プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

弾の捜索

 弾の捜索の続きです。弾の捜索は、楽しい話ではないですが、ご容赦を。

 広い演習場のとある領域、が弾を紛失した地域だということです。隊員は、横一列になって、進みます。地面を見ながら。

 するとですね、戦車とか、装甲車とかが走った跡があったりするわけです。戦車は、30~50トンの重量があります。キャタピラです。そういう重装甲車が走った跡は、地面が押しつぶされて、キャタピラの軌跡が残っているのです。

 嫌な予感がするでしょ?もしかして、弾が戦車に押しつぶされているかも?地面に深くめり込んでいたら・・・。そう思いますよね。それは悪夢です。

 次。防御陣地で失くしたようです。防御陣地って、穴を掘る訳です。隊員さんが。掘ったら埋めます。これも嫌な予感がするでしょ?

 悪夢は現実になるのです。「穴を掘り返して探せ!」中隊長の無慈悲な号令が響き渡るのです。さっきまで守っていた陣地は、きれいに埋められて、次の訓練に支障が無いように、整地されています。そこをもう一度掘れと(°_°)仕方がないので掘ります(;_;)

 失くした後、雨が降っていることもあります。雨?嫌な予感がするでしょ?捜索地域に到着すると、雨で地面がぬかるんでいます。一面泥水に覆われている箇所も多数あるのです。ここを探せと(゚д゚)探します(T_T)

 まあこういった悲劇があちこちで起きているわけです。やらされる方はたまったものではありませんが、命令する方もたまったものではありません。命ずる中隊長にも上官がいます。連隊長が。連隊長は鬼の形相で中隊長に命ずるのです。「絶対に見つけろ」と(`o´)

 何故って?連隊長にも上官がいるからです。師団長が。師団長ももっとすごい形相で「探せ、そしてて見つけろ」という訳です
(♯`∧´)。

 師団長の後ろには、方面総監が「今か、今か」と発見の報告を待っているのです。(*`皿´*)ノ

 そして総監の後ろには…。

 早ければ数時間後、遅ければ数日後、「発見!」という報告が届くわけです♪

 さて、ここからが結論です。確かに抑止力向上につながるでしょう。でもですね、自衛隊は、弾を捜索するために存在するのではありません。弾を紛失してはならないのは当然です。でも、そのために1個師団を動員して、数日かけて捜索するほど重要なことなのかと?

 えっ、今まで言ってきたことと違う?そうです。自衛隊は、それほど暇ではありません。それでなくても訓練に充当できる時間は限られているのです。 
 
 では何故そこまでして捜索するのかと言えば、国民に対する責任です。あるいは納税者に対すると言ってもいいかもしれません。国費で活動している自衛隊は、ゆえなく物品を無くしてはならないのです。当然すぎるくらい当然です。

 そこまでして捜索する別の理由もあります。メディアが格好の材料として自衛隊を攻撃するからです。そりゃ、失くした事実は厳然としてあり、捜索して回収するのは当たり前です。

 では、これまでは、数日くらいの単位で発見されてきましたが、1週間、2週間、1か月経過しても発見できなかった場合はどうでしょう?それでも捜索させますか?

 これは、判断基準の問題です。自衛隊が国の組織であり、自衛隊法、物品管理法、会計法を順守しなければならないからです。

 仮に数か月、師団規模で捜索する事態を考えれば、事態の深刻さが理解できるでしょうか。

 陸自ではなく、海上自衛隊ならどうでしょう。間違えて武器弾薬を海上で紛失したとしましょう。海に落ちた可能性があると。海上自衛隊も全力で捜索するでしょう。数か月捜索するとして、訓練やオペレーションに重大な穴が空くはずです。

 これは、国の安全保障に直結します。そういうことなのです。ことは、弾一発の捜索ではないのです。捜索するのは当然としても、どこかで線引きをする必要があると酒楽は思うのです。自衛隊は、弾を捜索するために存在するわけではないからです。

 現状は、弾の捜索至上主義なのです。危険です。まあ、当事者の責任が問われるので、こうなるのでしょうが、国家の安全を考えると、捜索に全力を傾けるのは、本末転倒なのではないかと酒楽は思います。

 期限を設けるべきでしょうね。闇雲に捜索するのには反対です。

 酒楽が若い頃。
訓練後、ソイツが「薬莢がありません」
一同無言。
教官「探せヽ(#`_つ´)ノ

30分後。「あった!」
一同「やったー!。
見つけた隊員「けど随分古いな・・・」
すると一同がよってたかってソイツを羽交い絞めにし、口をふさいで
「馬鹿やろ、古くてもいいんだ、あれば、余計なこと言うな」

教官、ありました♪
おっそうか、撤収!
訓練は無事終わったのでした。

 まあ、こんなやり取りがありました。交付された空砲は新品。当然、空薬莢も新品なので、金ぴかに光っている筈です。でも見つかったのは、茶色に変色した見るからに古そうな空薬莢…。でもこれでいいのです。員数さえ合えば♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

 自衛隊の現場はこんなもんで、つらいことも笑ってすましてしまうのです♪


↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事