プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

愛される中国

中国船4隻が尖閣領海侵入 機関砲?搭載 2021/6/16  産経ニュース
https://www.sankei.com/article/20210616-66MROYTHGRKDXLBEFVKEUESGLI/

中国軍機が台湾防空圏入り 戦闘機など計28機2021/6/16 産経ニュース
https://www.sankei.com/article/20210616-7AIQLAW47NMY5PANCLGHPTFWRA/

中国報道官「米国は病気だ」とG7に反発2021/6/16 産経ニュース
https://www.sankei.com/article/20210616-AO24MWEDJVMFHFZ6BBJVDIWYOM/
趙立堅
 6月16日、中国船4隻が尖閣領海侵入、中国軍機が台湾防空圏入り 戦闘機など計28機 1日としては過去最多、中国報道官「米国は病気だ」とG7に反発。

 これは、6月16日付、産経ニュースに掲載された中国関連の記事だ。

 中国は、わかりやすい国だ。G7で、主要先進7か国が挙って、中国を名指しで非難し、台湾を擁護する姿勢を示したことに対し、中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は15日の記者会見で、新疆ウイグル自治区の人権問題などを明記した先進7カ国首脳会議(G7サミット)の首脳声明について「米国など少数の国が、人為的に対立や溝を作り出している」と強い不満を表明した。

 中国の戦狼外交は一貫している。

 だが、先日、戦狼外交とは相容れないニュースが世界を驚かせた。習近平中華人民共和国主席が「愛される中国を目指せ」と指導したからだ。

「愛される中国」目指せ 習氏、イメージアップ指示2021年06月06日 jiji.com
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060500299&g=int

 これがその記事だ。この記事は、英BBCをはじめ、各国の主要メディアが伝えたので、世界的な大ニュースである。

 世界中が耳を疑った。愛される中国?習近平は気が狂ったか?と誰もが驚く記事だ。中共当局の現状は、愈々世紀末的様相を帯びてきたと酒楽は思っているが、これについては、後日、改めて稿を起こし、検討してみたい。

 だが、少し早すぎるが結果が出ている。愛される中国など所詮絵に描いた餅で、実現不可能なのだ。

 事実が証明している。尖閣に機関砲を搭載した中国海警局艦船が4隻侵入し、同じ日に、台湾の防空識別圏に中国軍機28機が侵入した。

 そして、極め付きは、これだ。G7声明に対し中国外務省趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は、米国に対する強烈な不満を表したのである。

 愛される中国発言は、6月6日であり、強烈な不満も、台湾防空識別圏への侵入も、尖閣へ領海侵犯も6月16日だ。

 おい、主席さまは、愛される中国を指導したのに、何をやっているのだ?

 やはり、予想した通りだ。習の指導は、無視されている。いや、部下はよくわかっているのだ。習主席の真意を。愛される中国など荒唐無稽、実現不可能なのだ。そんな指導を真に受けて、台湾への威嚇をやめ、尖閣には行かず、G7声明には無視を決め込めば、自分の首が飛ぶと。

 当たり前だな。これが中国というものだ。いや、独裁政権の本来の姿というべきだろう。中国だけに限らない。どの独裁政権でも似たようなことになるのだ。独裁下における官僚は、どうやって、生き残るか、だけを考えているのだ。

 独裁者の言うことはころころ変わるのが常だ。それにいちいち付き合っていたら、命がいくつあっても足りない。独裁者の真意を理解している者だけが生き残る世界なのだ。

 だから、習近平の「愛される中国」については、「わかりました。仰せの通りに致します」と答えるのが正解なのだ。ただし、ほんのちょっとした実績だけを作り、あとはだんまりを決め込むのだ。

 主席に聞かれたら、「かくかくしかじかこのように致しました」と答えればいいのである。まず、聞かれることはないと思うが。これが、中国における優秀な官僚の処世術なのだ。

 もっとも、我が国の官僚も同じようなものだと思うが。

 さて、愛される中国は、G7に強烈な不満を抱き、大々的に不満を表明した。これで、中国は、愛されるどころか、ますます世界中から嫌われるだろう。

 戦狼外交こそが中国官僚の生き残る道なのだから中国は、いくところまで行くだろう。大日本帝国が昭和20年の敗戦まで突き進んだのも、似たようなものだ。それは、皇帝による独裁と軍部独裁の違いだけでしかない。

 独裁政権に政策の幅はない。行き着くところも同じだ。支那四千年の伝統なのだから致し方ない。彼らには、今更軌道修正する自由はないのだ。

 習は、やりすぎたのだ。江沢民や胡錦濤のように2期10年で後進に道を譲る勇気があれば、生き残るために、国家の行く末に対しても、一定の歯止めをかけるものなのだ。

 習は、権力固めをするために、政敵を粛正した。しかも大量に、徹底的に。これでは、後進に道を譲るわけにはいかない。譲った瞬間に自分の首が飛ぶからだ。習は、自らを雁字搦めにしてしまった。行くところまで行くしかない。中国共産党と中華人民共和国を道連れにして。

 暴力大国アメリカ合衆国は、中共と同じ、力を信奉する国家だ。古代ローマを彷彿とさせる世界最強の帝国だ。中国は、米国の敵ではない。あっけなく滅亡するだろう。ソ連が消滅したように。

 ただ、米帝の首領がバイデンだということだけが不安の種だが。

 愛される中国は、米帝の餌食となるだろう。
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

判断基準を持たない総理大臣
国民民主党の経済政策を支持する
靖国参拝が国を救う
台湾海峡を航行できない海上自衛隊
悲しき眞子内親王殿下
中国に屈し続ける現職総理
庶民の幸せ
日本の財政は破綻するのかしないのか?
祝 防衛費2%超 自民公約
世論調査の公平性を担保せよ
日本の癌 公明党・国交省
メディアと野党のご都合主義
分配総理が株価暴落を招く
胎動する台湾危機
憲法96条の足枷を外せ
危機の沖縄
空母機動艦隊復活
潜水艦 日豪仏それぞれの誤算
岸田内閣の問題点
示唆に富む豪の対中政策
敵基地攻撃能力
岸田総裁に安倍晋三を見る左翼
財政出動が日本を救う
写真で見る防衛省自衛隊 令和3年9月
次善の結果を寿ぐ
道すがらエッセイを読みながら
新総裁に望む
権力闘争
希望の星・高市 国益を毀損する河野
政治家 高市早苗
政治家 河野太郎
中国が招く中国包囲網
国家の独立と尊厳とは何か
民主主義国家クラブ
覇気失えば日本は生き残れない
共産党は破防法調査対象団体
河野家三代
防衛費は増やさざるを得ないものなのか
総理総裁に必要な資質
保守の本能
河野太郎は変節したのか?
国家機密
米国の傲慢
ネズミ捕り
金日成の亡霊
核融合実用化へ大きく前進
不自由の国フランス
焚ゲーム坑儒
君は国のために戦うか?
一時金を受け取っていただくよう説得すべき