プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

「日本に戻りたくない」理由

 ノーベル賞受賞後の5日、所属するプリンスントン大で会見を開いた真鍋氏。記者から米国籍を取得した理由を問われると、日本では周囲との「同調」が求められるのに対し、米国では周りを気にせずやりたいことができるから、などと回答。そして、こんなコメントも残した。

 「日本に戻りたくない理由の一つは、周囲に同調して生きる能力がないからです」

 この発言に、会場では笑いが起こった。



 今日は雑感です。

 先日、ノーベル物理学賞を受賞した真鍋叔郎さんの記者会見での発言が注目を集めているようです。日本人に。

 酒楽もこの発言には、思わずうなずいてしまいました。そうなんですよね、日本では周囲へ同調しないで生きていくことは至難の技なのです。

 もちろん、同調にも程度があるので、我が道を行くような人もいらっしゃるでしょう。でもね、長年米国で活動されている真鍋さんの言葉には、説得力があると思います。

 「理由の一つ」がそれで、それ以外だと、米国では、周囲に惑わされずに自由に研究できる、研究資金が潤沢、などなど・・・。日本国内で研究されている方にとっては、耳が痛くなるというか、悲しくなるような発言が続きましたね。

 南部洋一郎氏を含めて、日本人のノーベル賞受賞者では、3人目だそうですね。海外籍の方は。

 それにしても、日本に帰りたくない理由、を聞かされる日本人には、何と言っていいのかわからないくらい、悲しい気持ちになったのは事実です。

 それはですね、田舎に帰った時に感ずるあれですよ。日本人の原点のようなあれ。息が詰まるようなあれです。

 都会から田舎暮らしに憧れて移住した人々が、なかなか入り込めない、村の文化。これです。酒楽に言わせると、そんなところに入り込みたいという気持ちが理解できません。

 酒楽は、18歳で高校を卒業してから、田舎で暮らしたことはありません。もちろん、ときどき帰省はしますが、大人として暮らしたことはありません。だから、田舎の暮らしと言っても、高校生までなのです。

 でもですね、高校生まで田舎に暮らしていれば、何となくわかるものです。田舎の文化というものが。それは、両親と暮らし、両親の会話を聞いていれば、自ずと理解できるものです。彼らの世界というものが。

 酒楽の同級生が今でもたくさん田舎に暮らしています。同級会やらなにやら、ときどき会う機会があります。そうするとですね、高校生の頃、両親の会話から想像した田舎の暮らしそのままなのです。彼らは。
ノーベル賞

 田舎で育ち、田舎で大人になり、何十年も暮らしていると、原日本人になるのです。田舎を出て都会に出たものとは、ものの見方考え方が違うのですよ。

 都会でもそれはあります。でも、田舎の圧力に比べれば、大したことはないと思います。酒楽的には。でも、真鍋さんの話を聞くと、それでも同調圧力は凄いのでしょうね。

 特に最先端の研究をしようと思っている研究者にとっては、日本は向いていないのでしょう。独創的な研究程そうで、しかも潤沢な研究資金には恵まれない。だから、米国に頭脳が流出するのでしょう。

 いろいろな記事を読むと、真鍋さんは、大学院での博士論文が、米国で注目を浴びて誘いがあったらしいですね。日本では、博士課程学生の論文で、研究機関が招聘するなど、よほどのことが無い限りあり得ないでしょう。(あるかもしれません。あくまで推測です。)

 今はそれほどではなくても、米国の経済力が背景にあるのは当然ですから、全てを日本の研究環境の経済的側面から分析できるわけではないと思いますが、象徴的な言葉です。

 岸田首相は、本来、我が国の研究環境の問題点として受け止め、優秀な頭脳が海外に流出しないような対策に言及すべきだと思いました。首相が言わないなら、文科相が言及するべきでした。そういう発言が無いこと自体が問題なのに…。悲しいことです。

 昨年、京都大学の望月教授が、ABC予想を証明されましたね。実に画期的な業績だと思います。物理や化学などと異なり、世界の数学会で活躍する日本人は相対的に少ないと思いますが、そういう意味でも望月教授の業績は素晴らしいものだと思います。

 年齢的にフィールズ賞には該当しなかったのは残念でなりません。数学のフィールズ賞は、ノーベル賞に優るとも劣らない賞なのです。(日本人では広中平祐氏が受賞されています。)いずれにしても、望月教授の業績はもっと大々的に注目されてもおかしくないものです。本人が、メディア嫌いのようなのでやむを得ない面があると思うのですが。

 それともう一つ。真鍋さんは米国籍です。なので、日本人が受賞したという感覚は酒楽にはありません。それは嬉しいですよ。もともと日本人だったのですから。でもですね、米国人、真鍋叔郎さんが受賞されたのです。これが事実です。素直に喜べないのはそこですね。

 米国のように、世界中から天才的な頭脳が集まる環境というものは、羨ましいと正直思います。日本の置かれた立場では、限界があるとは思いますが、やればできないことはないと思います。

 まずは、国内で研究している日本人が、日本で研究していて本当に良かったいえる環境を与えてほしいものです。そうすれば、日本の未来は明るいものになると思うのですよ。とりあえず言えるのは、研究予算を大幅に増やすこと、業績のない教授には退場を願う制度を作ること。特に東大などに巣くう、文科系の化石のような教授は、日本に必要ありません。岸田さん、頼みますよ。
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。拙稿をフォローしたり、お気に入りに入れていただけると更に嬉しいです。宜しくお願い致します。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

最高裁の無責任を追及せよ
人民解放軍が恐れる自衛隊の規律
分かりやすい中国
安い、安すぎる!
中国エンタメ界の罪と罰
台湾有事は日本の正念場
オペレーションとは駆け引き
人民解放軍の悲鳴
同盟は一日にしてならず
自衛隊の最高指揮官
侍の系譜
大日本帝国下の朝鮮
ノーベル賞雑感
物言えば唇寒し自衛官
消費税減税が日本を救う道だ
新駐日米大使の情勢認識
「立・共」の共闘は大正解だ
言論の府
陸自配置は八重山住民の意志
危機感のない岸田政権こそ我が国の危機だ
日本人が知らない在日米軍
日本も原潜保有を
歴史に裁かれる道
皇族の敬称
支那の歴史は繰り返す
同盟国
自民・維新改憲連合を結成せよ
政策を語れ
一筋の希望の光
さっさと高市氏に席を譲れ
日本司法に容喙する米議会
中国経済に異変?
罰金では済まない中国在留邦(法)人のリスク
「日本に戻りたくない」理由
日本の高級紙 朝日新聞
判断基準を持たない総理大臣
国民民主党の経済政策を支持する
靖国参拝が国を救う
台湾海峡を航行できない海上自衛隊
悲しき眞子内親王殿下
中国に屈し続ける現職総理
庶民の幸せ
日本の財政は破綻するのかしないのか?
祝 防衛費2%超 自民公約
世論調査の公平性を担保せよ
日本の癌 公明党・国交省
メディアと野党のご都合主義
分配総理が株価暴落を招く
胎動する台湾危機
憲法96条の足枷を外せ