プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

日米豪印共同訓練今年も実施

日米豪印、共同訓練実施へ 中国の海洋進出けん制
2021/8/3 07:15 産経ニュース
https://www.sankei.com/article/20210803-M5S2X6OWYJPXJOAP6BVODMZ6MM/

 日米印が毎年行っている共同訓練に、去年に引き続き豪州が参加するようだ。場所は、昨年はベンガル湾とアラビア海で行われたが、今年は、西太平洋で行われるようだ。

 視点は二つある。一つは、インドが中国の脅威に本格的に目覚めたということ。二つ目は、クアッドをはじめとする対中軍事包囲網が着々と構築されつつあること。この二つだ。

 インドは、従来パキスタンを仮想敵とし、そのため陸軍の兵力を対パキスタン用に配置してきた。それが最近、配置を対中国を念頭に変更したらしい。きっかけは、恐らく印中国境紛争だろう。中国側の越境と挑発を引き金にして、紛争が勃発し、印中双方に死者が出たが、インドの被害のほうが大きかった。

 その後、インドの紛争地域への輸送路整備努力を中国が妨害したことが、インドの戦略体制変更の引き金になったようだ。

「皇帝」習氏が見せた危険な予兆 E・ルトワック氏
2021/8/3 07:00 産経ニュース
https://www.sankei.com/article/20210803-6W27EUI5VROK3EHMKTSFKCKL6Y/

 こちらは、ルトワック氏の中国に対する論評で、すこぶる示唆に富む内容なのだが、有料記事なのですべてを紹介することはできないが、この記事の中で一つ気になることがあった。

 それは、件の印中国境紛争の片方の主役、中国軍西部戦区隷下の陸軍司令官だった徐起零氏が、西部戦区司令官に最近突然昇格したことだと述べている。以下該当部分を紹介する。

 「徐氏は昨年6月、中国とインドが国境を争うヒマラヤ山岳地帯で中印両軍が衝突し、インド側に複数の死者が出た事件で中国軍を指揮する立場にあった。
 徐氏は自身の判断で部隊を前進させて事件を引き起こし、インド兵を殺害した。徐氏は罰せられないどころか、上将に昇進し、戦区司令官の座に就いた。
 習氏が全軍に発したメッセージは、相手が日本人であれ誰であれ事件を起こして相手を死亡させれば昇進するということだ。(以下略)


 アンダーライン部分が、ルトワック氏の私的な見解なのか、中共の公的見解なのは不明だ。

 だが、徐氏が昇進したことは事実だと思われる。危険なことだ。やはり中国は古代国家のままだ。通常、中央からの命令の無いままに軍を動かすことはできない。西側各国は、シビリアンコントロールを徹底し、軍の暴走を抑えている。

 だが中共は違うようだ。あろうことか、勝手に軍を動かしたにもかかわらず、昇進しているのだ。
マラバール2020
マラバール2020 海上自衛隊HPより引用

 それとも事前に中央軍事委員会の承認を得ていたのだろうか。そこは不明なので、アンダーライン部分の真贋については、酒楽の意見は留保したい。

 いずれにしても、日本ならば懲戒免職でもおかしくない軍の暴走を昇進という形で称賛した中国共産党と中央軍事委員会は不気味である。尖閣諸島のせめぎ合いで、海上保安庁に人的被害が生じる可能性を否定できないからだ。

 海上保安庁長官と雖も、国土交通大臣の許可なく武力を行使はできないだろう。ましてや、反日公明党所属の大臣だ。海保隊員の安全など考えているとは思えない。

 さて、二つ目は、クアッドをはじめとする対中軍事包囲網が着々と構築されつつあることだ。従来、日米印の共同訓練マラバールは、3か国による共同訓練である。豪州は、昨年久しぶりにマラバールに招待された。今年で2年連続となる。

 豪州の訓練参加に慎重だったのは、インドである。だが2年連続でマラバールに豪州を招待したようだ。インドの本気度が窺える。同時に対中包囲網の主人公アメリカ合衆国も本気だということだ。

 フランス、ドイツ、オランダなどが旗を立てようとしている。イギリスは本気だ。間もなく空母クイーン・エリザベスがが極東に回航される。

 先日配信したF-22の訓練が西太平洋で行われる。これだけあからさまに軍事的プレッシャーをかけられて、人民解放軍は、じっとしているのだろうか?印中国境紛争と同じように、人民解放軍の勇者が独断専行する義挙はないのか?

 だがインド一国ではない日米豪印、あるいはこれに英国が加わって、日米英豪印ともなれば、簡単に暴発するわけにもいかないか。

 ただ中国共産党も、人民解放軍も黙っていられるのだろうか?最前線で暴発するのではないだろうか?あってもおかしくはない。

 同じように米国も考えているはずだ。その場合の対応についても、米国務省と国防総省は打ち合わせを終えていることだろう。それは覇権国家にとっては当たり前のことだ。

 F-22の西太平洋での訓練と言い、マラバールと言い、全てが政戦略の統一されたものを前提に行っていると思われる。人民解放軍の暴発は、米国から見れば、飛んで火にいる夏の虫だろう。

 果たして昇進という餌を目の前に、人民解放軍は、黙っていられるか。暴発すれば、習近平の餌は、国を亡ぼす弔鐘となるかもしれない。そしてそれは米国が望むところだ。もちろん我が国も。
 
 
↓読んでいただきありがとうございます。ポチッとしていただけると励みになります。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

お人好しニッポン 世界は悪に満ちている
お疲れ様でした
勝負は延長戦
前半1点リード\(^o^)/
公明と朝日は日本弱体化の元凶
有権者の意志を理解できない自民党
ふるさと納税は健全な納税意識を破壊する
森保ジャパンの勝利を寿ぐ
再びゴーー--ル!
国民が怒る原因
高裁、最高裁でも裁判員裁判を適用すべき
「韓国=後進国」という残酷な現実
中国との対話は不可能だ
日曜独語 戦いのリアリズム
言論の自由がない韓国
岸田首相に痛烈な皮肉 レコードチャイナ
ゴー――――ル!
派閥領袖と雖も国益を優先すべし
朝日の正体は韓国新聞だ
岸田首相は言うべきことを言ったのか
波長が合う友
対価に見合う価値
防衛は祖国を残す予算
画期的な維新の政策提言
男女共同参画の悲惨な未来
偽善と同調圧力の国 アメリカ
生殺与奪の権を他国に握らせるな
ツイッターの健全化を歓迎する
日曜独語
サイバー戦士は高給兵器だ
日本人としての誇りを持ちましょう
批判を恐れる朝日の末路
矢弾尽き果て散るぞ悲しき
防衛省に自己改革と合理化を求める財務大臣の暴言
防衛努力こそ究極の経済対策だ
蠢く親韓派
日曜独語
焼き鳥屋で安倍さんと菅さん
トマホークと旭日旗
予想通り麻生訪韓失敗
麻生訪韓は失敗だ
自衛隊における男女平等について
維新は立民と心中するつもりか?
産経抄は自衛隊の現実を知っているのか?
日本酒の聖地~日本酒仙・喜心(札幌)
自衛隊の本質的問題
マスコミの偏向報道
習近平独裁に備えよ
百年兵を養う
大臣の資質と政治的勇気