プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 真正保守政治を確立する。中国・韓国・国内敵性勢力から日本を守る。日本人の誇りを取り戻すブログ。
主筆 酒楽。通称「硬派」。自称「小生」。政治、安全保障担当。
代筆:「お気楽」。硬派酒楽の疲れたときに代筆。日常・休憩など担当。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

ネズミが逃げ出し始めた

アップル、中国からインドへ8工場を移転=インド通信大臣
2020年09月08日 18時15分

 インドの通信および情報技術担当大臣のラヴィ・シャンカール・ プラサッド(Ravi Shankar Prasad)氏は、世界中の大手企業は中国以外に生産ラインを設置することの必要性に気付き、米アップル社は現在、中国からインドへすでに8つの工場を移転したと明かした。インドメディア「Zee News」が報じた。

 Zee Newsによれば、プラサッド大臣は9月6日、「インドは大規模な製造センターとして台頭しており、サムスンも工場移転し、さらなる規模拡大を望んでいる。アップル社は中国からインドへ8つの工場を移転したと聞いている」と述べた。

 米ビジネス誌「フォーチュン」は、中印国境紛争の影響で、インドの政党や市民団体は中国製品のボイコットを開始した。ファーウェイやシャオミ(Xiaomi)などの中国製携帯電話の市場シェアが急速に低下したため、他社はインドでの生産能力を拡大したと報じた。

 今年7月、台湾のフォックスコン(鴻海)やウィストロン(緯創)などアップルの製造請負会社がインドでの生産能力を拡大していると伝えられた。 また、アップルの主要サプライヤーであるペガトロン(和碩)も、インドのチェンナイで支店の設立を申請し、工場の設立に取り組んでいると米メディア・テッククランチが報じた。

 中印両国の緊張が高まるなか、サムスンはインド市場に回帰し、第二位のスマートフォンブランドとしての地位を取り戻した。現在、同社はインドのウッタル・プラデーシュ州ノイダに世界最大のスマートフォン製造工場を所有し、今年8月にもインドでの生産ラインの拡大を決定したという。サムスンは今後5年間で少なくとも400億ドル相当の携帯電話およびその他のデバイスを生産する予定だという。

 プラサッド大臣は「私が2014年に最初に就任したとき、インドには携帯電話工場が2つしかなかったが、現在は250を超えている。モディ首相の「Atmanirbhar Bharat」(自立インドミッション)の呼びかけに沿って、多国籍企業をインドに招致し、インド企業もマッチングさせた」と語った。

以下略(大紀元日本ウェブ編集部)

 どうやらネズミが逃げ出し始めたようだ。アップルは、アメリカを代表する企業の一つだ。トランプに尻を叩かれたか、危機感をおぼえたか、いずれかであろう。アップルが逃げ出し始めたら、目端の利いた経営者は、後を追うように中国から逃げ出すだろう。韓国のサムスンも逃げたようだ。さすがにIT大手は、情報集力も判断力も優れている。

 中国が危険水域に近づきつつある兆候は、あらゆるところから出ている。誰でもアクセス可能な情報があふれている。シーザーの至言は現在でも生きている。「人は見たい現実しか見えない」と。

 さて、問題は、日本企業だが、逃げ足は遅いようだ。それとも、静かに引き上げつつあり、もぬけの殻になっているのか?それならいいが、逃げ遅れて悲惨な目に合わないようにだけは気をつけてもらいたい。

 安倍さんは、退陣を表明する前に、中国進出企業に対して、工場を国内に回帰させれば、金銭的に援助するという政策を実行に移した。これが、どのくらい成果が出ているのか。

同じく大紀元7月21日の記事から引用

 経済産業省は7月17日、生産拠点の国内回帰や多元化を図るため、第1弾として87件の事業が補助金約700億円を受けたと発表した。同補助金は、日系企業が生産拠点を中国から日本への国内回帰や東南アジア諸国への移転を支援することを目的として設けられた。

 17日付けの日経アジア・レビューによると、87件のうち57件が国内投資で補助対象となった。残りの30件が東南アジア諸国への生産拠点の移転を計画している。
(引用終わり)

 成果は出ているようだ。アメリカも日本も、中国からのサプライチェーン回帰を急いでいる。中共は、焦っているだろう。日米のハイテク企業から、施術を盗み、中国国内での再投資を強要しているからだ。金儲けに目が眩んだ馬鹿な経営者が多数いる。中国に技術を盗まれ、世界規模での競争に敗れた企業は枚挙にいとまがない。何をやっているのだ。事業は、慈善事業ではないのだ。会社の技術も利益も社員も守れないような経営者は、速やかに退場すべきだ。

↓人気ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

南極観測船「しらせ」
韓国に法治は無理
総理大臣訓示に違和感
安倍前首相 印・太平洋に英加入後押し
天晴れ門田隆将
易姓革命の国 韓国
外務大臣交代論
日韓経済人会議の暴論
米大統領選未だ確定せず
敵を育ててはならない
維新の野党第一党を歓迎する
ホンダの快挙
ペンスの勝ち!
乗り越し
噴飯ものの日中会談
バイデン氏三日天下の可能性
自衛官の給料を上げろ
投票率109%の怪
歴史の知恵
考えるのを諦めたら終わりだ
信任状奉呈式に格付けを
責任を取らない政治家たち
国産輸送機 非舗装滑走路着陸成功
信用してはならない
無責任な産経新聞
11月18日付 新型コロナ死亡率
さわやかな一日
祝 日豪準同盟
中国の戦争準備
バイデンを祝福していない首脳は誰か
新潜水艦たいげい
米メディア激変中
トランプ支持者デモ数十万人!
バイデンを勝者と認定せず!
米メディアの情報統制
情報と兵站
「鬼滅の刃」に見る日本人の美学
当ブログの紹介
キーンソード21
産経 正論にもの申す
覇権国にふさわしい大統領
不正摘発中
産経新聞 世紀の誤報
頓珍漢な内閣官房参与
電車で万歳
産経 信用に値せず
産経新聞に対する敬意と失望
大統領は治安に責任がある
産経、バイデンを当確と報道
産経新聞のダブルスタンダード