プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 真正保守政治を確立する。中国・韓国・国内敵性勢力から日本を守る。日本人の誇りを取り戻すブログ。
 ミリオタ。自衛隊応援ブログです。酒楽と申します。記事をアップする毎に小生の正体がだんだん明らかになると…思います。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

超人的な認知

 先日、「脳のチップとコンピューターが連動 マスク氏がブタでの実験を披露」という記事がBBCその他からリリースされた。

 アメリカの起業家イーロン・マスク氏は29日、脳にチップを埋め込み、コンピューターと連動させる技術を発表した。オンラインで行われた会見では、ガートルードと名付けられたブタでの実験の成果が披露された。

 マスク氏が所有するスタートアップ企業「ニューラリンク(NeuraLink)」は、昨年に臨床実験も開始している。
 
ニューラリンクの技術では、頭蓋骨に埋め込んだチップから神経の動きをコンピューターやスマートフォンに伝え、操作することを目指している。
 マスク氏は、この技術がゆくゆくは認知症やパーキンソン病、脊髄損傷といった症状の治療に役立つと話している。

 一方で長期的な目標として、マスク氏は人工知能(AI)の打倒を上げている。AIが強力になりすぎて人類にとって有害になる事態に備え、「超人的な認知」の時代を築くと述べている。


 さて、画期的な実験です。この実験の最終目標は、コンピュータと生物(つまり人間)の脳を連結させるというものです。何故って?米国の著名な発明家レイ・カーツワイルがそう言っているからです。
 少々説明が必要ですね。

 レイ・カーツワイルは、現在、グーグルの研究開発陣の中に所属しているようです。
 彼は、2007年に「ポストヒューマン誕生」という本を著しています。それによると、遅くとも2045年までには、コンピュータが人間の能力を超越するだろうと予言しています。これを技術的特異点(シンギュラリティ)と言います。それ以降、人間がいくら努力してもコンピュータに追いつくことはできないと。

 チェス、将棋、囲碁が次々にコンピュータに追い越されたことを考えると、ほぼ間違いないでしょう。ですが、カーツワイルは、このようにも発言しています。人類とコンピュータは、融合する、と。

 これは、どういうことかというと、人類は、脳内にチップを埋め込んだり、その他の方法で、生物学的脳から、いずれ、コンピュータと同じ、電子脳になり、コンピュータと一体化する、というものです。要するに、一方的にコンピュータが、人間を支配するようなことにはならず、いずれ、人類は電子脳になり、コンピュータと共存する未来が訪れるという訳です。イーロン・マスクのいう「超人的な認知」とは、おそらくこのことを意味しています。

 何を言っているのか、よくわかりませんね。聞き流してもらって結構です。これは、酒楽のオタク的世界なので。

 昨年、グーグルは、量子コンピュータの試作に成功し、これまでのスーパーコンピュータの性能を圧倒的に凌駕することに成功しました。カーツワイルは、近年、当初の予想を前倒しし、特異点は、早ければ、2020年代末にも訪れるかもしれないと発言しています。もうすぐそこです。驚きです。

 今回のイーロン・マスクの実験は、カーツワイルの予想が現実になることを予想し、それに向けて研究開発を続けていると解釈するのが妥当です。グーグルと、イーロン・マスクの開発競争はますます激化するでしょう。実現しようとしている目標は異なりますが。すると、技術的特異点は、カーツワイルの言うように予想よりも早く訪れるかもしれません。それがいつになるかは、誰にも予想できないと思いますが、訪れた後の世界もまた予想は不可能です。かつて、WIERD.jpというサイトに興味深い記事を見つけました。今もあるかどうかわかりませんが。

 特異点を超えたコンピュータから、人間を見ると、人間が猿を見るのと同じだと。最早、人間には理解の及ばない者が出現するだろうという訳です。

 これ以上のコメントは控えます。どのような未来が訪れようと、私は好奇心を失うことはできません。近い未来に何が起きるのか?関心があるのは、人間として当然だと思います。

 提供は、お気楽酒楽でした。

↓人気ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント