プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 真正保守政治を確立する。中国・韓国・国内敵性勢力から日本を守る。日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

独裁政権の本質

独仏、中国に「欧州を脅すな」と反論 チェコ上院議員団の訪台で

【パリ=三井美奈、北京=西見由章】中国の王毅国務委員兼外相がチェコ上院議員団の台湾訪問を受けて報復を警告したことに対し、フランス外務省は1日の声明で「欧州連合(EU)の一員に対する脅しは受け入れられない。われわれはチェコと連帯する」と批判した。ドイツのマース外相も同日、「脅迫はふさわしくない」と述べ、フランスと歩調を合わせた。

 王氏は8月末から、仏独など欧州5カ国を歴訪した。チェコのビストルチル上院議長が率いる訪台団は、30日に台北入りした。
 王氏は1日、ベルリンでマース氏と行った共同記者会見で、ビストルチル氏が台湾の立法院(国会に相当)で演説したことに触れ、「これは公然とした挑発だ。一線を越えた」と猛反発した。また、「必要な対応を取らざるを得ない」と述べ、報復を示唆した。

 これに対し、マース氏は「われわれは国際的なパートナーには敬意をもって接する。相手にも同じことを期待する」と応じ、中国側の強い圧力を牽制(けんせい)した。さらに、香港国家安全維持法について「法の影響を懸念している。『一国二制度』は完全に実施されるべきだ」と要求した。一方で、中国とEUの関係構築の重要性を強調し、EUの台湾政策には言及しなかった。

 王氏は8月31日には、「台湾問題で『一つの中国』に戦いを挑むことは、14億人の中国人民を敵に回すこと」だとチェコ上院議員団の訪台に反発。「高い代償を払う」と警告した。

以上 2020.9.2 18:36|国際|欧州・ロシア 産経新聞から

 各国に喧嘩を売りまくる中共。何故これほど愚劣な外交を繰り広げるのか。それは、それが独裁政権の本質だからだ。

 独裁政権の権力基盤が盤石であることなどない。いつ政敵に追い落とされるかわからない。中共内部でも、太子党 習近平、上海閥 江沢民、共青団 李克強の3大派閥が鎬を削っている。江沢民も胡錦濤も10年でその席を次の指導者に譲ったが、無能な習近平は、やり過ぎて降りるに降りられなくなり、永久主席を狙っている。だが、盤石ではない。上海閥も共青団も習の失政を虎視眈々と狙っている。

 このような中共内部の状況から、欧米に対して、弱腰な態度は見せられないのだ。だから強気一辺倒にならざるを得ない。結果、世界中に喧嘩を売ることになる。

 中国、春秋戦国時代の英雄豪傑はそうではなかった。極めてリアリティに富み、遠交近攻、合従連衡、儒家、法家などを生み、ある意味絢爛たる歴史を刻んでいる。英雄のもとには、有能な宰相と武人がひれ伏し、国王を支えたのである。だが、中共政権に有能な宰相も武人もいない。
 
 それは、何故かというと中華人民共和国であり、王朝ではないからだ。中華人民共和国国家主席は、共和国の最高責任者であるのであり、国王ではないのだ。何が違うのか?権威だ。王は聴政をするのだ。権威とはそういうものだ。だが、国家主席は王ではない。権威がない。だから聴政にはならない。ただの独裁者だ。権威の無い、ただの独裁者に范雎や藺 相如や管仲のような有能な宰相は仕えないのだ。

 これだけでも、中共に将来がないのはわかる。遡れば、毛沢東は無能だったのだ。せめて、毛王朝を作れば、もう少し寿命が延びたものを。

↓人気ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

嫌がる女性
LGBTの恐怖
お前が言うなマッチポンプ朝日新聞
韓国の謝罪と行動を求めよ
危害射撃で守れぬ尖閣
何でも政争の具にする立民
習近平国賓来日年内見送り
狭まるゴーン包囲網
蟻の恐怖 中国戦闘機
尖閣実効支配が最大の国益
ムン君を応援する理由
国民は誰に訴えればいいのだ
社員を守るのは経営者の責務
福岡県知事辞職に見る日本人の美学
今頃気が付いたのか?
セルフレジとの会話♪
しばらく無視でいい 日韓外相電話会談
総務省接待について 安かろう悪かろう
NHKは治外法権
バイデンはチェンバレンの教訓を知らない
天皇誕生日に思う
人間は話す動物
林檎と顔の戦争
中国企業大量デフォルトは嘘か誠か
橋本会長を応援する
知に飢えた日本 焚書坑儒の志那
マイナカードに光明
EUと日本はどこへ向かうのか
覚悟されよ
春よ来い
首長はよく考えて選ぶべき
医師の偏在をなくす工夫を
外務省の病 盲腸
不揃いの重鎮達
手動フードプロセッサー
天空の目
対韓冷淡外交の勝利
中共エージェントの虚実
言論封殺
たまには極上のワインを
遺憾砲艦隊出撃せよ!
メディアが決めるのか?それでいいのか?
朗報 消滅する新聞
亡国の萩生田文科相
連合軍参上!
スペースXがまたやってくれた!
蓮舫氏を推薦する
名誉を重んずる日本人
外堀埋まるゴーン
尖閣警備隊を常駐させよ