プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

ひたひたと迫る韓国

日本政府、文大統領が訪日の場合、韓日首脳会談を検討=日本メディア
ⓒ 中央日報日本語版2021.07.08 10:25
https://japanese.joins.com/JArticle/280544

 ムン大統領が日韓首脳会談を切望している。そしてその理由は、以下の通りです。

菅首相に粘着する文在寅 ”蚊帳の中”にもぐりこみたい韓国、「左派政権駆除」に動く日米
鈴置高史 半島を読む 国際 韓国・北朝鮮 2021年6月21日掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2021/06211701/

 韓国ウオッチャーの第一人者、鈴置高史氏の論考は、何時読んでも示唆に富む良質な記事です。酒楽のような素人の浅はかな考えではなく、本格的な外交評論家の論説、韓国研究の第一人者というべきでしょう。

 そこで、鈴置氏の記事を読めば、酒楽の言い分は埋もれてしまいます。しかしですね、素人には素人の言い分もあろうと考えている次第です。従って、鈴置氏の論考を前に、恥ずかしげもなく素人考えを記してみようと思う次第です。

 ムン君が、東京オリンピックを利用して来日し、菅首相と首脳会談を望んでいるのは周知の事実です。ではなぜ、それほど首脳会談を望んでいるのか、その理由は何でしょう。

 ムン君の命がかかっているのはその通りでしょう。あれほど高かった支持率は、今では見る影もなく、このまま退任すると監獄行き確定です。ムン君の意中の候補が大統領に当選しない限り。

 だが、与党候補の中にもムン君を犠牲にしてでも当選を狙っている候補者がいる現在、ムン君が自分の命を守るためには、韓国人の誰もが認めるレジェンド的な政治的成果が無ければなりません。

 もはや、後継候補に期待できないのですね。しかも、前検事総長が有力候補になっている現在、ムン君の命は風前の灯火です。何とかして、成果を得なければなりません。それは何かといえば、一つは鈴置氏の論考にあるように、北朝鮮政策にムン大統領が関与して、成果を上げることです。

 そしてもう一つは、日本からの譲歩を引き出すことです。ムン君の4年にわたる外交を見ていて感じるのは、下からの積み上げが芳しくなくても、首脳会談で、一対一で話しあえば、必ず成果を得ることできるという信念のようなものがあることですね。

 それは、安倍前総理にまとわりついて何とか首脳会談を行った行動が象徴しています。だが、成果と言える成果を上げることはできませんでした。それは、相手が悪かったのだとムン大統領が考えていたとしても当たらずと雖も遠からずだと思います。

 菅総理大臣と一対一で話しあえば、いつものように、必ず日本から一定の譲歩を引き出し、韓国の外交的成果を得ることができると、ムン大統領が考えていると酒楽は思います。

 成果物として考えているものには、いくつか候補があるでしょう。

 一つ目。対韓国輸出管理の厳格化措置を撤廃させること。世耕前経産相の塩対応は拍手喝采でしたね。韓国は今でも日本の輸出規制だと非難していますが、輸出管理の厳格化です。

 韓国としては、日本から技術的に独立するのだと息巻いていますが、その道は困難で、未だに日本に依存している現状に変化はありません。なので、この管理の厳格化を白紙に戻すことができれば、韓国経済に明るい兆しを見ることが可能になるのです。ぜひとも実現した案件でしょう。

 二つ目。自称元徴用工裁判で韓国が譲歩するので、日本も譲歩してもらいたい。具体的には、徴用工が事実であったことを日本が認めることを指します。これは、河野談話と同じ構図ですね。河野洋平は、この韓国の要望にまんまと乗せられ、「そういうことです、そういうことがあったということです」という嘘を言い、日本人の尊厳を踏みにじりました。

 ムン大統領は、自称元徴用工についても同じことを考えている筈です。日本の総理大臣が認めた、という事実が欲しいのです。それは、以後永遠に韓国の武器になるからです。絶対に認めてはなりません。

