プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

米中外交戦

米国の次期台湾事務所長にオードカーク国務次官補代理 初の女性
2021/7/8 09:41黒瀬 悦成 産経ニュース
https://www.sankei.com/article/20210708-2BOKXGKVRJJXXPDDIBOY34SFCU/

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国の対台湾窓口機関、米国在台協会(AIT)は6日、次期台北事務所長(大使に相当)にサンドラ・オードカーク国務次官補代理が就任すると発表した。同所長に女性が任命されるのは初めて。

オードカーク氏は、今月中旬に任期満了で離任するクリステンセン所長の後任として、夏に着任する予定という。

国務省によると、オードカーク氏はジョージタウン大外交政策大学院を修了後、1991年に入省し、以前にも台北で勤務した経験がある。現在はオーストラリア、ニュージーランドおよび太平洋島嶼(とうしょ)国担当。

バイデン政権は依然として次期駐中国大使を指名しておらず、大使職はブランスタッド前大使がトランプ前政権下の昨年10月に離任して以降、約9カ月間にわたり空席となっている。
(以下略)

 米帝はさすがだ。台湾を優先し、支那は無視。これほどメンツをつぶされて近平は腸が煮えくり返っているだろうな。

 あっちからチクチク、こっちからチクチク、さすがに米帝は、そつがない。売電は支那に対して弱腰だろうと予想していたが、なかなかやるね。ただ顔が見えない不安がある。

 トランプ政権の場合は、トランプそのものが強烈な個性だったので、非常にわかりやすかったし、ポンペオ国務長官はさらに保守強硬派だった。

 売電政権は誰が取り仕切っているのかよくわからない。ナンバーツーはブリンケン国務長官の筈なのだが、我が国のメディアが報じないのか、存在感が無いのか、ブリンケン国務長官の発言は、我が国で殆ど報じられていない。従って、よく見えないのだ。

 アフガンから米国がようやく撤退するようだ。ブッシュが始めたイラク・アフガン戦争は終わりが見えてきた。それにしても、アフガン政府軍のふがいなさはどうしたものだろう。かつて、南ベトナムが、米軍撤収後、北ベトナムに蹂躙された過去がダブって見える。早晩、アフガンは、タリバンの国になるだろう。

 だがそれが自然の摂理だ。アフガン政府軍の体たらくを見れば、米軍のプレゼンスは、壮大な無駄以外の何物でもなかった。かつてアフガンに侵攻し、手痛い敗北を喫したソ連と同じだ。

 南ベトナムが消え、北ベトナムに統一されたベトナムと米国は、今では普通の国と国のように外交関係を結び、米国の対中戦略にベトナムは密かに感謝しているに違いない。それでいったい何が問題なのだ。今のベトナムは、かつての北ベトナムで、共産主義を標榜する北ベトナムは、米帝にとって、ある意味不倶戴天の敵なのではなかったか。

 それと同じことをアフガンで行い、今また撤退しようとしている。同じ失敗を繰り返しているのだ米帝は。だが、アフガン撤退は正解だ。ただただ赤字と兵士の命を垂れ流しているだけのアフガンに駐留する意味はない。壮大な無駄だ。

 だがアフガンを制するであろうタリバンも早晩同じような運命に見舞われるだろう。アフガンを制することができても、貧しい国であることに変わりはなく、しばらく西側自由主義陣営との経済関係はあり得ないだろうから、主権を確立しても、一体何のために長年戦ってきたのか自問する日も近い。

 他国の内政に関わるのはそれほど難しいのだ。めったやたらと軍事力を行使しても、思う通りにはいかないのだ。その点、古代ローマの対パルティア政策は、素晴らしかった。アルメニアを使って、間接的にパルティア政権に影響力を行使して、国境の安定を図ったのだから。2000年前のローマは大人の国だったのだ。

 さて、表題に戻ろう。台湾に代表を送り、支那では大使不在だ。これほどメンツをつぶされることはないだろう。メンツを重んずる支那には屈辱以外の何物でもない。酒楽が思うに、これは米国の中共に対する挑発以外の何物でもないと思う。かかってきなさいと。

 大日本帝国が大東亜戦争に突入したのとダブって見える。直接のきっかけはハル・ノートだが、そのきっかけを作ったのは南部仏印進駐だ。米国はこれを待っていたのだ。南部仏印進駐後、大日本帝国は後戻り不可能になったのだ。

 同じことを米国は考えているだろう。一つずつ、少しずつ、中共の首を絞め、彼らの退路を断とうとしている。先日、中共結党100周年記念式典で、習近平は拳を振り上げて台湾併合を表明した。米国の思惑通りだ。

