プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

テレパシーの研究 日本

 先日、産経新聞に「テレパシーの現実味 揺らぐ人間の倫理」という記事が掲載されました。紙媒体です。

 いやー、なかなか衝撃的な記事ですね。拙稿では、マンマシンインターフェースの行き着く先と題して、アメリカにおける脳とコンピューターのワイヤレスな通信について紹介しました。
2021年04月18日 05:00 酒楽のオタク的世界
https://shurakudokugo.com/blog-entry-485.html

 今回は、アメリカではなく日本です。

 内閣府が、人間の脳と脳をワイヤレスで直接接続する研究を開始するそうです。SFに出てくるテレパシーは。必ずしも電波で行うわけではないですが、最も実用的なのは、やはり電磁波を使って通信することでしょう。

 日本もようやく、最先端の技術開発に参入するということです。アメリカでは、官民が競うようにこの種技術の開発にしのぎを削っています。我が国も遅ればせながら参入するようです。

 引用した部分には、含まれていませんが、人間の倫理に関わるのは当然でしょう。単純に電磁波を使って、脳と脳が通信を行うのは可能かもしれませんが、その技術を使って、指揮官が兵士に命令するとか、他人の脳の情報を読み取るとか、いろいろな問題が指摘されているようです。
テレパシー

 それはそうでしょう。DARPA(米国国防高等研究所)は、この技術開発を行っていて、将来、戦場で使用するためだそうです。単純に、指揮官からの命令の伝達や、部下から隊長に報告するだけならいいのでしょうが、脳と脳が直接通信するということは、他人の脳にずけずけと侵入するということにもつながるでしょう。

 逆に、予期せぬ形で自分の脳に他人が侵入し、情報や考えや感情を盗むということも当然考えられますね。脳と脳を直接つないで通信をするということは、そういうことも想定せざるを得ないでしょう。

 引用記事の最後の部分は、そのようなことについて解説されていました。

 人間の技術開発はとめどもなく進化しています。昨年、AIを搭載した無人航空機が戦場で使用され、人間を攻撃したのではないかとされ、全世界を衝撃の渦に巻き込んだのは記憶に新しいところです。

 脳と脳を繋げば、その先には、誰かが他人を操る可能性や、AIが人間を支配すると言ったSF的な事態が将来やってこないとも限りません。

 こういった技術開発は、企業の競争、国家間の競争にさらされ、倫理面の検討をしている暇もなく実用化されるかもしれません。

 恐ろしいのは、人間が意図せざる結果を招くかもしれないということです。SFでは、コンピューターが人間を支配すると言うのは定番のテーマですが、いよいよその可能性が現実味を帯びてきています。

 どこかの国が、AI戦闘機を実用化すれば、他国はすぐに追随するでしょう。負けるわけにはいかないからです。

 SF作家アイザック・アシモフは、それを危惧してロボット3原則というものを提唱しました。ロボット3原則とは、以下のようなものです。

第一条
ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
第二条
ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
第三条
ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。

 AI戦闘機やAI戦車が登場すれば、この第1原則に反している可能性があります。いや、既に事実として反しているかもしれません。

 さて、記事は、揺らぐ人間の倫理と題していますが、一番怖いのは、スカイネットの登場ですね。ターミネータでー予想されたスカイネットとターミネーター。これらの研究の行きつく先は、バラ色の未来なのか、人類の終末なのか、近いうちにその将来がわかる日が来るでしょう。
グローバルホーク

 このロボット3原則は、既に破られている可能性が高いですね。

ナゴルノ紛争は現代戦闘の見本市 ドローン駆使、動画でプロパガンダ流布
2020/10/29 06:00 産経ニュース
https://www.sankei.com/article/20201029-IX7QGSFDCZJKLNRCBIMHPVO6ZU/

 アゼルバイジャンの無人機は、標的(つまり人間)攻撃の判断を無人機搭載のAIが行ったのではないかと報道されています。

 一度こういう状況が発生すれば、他国が追随することを禁止することは難しいでしょう。それが現実です。すると、アゼルバイジャンが採用した今回の戦術は、いずれ世界共通になる可能性が大きいと思います。

 つまり、ターミネーターで描かれたAI「スカイネット」が現実のものになるのは、もうすぐなのかもしれません。映画では、スカイネットによって、人類は滅亡の淵に追い込まれている状況が描かれているのです。

 人類の英知はどこに行ってしまったのでしょうか?
 
 
↓読んでいただきありがとうございます。ポチッとしていただけると励みになります。

政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

日本独立への道標
ストーリーテラー
中国経済の虚実
地域住民の人権は無視ですか?
国民の逸失利得=大臣の国会縛り付け
搾取するものは報復される
平和国家を唱えていても国は守れない
岸田さん、見直しました
韓国は日本の仮想敵国/フィフィさん
自衛官を差別するな
裏金議員全員出席・全面公開が筋だ
無関係こそ最良の関係・韓国
戦争ごっこではなく自衛隊体験入隊をお勧めする
韓国軍との交流は百害あって一利なし
次の総理
国籍と本名を報じないメディア
遺憾砲禁止法案を提出してください
ヤマトとローマだけが法治を確立した
公明党は悉く国益を害している
都道府県知事は官選の方がいい
裏金議員は全員政治倫理審査会に出席するべきだ
人民解放軍は産経新聞を読む
社員の命と引き換えに利を貪る経団連
中国から届いた最高のニュース
ロシアT90戦車・ブラッドレーにボコられるw
「あれは日本文化です」に沈黙する韓国メディア
ふるさと納税は廃止すべきだ
沖縄は支那の冊封下に帰る方がいい
統幕長入院は重要なニュースだ
何も言わずに韓国に金を差し出すな
なぜ救出できないのか/核を持っていないからだ
貧すれば鈍する中国
どうしてもイスラエルを悪者にしたいNHK
ヒロシマの自殺
中国の苦境を裏付ける立民
産経の見識
問題の本質を間違えている産経
ヤマトは支那皇帝の喉に刺さる棘
勇気を奮って公明党と縁を切るべし
アジアで日本だけが文明化されている証拠
役人天国が国民の負担になっている
日本が気になって仕方がない韓国
日本人の歓心を買おうとする中国
もしトラは日本にとって千載一遇のチャンス
自衛官を統制するのは大臣であり事務次官ではない
悪平等子育て支援が日本を破滅させる
逆差別「終わりの始まり」
健全な競争社会こそ明るい未来だ
法治を破壊しようとする朝日新聞を許すな
日米共同作戦計画キーン・エッジ