 ムン大統領は、併せて日本からの大規模な経済援助も要求するかもしれません。自称元徴用工裁判をやめるからという名目で。これなんかも十分ありうる要求でしょうね。

 三つ目。慰安財団を元に戻すので、再度河野談話を確認してもらいたい。これは決定的ですね。これをやったら菅さんは〇刑ですね。まあ、そんなことにはならないでしょうが。韓国なら、ぬけぬけと要求してもおかしくはない。何度も謝罪のお代わりをしている韓国ですから。

 そして四つ目は、その謝罪です。日本からの真の謝罪を受けることは、韓国大統領の第一の成果なのです。全斗煥も盧泰愚も金大中も金泳三も、歴代大統領は、日本からの真の謝罪を要求してきました。ここのところ謝罪は行われていません。だから、久々に、日本からの謝罪を引き出せば、ムン大統領のレジェンド的成果になることは間違いありません。

 水面下で下手に出て、とにかく、公衆の面前で謝罪してください、これで最後ですから、というのが韓国の常套句ですね。それに何度も騙されてきたのが日本の歴代政権です。

 でももう騙されないでしょう。この四つの成果は、ムン君が密かに狙っていると思います。そのための日韓首脳会談なのです。表に報道されなくても、韓国が日韓首脳会談を行ったという事実を根拠に、あることないこと言い触らすのは目に見えています。とにかく、首脳会談を行った事実が重要なのです。

 内容は何とでもいうことができるのです。そうやって、何度も日本を騙してきたので、今回も同じ手を考えているでしょう。

 これが酒楽の予想です。懐に入りたいというのは、鈴置さんと同じですが、期待している内容は異なります。ホントか?と思われるでしょうが、この中の何点かをムン君は狙っていると思います。韓国側の狙いをはずためには、日韓首脳会談に応じないことです。応じたら負けです。

 毎日新聞が既に動いているようです。ほかにも動き出すでしょう。負けてはなりません。首脳会談には、絶対に応じてはなりません。頼みますよ、菅さん。

 ムン君もしつこいね。まあ、命がかかっているから必死なんでしょうが。それにしても日本政府の毅然とした対応には目を見張るものがありますね。かつての謝罪外交、弱腰外交は影を潜め、真っ当な対韓国外交になってきています。

 頑張ってもらいたいものです。
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

固有の領土という幻想
蘇る日英同盟と大陸封鎖
40年来の新戦術
1周年です
日韓両政府仮想問答集
中国が日本に核恫喝!
米中外交戦
融和か戦略か
韓国選手団が選手村に「反日横断幕」
現実を白日の下に
民は由らしむべし,知らしむべからず
武士(もののふ)の系譜
日韓双方の望む結末
焚書坑儒
梅雨空の独り言
禁忌を乗り越える菅政権
ひたひたと迫る韓国
日本人の魂を傷つける者
自衛隊に感謝
文治の弱点
韓国人の見る日本
台湾と韓国
「保守」なのに「反日」なのか?
国民に現実を周知するのは為政者の務め
専門家の意見と政治判断が異なるのは当たり前
皇帝への道の裏付け
皇帝の孤独
人民網を支える日本人
旭日旗はなかった
事実を認識できない
日豪台連合
朝日新聞こそ時代錯誤
日本防衛の意志
交戦規定がネガティブリストでなければならない理由
日本人は歴史の舞台に再登場するのか
学術会議の存在意義
台湾の優先順位
男系男子尊重 有識者会議
愛される中国
対韓外交はガラス張りが必須
中国巨大需要の破壊力
大臣が参加しないと意味がない
防衛費を準戦時予算とせよ
台湾における米軍のプレゼンス
予定されている未来
菅総理防衛隊を編成せよ
帝王学を授けよ
自衛官の矜持
少年法の欺瞞
韓国人のレゾンデートル