プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

焚書坑儒

人民は祝福しているのか?中国「建党100周年」のピリピリムード
言論を徹底統制し、祝賀行事は厳戒態勢
2021.7.1(木) 福島 香織 JBpress
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65904

 習近平は今年、建党100年記念にちなんだ中国共産党簡史を出版したが、そこでは大躍進や文化大革命に対する記述が大幅に縮小された。第6章の「社会主義建設は曲折しながら発展した」という一節の中で、簡単に触れられているだけだった。習近平は文革について、鄧小平の「毛沢東の重大な過ちであった」という認定を否定しようとしている、とみられている。これは一種の歴史の改ざんではないか。



 福島香織氏は、石平氏と並ぶチャイナウオッチャーの第一人者である。酒楽は、福島氏の記事を毎回楽しに見にしている。

 今回、中共建党100周年に当たり、酒楽も二つほど記事をアップしたが、予想した通り、福島氏も新記事を配信してくれた。相変わらずの慧眼である。

 その中で注目した箇所は、上記に抜粋した。それは、本記事の主旨の通り、相変わらず支那は、歴史を改ざんし、自分たちに都合のいいように書き換えているということだ。

 今に始まったことではない。支那の歴史書の中では最高の出来栄えと言われている史記でさえも、漢帝国の恥部については筆致を抑えていると歴史学者は分析している。

 それはそうだろう。史記の作者 司馬遷は、李陵を弁護したため、漢帝国第五代皇帝武帝の逆鱗に触れ、宮刑という辱めを受けたのである。男性としては、宮刑を受けるくらいなら死を賜る方がいいと思う者もあったという。

 だが司馬遷は、その恥辱に耐え、史記を完成させたのだ。しかも、遺族に対し、自分の死後迄公開を禁じている。それは、漢帝国にとって、書いて欲しくないことを書いているからだ。自分と一族に難が降りかからないように備えたということだ。

 だが、それでも事実を全て記述したわけではないと専門家が分析している。それは、他の歴史資料と突き合わせて明らかに誤っている箇所があるということと、敢て触れていない事実がある、ことだそうだ。酒楽は歴史学者ではないので、その真贋を判定する力はない。

 だが、福島氏の論考を読めば、現在に至るも相変わらず歴史の改竄を行っているのだ。これでは、文明も文化も継続される可能性はない。だから「支那四千年の歴史」というのはそもそも嘘なのだ。

 歴代王朝は、歴史が断絶しているのだ。易姓革命の国で、歴史が継続するわけがないではないか。前王朝は、悪政を行ったため、次の王朝が天命を受けて前王朝を亡ぼし、新しい王朝を開くのが、易姓革命というものだ。

 そして、前王朝の歴史を記述するのは、次の王朝の仕事となる。従って、前王朝の末期は、悪政でなければならないのだ。そうでなければ易姓革命が嘘だとばれてしまうからだ。王朝の正統性を保つために、歴史は作られるのだ。福島氏の言葉を借りれば、歴史が改竄されるのである。

 その現実を今回福島香織氏が詳らかにしてくれた。現政権に都合の悪い書類や歴史は抹殺されなければならないのだ。そして、それに抵抗する者、真実を明らかにしようとするものは、易姓革命の敵なので、抹殺されなければならないのだ。

 歴史の事実を記した書物は焼かれ、歴史の真実を主張する者は、坑(あな)に埋められる運命にあるのだ。これを焚書坑儒という。

 支那に伝統があるとすればこれだ。王朝が代わろうが変わらないもの、それが焚書坑儒だ。そして、もう一つある。ルールの無いのが唯一のルールだ。この二つが、支那の伝統である。二つ目は、酒楽の主張だ。

 支那の民に善悪という概念はない、と酒楽は思っている。そんなことを信じていたら支那の地で生きていくことはできない。客をもてなすために妻を殺して食卓に供するのが支那なのだ。日本人には理解できないだろう。だがこれは事実だ。歴史書に普通に書いてある。

 それ以外にも日本人や普通の人間には信じられない蛮行がオンパレードだ。それが支那の伝統なのだ。人が溢れ、食は豊か、必然的に激烈な競争社会である。残念ながら、農業に適さないヨーロッパは、支那に比較して大人口を養うことができなかったため、それほど激烈な生存競争にはならなかったのだ。だから、法治が生き延びだのだ。

 支那の民のために弁護するならば、人が多すぎたために、法治などかまっていたら、生きていけない世界が支那なのだ。だから、ルール無用のサバンナが支那なのだ。

 そして、変化に対応できたものだけが生き残っていける社会になったのだ。それは、仕方のないことなのだ。人間も生物なのだ。生きていくために、他人を殺さなけれなばならない非常な社会、それが支那なのだ。

 だから、歴史を改ざんしても、儒者を坑に埋めても平気でいられるのだ。それが支那人というものだ。だから、焚書坑儒は今も生きているのである。


 中国人が信用しているのは仲間内だけだ。仲間内なら嘘をつく必要はない。それ以外は基本敵だ。敵に嘘をつくのは当たり前、騙される方が悪いのだ。

 人民は祝福しているのか?と問われれば、恐らく誰も祝福はしていないだろう。では中共政府の対外拡張戦略を支持していないのかと言えばそれは違う。支持しているだろう。利害の敵対する集団が競争しているのは、中国国内ということだろう。対外国ということになれば、利害は一致している可能性が高い。

 だから、過酷な強権政治を敷く共産党政府と言えども、利益を得られると思えば、黙って従うのだ。彼らは利に聡いのだ。利益のためなら、なんでもするのが支那の民だ。

 その代わり、利が無いと思えば、さっさと逃げるのである。習がこぶしを振り上げても、大きな反対が無いのは、独裁政治、強権政治の故であるが、そこに利益を見ているのだ、支那の民は。利のある所に蠢くのが支那人なのだ。

 支那の民のために、利を生み出すことができなくなった時が、中共政権が終焉するときなのだ。習は、だから進まねばならないのだ。利を求めて。恐ろしい民族だ。
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

庶民の幸せ
日本の財政は破綻するのかしないのか?
祝 防衛費2%超 自民公約
世論調査の公平性を担保せよ
日本の癌 公明党・国交省
メディアと野党のご都合主義
分配総理が株価暴落を招く
胎動する台湾危機
憲法96条の足枷を外せ
危機の沖縄
空母機動艦隊復活
潜水艦 日豪仏それぞれの誤算
岸田内閣の問題点
示唆に富む豪の対中政策
敵基地攻撃能力
岸田総裁に安倍晋三を見る左翼
財政出動が日本を救う
写真で見る防衛省自衛隊 令和3年9月
次善の結果を寿ぐ
道すがらエッセイを読みながら
新総裁に望む
権力闘争
希望の星・高市 国益を毀損する河野
政治家 高市早苗
政治家 河野太郎
中国が招く中国包囲網
国家の独立と尊厳とは何か
民主主義国家クラブ
覇気失えば日本は生き残れない
共産党は破防法調査対象団体
河野家三代
防衛費は増やさざるを得ないものなのか
総理総裁に必要な資質
保守の本能
河野太郎は変節したのか?
国家機密
米国の傲慢
ネズミ捕り
金日成の亡霊
核融合実用化へ大きく前進
不自由の国フランス
焚ゲーム坑儒
君は国のために戦うか?
一時金を受け取っていただくよう説得すべき
習近平の苦悩
日台議員外交
焚歌坑儒
自民党総裁の迷走
外務省の存在意義
沸々と煮えたぎる大和