プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

日韓両政府仮想問答集

【社説】大統領訪日見送りで確認された最悪の韓日関係
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.20 10:18
https://japanese.joins.com/JArticle/280957?servcode=100

 文在寅大統領の訪日は最終的に見送られた。東京五輪開会式出席を契機に韓日首脳会談を成功させ悪化の一途をたどる両国関係に突破口を用意しようとしていた韓国政府の構想は水の泡になった。

 悪化の一途を辿るという現状認識は正しい。だが、韓国政府が用意していた突破口というのは理解できない。悪化させていたのは韓国側であるという認識が韓国にはないのかね。悪化はしている、韓国のせいで。だから慰安婦についても、自称元徴用工裁判についても、輸出管理の厳格化についても、韓国が自らの過ちを認め、解決策を示すべきなのだ。
 なのに、解決策も示さず、突破口を用意した言う言辞は理解できない。何の解決策も示さず、日本側が会う理由はないぞ。


 せっかくの機会さえ生かすことができない韓日関係の現住所は残念なばかりだ。韓日関係が1965年の国交正常化以降で史上最悪という表現が誇張でないことを如実に見せる事件だ。

 せっかくの機会だと思っているのは韓国側だけだ。日本は、せっかくの機会だなどとつゆほども思っていない。韓国に付きまとわれて五月蠅いと思っているだけだ。国交正常化以降最悪の関係というのは、韓国側の理解で、日本側は、史上最高の関係になりつつあると思っている。

 まず日本政府に強い遺憾を表明せざるをえない。最近韓国政府が首脳会談開催に積極的だったのに対し日本政府が消極的だったのは明白な事実だ。日本政府は最大の懸案である強制徴用・慰安婦問題に対する解決策を韓国政府が先に提示しろという態度で一貫した。

 他にどうせいと言うのだ。解決策を示さない韓国に日本は言う言葉はない。会う必要性も感じてないのだ。当然だろ?約束を破ったのは韓国なのだから、謝罪と是正策を韓国が示せばいいのだよ、わかる?日本の言ってること?

 「成果もないのは明らかなのになぜあえて来ようとするのか」という本心が数日前に起きた相馬弘尚駐韓日本公使の発言ではっきり表れたりもした。

 公使は馬鹿だな。ホントのこと言うなんて。外務省はちゃんと教育しとけよ、外交辞令というものを。でも、良かったと思うよ、個人的には。メンツにこだわる韓国にとっては、訪問断念の決定打になった可能性があるからね。

日本の態度は首脳同士が顔を合わせることが必要だという事実から目をそらしているに見えた。

 いや、何度も言うように顔を合わせても何の解決にもならないのは明白なので、必要性はないんです。しつこいねo(`ω´ )o

 首脳会談の成功を韓国から譲歩を引き出す圧迫カードとして使っているという疑いもぬぐい去ることはできない。こうした姿勢では韓国国民の反発を買うほかはなく、日本が望む結果とは正反対の方向で世論が形成されるほかはない。

 そもそも首脳会談を願ってないよ。願ってるのはそちらでしょ。それでいて韓国国民が反発する?勝手に言い寄ってきて、冷たい態度を見せたら逆上して逆切れすると。こういうのを日本ではストーカーというのです。ストーカー行為は法律で厳しく禁止されているのです。知ってる?日本に来たら、警察に逮捕されるかもよ?

 青瓦台(チョンワデ、大統領府)の決定は苦心に苦心を重ねた末に下したもので理解できる側面はある。

 苦心した?で、解決策は?苦心の結果はあるのだろうね?

 しかも土壇場で出てきた日本公使の発言は国民的憤怒を呼び起こした。

 それは申し訳ない。つい、ホントのことを言っただけだよ。嘘じゃないから許して。

 悪化した世論を押し切ってこれといった成果がないことが確実視される中で日本行きを選ぶことは現実的に困難が大きかっただろう。

 それは理解する。良い決断だ。忙しいときに来て、接待がなってない、と言われても困る。

 それでも韓国政府がすべての責任から自由になれるのではない。強制徴用の大法院(最高裁)判決が下されたのは2018年10月のことだ。3年近い時間が流れたがこの問題を政治的・外交的に解決するために青瓦台と韓国政府が最善の努力を尽くしたと考える人はほとんどない。

 解決?解決する意思なんてないよね?最近正反対の判決が出たりしているけど、これって、将軍様の瀬戸際何とかと同じじゃないの?解決するつもりなんかないんでしょ?

 むしろ政府・与党の幹部が「竹槍歌」を云々しながら反日感情を扇動し韓日対立の収拾どころか悪化をあおったのが事実だ。不協和音が出るたびに責任を押しつけるための非難戦にばかり熱を上げ、国民的合意点を見いだそうとする努力には消極的だった。このすべての原因が積み重なった結果がまさに現在の状況だ。

 少しはまともなようだね。ここだけは正解だ。その通り。

 文大統領の訪日見送りにより不信と対立の溝はより一層深まるだろう。これはバイデン政権が積極的に乗り出している韓米日3カ国協力にも否定的影響を及ぼすほかない。

 やっぱりお節介のバイデンのせいですね。いい迷惑だ。

 それにもかかわらず、両国政府間、国民間の信頼を回復し関係を改善しようとする努力を放棄することはできない。

 放棄してくれよ。その方がお互いのためだと思わないの?両国政府間も国民間も信頼回復は絶望的で不可能だ。そもそも両国民は、信頼関係を築きたいなどと思っていないと思うよ。韓国人は、日本のことが嫌いなんでしょ?ネットに書いてあるよ。だから無駄な努力なんだよ。

 信頼は1日では築けない。普段の実務段階から問題を解決するための努力を繰り返しきちんと信頼を積み上げていかなければいくら良い機会がきても生かすことはできない。今回の訪日見送りを通じて得た貴重な教訓を韓日両国とも深く刻まなければならないだろう。

 その通りだが、結論は間違えているぞ。韓日両国ではなく、韓国だけが責を負っているのだ。わかってないな。責任は一方的に韓国にあるのだよ。だって、ずっと約束を破り続けてるでしょ?韓国が。わかってる?約束を破ってるのは韓国であって、日本じゃないよ。

 貴重な教訓を生かしてくれ、韓国さん。言いがかりは駄目だよ。日韓両国じゃなくて、韓国が解決策を示す順番なんだからね。わかってる?
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

庶民の幸せ
日本の財政は破綻するのかしないのか?
祝 防衛費2%超 自民公約
世論調査の公平性を担保せよ
日本の癌 公明党・国交省
メディアと野党のご都合主義
分配総理が株価暴落を招く
胎動する台湾危機
憲法96条の足枷を外せ
危機の沖縄
空母機動艦隊復活
潜水艦 日豪仏それぞれの誤算
岸田内閣の問題点
示唆に富む豪の対中政策
敵基地攻撃能力
岸田総裁に安倍晋三を見る左翼
財政出動が日本を救う
写真で見る防衛省自衛隊 令和3年9月
次善の結果を寿ぐ
道すがらエッセイを読みながら
新総裁に望む
権力闘争
希望の星・高市 国益を毀損する河野
政治家 高市早苗
政治家 河野太郎
中国が招く中国包囲網
国家の独立と尊厳とは何か
民主主義国家クラブ
覇気失えば日本は生き残れない
共産党は破防法調査対象団体
河野家三代
防衛費は増やさざるを得ないものなのか
総理総裁に必要な資質
保守の本能
河野太郎は変節したのか?
国家機密
米国の傲慢
ネズミ捕り
金日成の亡霊
核融合実用化へ大きく前進
不自由の国フランス
焚ゲーム坑儒
君は国のために戦うか?
一時金を受け取っていただくよう説得すべき
習近平の苦悩
日台議員外交
焚歌坑儒
自民党総裁の迷走
外務省の存在意義
沸々と煮えたぎる大和