満も
2021.5.18 産経ニュース
https://www.sankei.com/politics/news/210518/plt2105180035-n1.html

 産経ニュースから2本の記事を引用した。

 最初の記事は、入管法改正の意義について解説している。問題の所在は明らかであり、入管法を改正するのは当然だと酒楽も思う。

 二つ目の記事は、その入管法改正を断念した政府・自民党について報じている。

 最初の記事のように、入管法は改正する必要がある。法の不備を改正するのに基本的な問題はない。

 問題は、二つ目の記事だ。政府は、入管法改正を断念したとだけ発表しているが、明快な理由は明らかにしていない。そこに大きな問題があると酒楽は思う。

 「(入管施設収容中だったスリランカ人女性の死亡事案について)真相を究明しなければならない。今国会でこれ以上審議を進めないことも一つの選択肢だ」
 自民の森山裕国対委員長は18日、改正案の採決を見送る理由をこう説明した。女性の施設内での様子を撮影した映像開示を求める野党との対立激化は、他の法案審議にも影響を及ぼす。衆院での採決が国民に「強行」と映れば、参院での審議で野党側が抵抗の度合いを強めることも目に見えている。


 スリランカ人女性の死亡事案で一体何が起きたのだ?上川法相は、当初遺族と会うのは適当ではないと言っていたはずだが、会うことになったようだ。

 いったい何が起きているのだ?法相が前言を翻したのには理由があるはずだが、政府は明らかにしない。

 さて、推測だが、入管でミスがあったのだろうと思う。無いのなら、野党の要求通り、映像を提供すればいいだけの話だ。だが、映像提供に政府自民党は抵抗しているようだ。更に、上川法相が前言を翻して遺族に会う。

 政府自民党は、脛に傷を負ってしまったのだと解釈するのが妥当だろう。
脛に瑕

 しかし、政府自民党の傷は傷、入管法改正の必要性は変わらない。政府自民党は触れられたくない傷のために、入管法改正を諦めたのか?まさか、今すぐ改正しなくてもいいという訳ではないだろうな。これまでに法案趣旨説明では、すぐにでも改正する必要があったのではないか。

 だが、改正案は本来、長期化が問題となっている入管施設での収容の適正化を目指すのが狙いだ。これまで「むしろスリランカ人女性のような事案を繰り返さないための法案だ」(与党幹部)と改正案の必要性を強調していたにもかかわらず、成立を断念したことに、あるベテラン議員は「選挙のことばかり気にしている。世論に負けてしまった」と嘆いた。

 記事の最後は上記の文章で締めくくられている。酒楽の怒りはここにある。

 選挙のことばかり気にしている。これには異論はない。当然だ、くらいにしか思わない。問題は、次だ。

 世論に負けてしまった、だ。

 この場合の世論が何を指し示しているのか?おそらく、入管内におけるスリランカ人女性の死亡に政府の瑕疵があったのだろう。そしてその事実を抱えながら、改正案を採決することは、「強行」と映る、ことを恐れたのだ。

 国民を愚弄するにもほどがある。入管法は改正する必要があるのだろ?それを採決するのに何の問題があるのだ?

 政府に瑕疵があるのと、法案改正の必要性を天秤にかけ、改正を諦めたと?こういうことだろう。

 世論は、立民や公明の言うことなどへっちゃらで、気にもかけていないぞ。さっさと改正してもらいたいとほとんどの国民が思っているぞ。そんなこともわからないのか?国民がそれほどバカだと思っているのか?

<PS>
 考え方が昭和チックなんだよな。違うんだよ。国民は、少々の傷をものともせず、堂々と正論を押し通し、正面突破を図って国民に信を問う、そう言う政府を望んでいるんだよ。何故わからない?

 そういう姑息な態度が支持率低下の原因なんだよ。考え方が真逆だ。立民の態度に国民は辟易しているのだ。だから、政府の支持率が下がっても立民の支持率が上がらないのだ。そんな簡単なこともわからないのか?

 森山国対委員長は阿保だな。憲法審査会における野党意見の丸吞み発言と言い、ずれにずれまくっている。そして、政府自民党はそれを良しとして却下しない。馬鹿野郎だな。

 それで国民の支持を得たつもりか?逆だよ。国民は、あきれてものも言えない状態だ。戦おうとしない腰抜け自民党をどうやって支持しろというのだ。

 それでもね、菅さんを支持しますよ。酒楽は。何故って、他に選択肢がないからだ。太陽が西から昇っても立民は支持しない。

 もう少し、有権者を信用したら如何か?そういう上から目線の言い方は、馬鹿丸出しだぜ。世論に負けた?ふざけんな!馬鹿につける薬が無いとはお前らのことだ。

 自分可愛さに国益を毀損する輩に国会議員をやる資格はないぞ。恥を知れ!
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事