プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

自衛官アスリート濱田尚里1等陸尉 

遅咲き・浜田 磨いた寝技で日本柔道最年長「金」
2021/7/29 23:35 産経ニュース
https://www.sankei.com/article/20210729-A3M6UHBKYVJHJLFPS3FUOAKF3A/?outputType=theme_tokyo2020

防衛省も濱田尚里の金メダル祝福「本当に応援ありがとうございました!」
[2021年7月29日19時2分] 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/judo/news/202107290000943.html

防衛省・自衛隊 東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会特設ページ
https://www.mod.go.jp/j/publication/olympic/index.html

 7月28日柔道の濱田選手が優勝し、金メダルを受賞した。おめでとうございます。

 さて、優勝した濱田選手の一部始終を見ていた方は気付いたと思うが、濱田選手は自衛官である。自衛隊体育学校所属の1等陸尉だ。

 ときどき自衛官アスリートがオリンピックでメダルを受賞するので驚く方もいるだろう。酒楽も濱田選手のことは知らなかった。

 そこで、防衛省自衛隊のHPを検索してみると、「防衛省・自衛隊 東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会特設ページ」なるものがあって、東京オリンピックに出場している自衛官を紹介していた。

 濱田選手とは、どういった選手なのだろうかと思い、Wikiを検索してみた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BF%B1%E7%94%B0%E5%B0%9A%E9%87%8C

濱田1尉
防衛省HPから引用 襟のバッジは職種徽章。野戦特科(砲兵)ですね。凛々しいです。

 何とも激烈な選手歴ですな。寝技が得意というところも珍しいのだが、戦績を見ると、徐々に徐々に実力が向上しているのがわかる。この間、緩まずに、諦めずに、こつこつと努力を重ねてきたことがわかる。

 決して天才的な才能を与えられてはいない。だが、彼女は努力の天才だ。地道に諦めずに頂点を目指して努力するのは、簡単ではない。殆どのアスリートは、結果の出ない日々に挫折し、戦場を去ってゆく。

 20代後半になって初めて国際大会の日本代表になっているのだ。実に素晴らしい努力の天才だと酒楽は思う。努力するのもできるのも才能の一つだ。努力を継続することがどれほど難しいか、読者の皆様はよくご存じでしょう。酒楽にもわかります。

 努力を継続することが難しいから、それを成し遂げた人は、尊敬に値するのだ。努力する能力も天賦の才能だ。つまり天才だ。だが、その才能を咲かせるには、常人には耐えられないくらいの困難を克服しなければならない。

 濱田選手は、それを成し遂げたのである。素晴らしいではないか。一昨日、柔道家大野選手を讃えたが、濱田選手も讃えるに値すると酒楽は思う。

 さて、濱田選手には別の顔もある。彼女は幹部自衛官なのだ。彼女は、二重の意味で国家に貢献している。金メダルを獲得して、日本に名誉をもたらした。そして、自衛官として国家防衛に貢献している。

 既に1等陸尉だ。自衛官の場合、企業選手やプロ選手と異なり、自衛官だから、様々なハンデを背負っている。自衛官として幹部としてやらなければならないことはやらなければならないのだ。細かい説明は省略するが、稽古とか練習だけをやっていればいいというものではないのだ。

 そうは言っても、これだけではよくわからないので、一つだけ紹介する。彼女は、陸上自衛隊の幹部なので、大学を卒業し、自衛隊に入隊した年に、半年以上にわたって、幹部候補生学校で研修を受けている筈だ。

 研修は過酷である。幹部自衛官として必要な知識技能を徹底して鍛え上げられるのだ。戦略戦術、防衛法制、幹部としての一般教養、訓練、体育その他。高良山登山競走。ちなみに、この高良山登山競走の歴代1位の記録は、東京オリンピックで銅メダルを獲得した円谷幸吉選手だ。射撃、持久走、武装障害走、100キロ行軍などなど。

 世界レベルのアスリートにとって、半年以上のこうした研修は、レベルを維持するためには障害以外の何物であるまい。彼女はそれを克服している。そういう条件の中での金メダルなのである。賞賛すべし。

 防衛省自衛隊のHPには、彼女を含めて、自衛官アスリートが紹介されている。彼ら彼女たちは、日本を守るとともに、国家に栄誉をもたらしている。素晴らしい。天晴れ濱田!

 大野選手と同様、濱田選手も畳の上での立ち居振る舞いは際立ってよかったと思う。彼女も武士(もののふ)の系譜を継ぐ者だ。

大和撫子だ。

 福島県選出国会議員にして立憲民主党所属玄葉議員も怒っているようだ。韓国の嫌がらせに。福島産食材を忌避したり、放射能測定をしてみたり。でも玄葉君、そんなこと言っていいのか?党の方針に反するのじゃないの?

 昨今では、韓国メディアが福島まで行って、放射能測定をしているようだ。でもショボいな。やるならもっとど派手にやってくれよ。コソコソしないで。我が国のメディアももっと大々的に報道してくれないかな。韓国人というものを。絶好の機会だろ?祖国をアピールする。
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事