プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 真正保守政治を確立する。中国・韓国・国内敵性勢力から日本を守る。日本人の誇りを取り戻すブログ。
 ミリオタ。自衛隊応援ブログです。酒楽と申します。記事をアップする毎に小生の正体がだんだん明らかになると…思います。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

金は天下の回りもの

 昨日は、ちょっと涼しい一日でしたね。少々時間があったので、職場の界隈を少しだけ散策してみました。

 やっぱり、少しだけでも歩くのはいいですね。散歩しながら、ゆったりと街の移り変わりを眺めていると、日常を忘れることが出来て、心も体もリフレッシュできます。これが、散歩のいいところです。


 ここ半年ほど、宴会はほぼありません。大半は、仕事関係の宴会なので、無くなって、ほっとしています。でも友人と飲む楽しい宴会も出来ないのはつらいですなー。

 おっ、ちょっと一杯やってこうか?というのは、サラリーマンの密かな楽しみです。そして、どーでもいいことをしゃべりながら飲むのは、無上の快楽です。女性のように、お菓子でも食べて、お茶しながら、おしゃべりしていればいいという訳にいかないのですね。そこには、潤滑油として、お酒がなければならないのです。ビールでも、焼酎でも、お酒でもいいですが、何かしら口を滑らかにするものが必要なのが男という生き物です。

金は天下の回りもの

                   
イメージです。現実とは違います。

 まあ、弱い生き物なのですね、男は。酒の助けを借りないと生きていけないのですよ。そこを女性は理解しないといけない。それがこの世の真理というものです。あるいは正義とも言います。おっ、だいぶテンションが上がってきたぞ。よーっし、飲みに行くか!こう言ってみたいものです。菅さん、よろしくお願いしますよ。

 平日、飲まない日々が続くと、体は健康になります。非常にいいことです。にょうぼも喜んでいます。いいことずくめです。お金も減らないし。←これが一番かな。ですが、何となく物足らないのですよ。生活に張りがないというか。世の中全体が沈滞しているようで、そこは嬉しくありませんね。金は天下の回りものです。使うことで、関わる人みんなが幸せになるのですね。

 そういう意味では、緊縮財政を一時中断して、消費税を期間限定で税率ゼロにするというのは、今、一番待ち望まれている政策でしょう。いくら、日銀の黒田総裁がバズーカを打っても、財務省が増税してブレーキを踏んでいるわけです。

 アクセルとブレーキを同時に踏むのは、馬鹿なのです。それを日本政府はここ何年か実行しているわけです。あるべき姿は、インフレ率2%、これです。それには、金融政策と財政出動が必要です。

 インフレ率2%が何故必要なのか。簡単です。毎年2%のインフレになれば、物価が上がります。物価が上がれば、給与も遅れて上がります。上げないと生活できないから、企業は、いやでも上げざるを得ません。もちろん、企業の売り上げも収益も上がっていることでしょう。何故なら、インフレになると、値上がりが怖いので、大衆は、安いうちに物を買うようになるからです。メーカーの売り上げは上がるでしょう。メーカーの売り上げがあがれば、銀行はいくらでもお金を貸します。それで設備投資します。経済は好循環になるわけです。

 当然、税収が増えます。そして何より、物価が上がるということは、お金の価値が下がるということです。イコール、借金が減るということです。税収が増え、借金が減れば、国の財政収支は格段に向上します。国の債務は、こうして減らしていくべきだというのが、2%インフレ論です。

 これが王道です。緊縮財政は、馬鹿の理論です。もう一度言いましょう。金は天下の回りものです。これでみんなが幸せになるのです。

 おー、涼しい一日だったのに、最後は、熱くなってしまいましたね。どうですか、みなさん?酒楽の意見にご賛同の方は、ポチッとお願いしますよ!

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント