プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

皇族の敬称

 10月25日、たまたまTBSの朝のニュース番組、THE TIMEを見ていたら、安住アナが、「眞子内親王」と言っていたのを聞いた。

 なかなかいいと思った。地上波は、天皇陛下以外の皇族に対して、「陛下」や「殿下」という敬称を使用せず、通常「さま」と言っている。

 眞子内親王殿下についても、
「眞子さま」で通している。その中にあって、安住アナは、「眞子内親王」とはっきり言ったのである。眞子内親王殿下と言えば、百点満点だったのだが。

天皇・皇族の身位に伴う事項 宮内庁
https://www.kunaicho.go.jp/about/seido/seido06.html

 以前、皇族の敬称については、意見を申し述べたが、再掲した。根拠法令は、皇室典範になる。上記URLは、皇室典範そのものではないが、皇族の敬称について、わかりやすく解説していたので引用した。

 地上波を含む各メディアは、開かれた皇室、親しみやすい皇室と称して、なし崩し的に敬称の使用をやめ、「さま」で通している。

 再度言わせてもらう。これは、法令を無視している。つまり、法律違反である。もう一度言う、皇族に対する敬称を使用しないのは、法律違反である。

 酒楽が子供のころ、天皇皇后両陛下は当然として、皇太子殿下、○○親王殿下、妃殿下、内親王殿下という呼称は一般的に使用されていたと記憶する。

 だが、近年、これらの敬称を使用するメディアは殆どない。だから、安住アナの言葉に驚いたのである。

 産経新聞でさえ、社内で敬称使用は統一されていない。「殿下」を使用する記者もいれば、「さま」で済ましてしまう記者もいる。署名記事が多い産経新聞だと、一発でわかる。

 それにしても、日頃皇室の存続を支持し、男系男子での皇統の維持を主張している産経新聞は、なにゆえ皇族への敬称について統一していないのだ?敬称などどうでもいいのか?

 そんなことはあるまい。言論を生業とする新聞記者は、言葉こそ命であろう。その記者が皇族への敬称使用で統一されていないとはどうしてなのだ。

 ちなみに、酒楽は、拙稿を始めた最初の頃、この疑問を産経新聞に問い合わせたが、返答はなかった。

 安住アナは、大和男である。実に素晴らしい。ほとんどが反日勢力に乗っ取られているメディアの中で、孤軍奮闘しているのがよくわかる。酒楽は、安住アナを応援する。

 皇族の方々に対する報道を見ていて、敬称が省略されていることに、酒楽は毎回憤慨している。

 だが、敬称が省略されるようになって久しい現在、敬称そのものを知らない日本人が大多数になっているのではないかと心配である。

 拙稿では、眞子内親王殿下をはじめ、皇族方を記事にする場合、必ず敬称を使うようにしている。これは、日本人として自然なことであろう。普段の言葉遣いから皇室への尊崇の念が生まれるのだと酒楽は思う。皇族だけに使用される敬称を小さいときから聞かされていれば、自然と皇室に対する尊崇の念が生まれる。

 メディアが殊更に敬称を使用しないのは、こうした皇室に対する尊崇の念が生まれるのを嫌っているのであろう。かつて普通に使用していた敬称を近年使用しなくなったことに、酒楽は危機感を覚えている。

 ほとんどすべてのメディアが右へ倣えで使用しないのは、異様である。メディアは、それぞれ依って立つ思想信条がある。それが例え反日であったとしても、そうでなかったとしても、それぞれの社で確固とした信念があるから、日本人に対して、意見を言うのだろう。

 だが、皇族への敬称不使用という不敬な行為をメディアは統一戦線を結成したかのように同じ姿勢なのだ。

 こういうのを危険というのだ。全員一致の結論は、これを採用しない。ユダヤ人の有名な戒めである。一人の反対もいない結論は、全員が間違っているリスクがあるので、これを採用しないというユダヤ人の経験則なのだ。

 産経新聞でさえ、皇族への敬称を使用していない現状は、日本国の危機だ。産経は、自分の間違いに気づいていない。読者の声を無視するくらいだから。

 そんな中で、「眞子内親王」と言った安住アナは、天晴だ。次は、眞子内親王殿下と言ってもらいたい。
 
 
↓読んでいただきありがとうございます。ポチッとしていただけると励みになります。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

最高裁の無責任を追及せよ
人民解放軍が恐れる自衛隊の規律
分かりやすい中国
安い、安すぎる!
中国エンタメ界の罪と罰
台湾有事は日本の正念場
オペレーションとは駆け引き
人民解放軍の悲鳴
同盟は一日にしてならず
自衛隊の最高指揮官
侍の系譜
大日本帝国下の朝鮮
ノーベル賞雑感
物言えば唇寒し自衛官
消費税減税が日本を救う道だ
新駐日米大使の情勢認識
「立・共」の共闘は大正解だ
言論の府
陸自配置は八重山住民の意志
危機感のない岸田政権こそ我が国の危機だ
日本人が知らない在日米軍
日本も原潜保有を
歴史に裁かれる道
皇族の敬称
支那の歴史は繰り返す
同盟国
自民・維新改憲連合を結成せよ
政策を語れ
一筋の希望の光
さっさと高市氏に席を譲れ
日本司法に容喙する米議会
中国経済に異変?
罰金では済まない中国在留邦(法)人のリスク
「日本に戻りたくない」理由
日本の高級紙 朝日新聞
判断基準を持たない総理大臣
国民民主党の経済政策を支持する
靖国参拝が国を救う
台湾海峡を航行できない海上自衛隊
悲しき眞子内親王殿下
中国に屈し続ける現職総理
庶民の幸せ
日本の財政は破綻するのかしないのか?
祝 防衛費2%超 自民公約
世論調査の公平性を担保せよ
日本の癌 公明党・国交省
メディアと野党のご都合主義
分配総理が株価暴落を招く
胎動する台湾危機
憲法96条の足枷を外せ