プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

国家機密

「膨大な桁数の素因数分解が可能なアルゴリズム」を開発したら政府機関に殺されてしまうのか? 2021年07月19日 19時00分 GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20210719-solve-integer-factorization-broken-cryptography/

 「膨大な桁数の素因数分解が可能なアルゴリズム」を開発したら政府機関に殺されてしまうのか?という興味深い記事をGIGAZINEが配信している。

 酒楽は、この手のサイエンス関連が趣味の一つなので、ときどきこうした他愛もない記事をアップしては、皆様に提供している。えっ、興味ない?余計なお世話だって?

 まあ、そう言わずお付き合いください。この記事の面白かったのは、素因数分解ではなく、マンハッタン計画に関連したものでした。

 マンハッタン計画を知らない人はいませんよね?あー、いるかもしれないので、簡単に言います。第2次世界大戦中に、アメリカ合衆国が極秘裏に進めた核兵器製造計画をマンハッタン計画というのです。細部は、ネットでお調べください。もっと詳しい解説にお目に罹れるでしょう。

 さて、素因数分解のアルゴリズムが何故マンハッタン計画と関係しているのかも、上記URLで示した記事に書いてありますので、そちらも…。

 で、そのマンハッタン計画にかかわる内容が以下の文章です。

 最後にファラージ氏は、アメリカの原子爆弾開発プロジェクトであるマンハッタン計画などに関与した数学者のジョン・フォン・ノイマンの死去にまつわる逸話を披露しています。

 ノイマンは死の直前まで政府のために精力的に活動しましたが、がんで死ぬ直前には痛みを緩和するために鎮痛剤を投与されました。政府は、ノイマンがうわ言で機密事項をつぶやくことを恐れたため、病室を警備するために軍の人員を派遣したとのことです。


 これですね。マンハッタン計画は、科学者のオッペンハイマーが陣頭指揮を執ったのですが、合衆国中から最高の頭脳を集めました。その中の一人がジョン・フォン・ノイマンです。ノイマンは数学者としても有名です。

 ちなみに、マンハッタン計画は極めて機密性の高い計画のため、参加させる科学者の身元調査は徹底的に行われたとものの本には書かれています。それはそうでしょうね。核兵器開発の機密が漏れれば、国家安全保障に重大な影響があるのですから当然です。しかし、ソ連は、このマンハッタン計画からまんまと重要な秘密を盗み、数年後に原爆を、さらに数年後には水爆を開発し、合衆国は歯ぎしりすることになるのです。余談でした。
秘密

 というくらい、機密保持に万全を期したわけです。従って、このトピックは本当かもしれません。まあ、うわごとを心配したというよりも、死の間際に、スパイがもぐりこんで、機密事項を記した資料を売ってくれ、などというとこが無いように、密かに身辺を警護していたと言うくらいでしょうが、いずれにしても、死の間際になっても、機密情報の保護に神経を使っていたアメリカ合衆国の特色がよく表れていると思います。

 マンハッタン計画には、すでにアメリカに亡命していたアインシュタインも関心を寄せていたようですが、呼ばれることはありませんでした。それは、核兵器開発が、素粒子物理学の分野の話で、相対性理論の範疇ではなかったことと、彼がドイツから逃れてきたことが原因だと言われています。つまり、ドイツのスパイではないかと疑われていたのでしょうね。真相は明らかにされていませんが。それほど、機密保持に気を使っていたということでしょう。

 最後に、国家機密にまつわる衝撃的な事件をご紹介して話を終えようと思います。それではどうぞ。

 ソビエト連邦が存在していた頃、書記長はブレジネフでした。

 そして、ある日、政府に不満を持っていたモスクワ市民が、クレムリン宮殿の前で、呟きました。

 「ブレジネフのバカ野郎」と。

 するとどこからともなく黒服の集団が現れ、当該市民を連れ去ってしまったのです。いったいなぜ、その市民はKGB(国家保安委員会、といわれています)に連行されてしまったのでしょうか。

 当時KGB長官だったアンドロポフ(後に書記長)は言いました。

 その市民は国家機密を漏らしたからだ、と。
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

最高裁の無責任を追及せよ
人民解放軍が恐れる自衛隊の規律
分かりやすい中国
安い、安すぎる!
中国エンタメ界の罪と罰
台湾有事は日本の正念場
オペレーションとは駆け引き
人民解放軍の悲鳴
同盟は一日にしてならず
自衛隊の最高指揮官
侍の系譜
大日本帝国下の朝鮮
ノーベル賞雑感
物言えば唇寒し自衛官
消費税減税が日本を救う道だ
新駐日米大使の情勢認識
「立・共」の共闘は大正解だ
言論の府
陸自配置は八重山住民の意志
危機感のない岸田政権こそ我が国の危機だ
日本人が知らない在日米軍
日本も原潜保有を
歴史に裁かれる道
皇族の敬称
支那の歴史は繰り返す
同盟国
自民・維新改憲連合を結成せよ
政策を語れ
一筋の希望の光
さっさと高市氏に席を譲れ
日本司法に容喙する米議会
中国経済に異変?
罰金では済まない中国在留邦(法)人のリスク
「日本に戻りたくない」理由
日本の高級紙 朝日新聞
判断基準を持たない総理大臣
国民民主党の経済政策を支持する
靖国参拝が国を救う
台湾海峡を航行できない海上自衛隊
悲しき眞子内親王殿下
中国に屈し続ける現職総理
庶民の幸せ
日本の財政は破綻するのかしないのか?
祝 防衛費2%超 自民公約
世論調査の公平性を担保せよ
日本の癌 公明党・国交省
メディアと野党のご都合主義
分配総理が株価暴落を招く
胎動する台湾危機
憲法96条の足枷を外せ