 早晩、英国海軍の空母QEが日本にやってくる。そして、日米英海軍の大々的な演習を繰り広げ、中共を刺激するだろう。習近平は動かねばならなくなる。静観を保てば無事だろうが、軍部には突き上げられ、政敵が批判するだろう。いやでも動かざるを得ない。そのように日米英が画策する。

 仮にそう思っていなくても、中共はそう思う。それは、アングロサクソンの思惑通りだ。

 戦争は錯誤の連続だが、外交戦も同じようなものだ。米国が一方的に中国を攻め立てているように見えるが、GAFAやハリウッドは米国における獅子身中の虫だ。トランプは彼らにやられたのだ。そこには、中国の影が透けて見える。同じことは日本にも言えるが。

 主として民主党、GAFA、ハリウッド、LGBT、BLA運動、その他の大きな影響力を米国内で行使しているのが中共だ。米政府は、それら国内の敵とも戦わなければならない。一筋縄ではいかないのだ。

 米国内の敵に比べれば、日本国内の敵は、穏やかなものだ。ワーワー言っているけど、ほとんど負け犬状態だ。産経は珍しく自民党政権と自民党を批判しているが、3か月後には、景色が変わっているだろう。

 ワクチン接種が劇的に進み、感染者も重症者も大きく減少するに違いない。当然、景気も上向き、株価は上昇し、絶妙のタイミングで総選挙を迎えることになるだろう。自民党の圧勝となるかもしれない。

 人々の気持ちなど風向きが変われば簡単に変わるものだ。あまり悲観的に考える必要はないと酒楽は思っている。お盆とオリンピックが過ぎれば風向きが変わるだろう。果報は寝て待てww。

 米国務副長官の動きが気になる。日本〜韓国〜モンゴルを歴訪すると報じられているが、中国への訪問も検討されているようだ。だが、中国への訪問は中止されたとも報じられ、情勢は混沌としているようだ。
 会談する相手のレベルが合わないことが理由らしい。メディアの消息筋によると中国もアメリカもメンツをかけて虚々実々の駆け引きを行なっているようだ。

  売電が大統領に就任してようやく半年ほど経過しているので政権の骨格が出来上がりつつあると思われるが、同盟国との協調姿勢が強調されているだけで、方向性がよく見えない。協調主義は合意形成に時間がかかるので、やむを得ない面があるのだが、結局何も決められない可能性もあって、不安が残る。オバマのように、何も成果が無い、最悪の大統領になる可能性もある。それが我が国の安全保障に悪影響を及ぼさないことを祈っている。

 米中ともに内部に不安を抱えている。だが、資源、エネルギー、技術開発力軍事力、軍隊の実力などを白紙的に比較すれば、米国が圧倒的に有利だ。アフガンからの撤退は、米軍の戦略予備に余裕を生むだろう。

 中国は、性急な軍事力の増強に、訓練も兵站も追い付いていないに違いない。背伸びをすればするほど、足元は不安定になる。人民解放軍幹部は理解しているに違いない。焦点は、中国の経済力成長の鈍化が予想される中、遅れて軍事力の頂点がやってくるはずであり、台湾侵攻をいつ発動するのかの判断は極めて難しい。

 軍事的常識からは、現状、人民解放軍は米軍の敵ではない。そのため、米軍の戦力発揮を中国がどこまで妨害できるかが成功の鍵を握っている。

 しばらく
米中角逐から目が離せない。
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

固有の領土という幻想
蘇る日英同盟と大陸封鎖
40年来の新戦術
1周年です
日韓両政府仮想問答集
中国が日本に核恫喝!
米中外交戦
融和か戦略か
韓国選手団が選手村に「反日横断幕」
現実を白日の下に
民は由らしむべし,知らしむべからず
武士(もののふ)の系譜
日韓双方の望む結末
焚書坑儒
梅雨空の独り言
禁忌を乗り越える菅政権
ひたひたと迫る韓国
日本人の魂を傷つける者
自衛隊に感謝
文治の弱点
韓国人の見る日本
台湾と韓国
「保守」なのに「反日」なのか?
国民に現実を周知するのは為政者の務め
専門家の意見と政治判断が異なるのは当たり前
皇帝への道の裏付け
皇帝の孤独
人民網を支える日本人
旭日旗はなかった
事実を認識できない
日豪台連合
朝日新聞こそ時代錯誤
日本防衛の意志
交戦規定がネガティブリストでなければならない理由
日本人は歴史の舞台に再登場するのか
学術会議の存在意義
台湾の優先順位
男系男子尊重 有識者会議
愛される中国
対韓外交はガラス張りが必須
中国巨大需要の破壊力
大臣が参加しないと意味がない
防衛費を準戦時予算とせよ
台湾における米軍のプレゼンス
予定されている未来
菅総理防衛隊を編成せよ
帝王学を授けよ
自衛官の矜持
少年法の欺瞞
韓国人のレゾンデートル