プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

支那の歴史は繰り返す

中国で「家庭教育促進法」成立 家庭教育も国が管理の姿勢示す
2021年10月23日 23時28分 NHK NEWSWEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211023/k10013319301000.html

 いやー、さすが中国。四千年の歴史は伊達ではない。中国共産党は、家庭での教育を充実させるよう保護者に求めることにしたとNHKは伝えている。。

 法律では、子どもの過重な学習負担を避けるほか、インターネットに夢中になることも防ぐため、保護者は勉強や休憩、スポーツなどの時間を合理的に割りふらなければならないとしています。

 たぶん、日本の親たちも同じことを考えていると思う。特にインターネットとか、ゲームに夢中になる子供をいかにして勉強に向けさせるか、日夜頭を悩ましている。

 中国では、それを法律で示したということだ。

 そして保護者が家庭での教育を怠った場合、地域の学校や自治組織などが忠告や指導ができるとしている。

 さすが中国素晴らしい。親は教育を怠った場合、学校や町内会から忠告や指導が来るということだそうだ。

 うーん、学校の先生はともかく、町内会みたいな自治組織が、家庭内での教育に口を出すのか?先生はともかく、自治体がそんなことできるなんて、想像がつかない。誰が指導するの?町内会長?それとも、町内会に家庭教育指導係とかいう人がいる?

 そもそも、家庭内での教育を怠ったと誰が判断するのだろうね?学校の先生?学校の先生は、子弟の態度を見て、「この子の親は、法律を守っていない。勉強や休憩、スポーツなどの時間を合理的に割り振っていない」と思ったら、親を呼びつけて注意する?そんなことができるのか中国では?

 また、子どもたちが共産党や国、社会主義を愛し、中華民族として意識を高めることなどを家庭で教えるよう求めるとしています。

 これは理解できる。これが目的だろう。本来の。

 中国では、厳しい受験競争を背景に幼いころから学習に力を入れさせる家庭が多い一方で、親のしつけがおろそかになっているという指摘が出ています。

 この辺りが不思議だ。日本だって、小さい頃から子弟の教育に熱心で、少しでも偏差値の高い大学に合格させるため、小学校からいろいろな手段を尽くしている家庭が多いのが事実だ。

 だがそれと、親の躾が疎かになっていることが繋がっているのか?ここで言う親のしつけ、とは何を意味しているのだろうか?愛国教育?社会主義教育?中華民族としての意識高揚教育?

 そうなのだろう。親の躾とは関係のない、愛国教育が奨励されているのだから。

 中国政府はこのところ、学校での宿題の量や学習塾の時間を制限したほか、未成年者のオンラインゲームの利用を制限するなど相次いで規制を打ち出していて、今回の法律で、家庭での教育についても国が管理する姿勢を示した形です。

 そもそも家庭内教育を国が管理できるものなのか?いや、歌もゲームも禁止する中国共産党は、家庭内での教育も管理できると信じているのだろう。

 中国国内での教育は、中国共産党が正義であり、中国共産党が認識する歴史が正しい歴史である、ことになっているのだ。それ以外の史観は排除されなければならないのだ。だから、家庭での教育は非常に重要で、親の責任は重大であり、うまくできないようなら、党の出先機関である先生や自治体が親を指導することになったそうだ。

 偉大な首領 習近平が指導されているのだから、それは正しい行いなのだ。習国家主席の有難い指導に従っていれば間違いはないのだ。それに疑問を差しはさむことなど許されるはずもない。黙って、指導に従えばいいのだ。うまくいかなければ、有難いことに、党が指導していただけるのだ。

 なるほど、これで愛国心に燃える、健全な青少年が育成されることでしょう。我が国も見習うべきだ。

 インターネットに夢中になったり、オンラインゲームに熱中したりして、勉学を疎かにするような不健全な青少年は、共産党がきちんと指導して健全な青少年にしてやるそうだ。

 親は泣いて喜ぶことだろう。我が家のバカ息子が共産党のありがたいご指導により、愛国心に溢れた健全な青少年になった。習主席、ありがとうございます。

 まあ、こういうことでしょう。一党独裁国家ならではの政策だ。ゲームを禁止したり、音楽を禁止したり、共同富裕を主張したり、中国共産党は、この世に地上の楽園を実現するつもりなのでしょうね。

 ああ、間違えた。これは、北朝鮮の政策だった。首領様の。

 でもね、朝鮮労働党も中国共産党もやることは同じだね。国家権力で、人間の考え方まで鋳型に嵌めようとしている。それが可能だと思っているのだ。

 もちろんそうだ。石平氏は、常々そのように主張されている。そして、それは、中国四千年の伝統なのだ。そうでなければ、焚書坑儒など起きるはずがない。焚書坑儒は、形を変えて、今でも支那大陸で行われているのである。

 残念ながら、我が国は、中国の政治的伝統とは無縁な後進国であり、合意形成を優先する民主的な政治形態を採用してきた。合意形成には時間が必要で、スピーディーな国家意志の統一は難しい。

 だが合意形成を優先するため、法律が制定される頃には、利害調整は終わっていて、民衆は納得して法律に従うのである。ここが支那と大和の違いだ。

 意思決定に時間はかかるが、一度決まってしまえば、その後の進展は早い。そして内部矛盾は既に解消され、新たに発生する諸問題を解決する手段も予め用意されているのがほとんどだ。

 中国の場合は、独裁政治なので、お上の言うことに反対はできないのだ。

 では、中国人民は、お上の言うことに従順なのだろうか?そんなにおとなしい民族なのか?そんな訳ないな。

 上に政策あれば、下に対策あり、の民族だ。表面上は法律に従順に従うのだろうが、民は、あの手この手で法律の施行を骨抜きにしてしまうのである。だから、法律に権威などないに等しい。

 我が国はそうではない。一度決まった法律には、従うのだ。仮に問題が発生した場合は、法律を変えればいいのだ。そうやって、生きてきたのが大和であり、欧州だ。これが法治国家というものだ。

 中国の民は、喰える間は、政府に従順である。法律に権威などない。だが、飢饉が起きれば話は別だ。従順な支那の民も食えなくなれば、時の政権を暴力をもって覆すのだ。それを四千年繰り返してきたのだ。

 中国の対外債務が増え、外貨準備高が減少するその先には、食糧不足が待っている。中国共産党が最も恐れているのはそれだ。経済成長に陰りが見え、借金が増えて、食料を調達できなくなる時が、中国共産党の終焉の時だ。

 中国共産党は、必死に経済成長を目指すだろう。どんな手を使っても。そうしなければ、自分たちの命が危ないからだ。機を見るに敏なものは、既に資産とともに、海外に逃亡している。

 だが、党の中で、出世の階段を上り、上に行けば行くほど、逃亡は難しくなる。どこの国でも、どこの歴史でも最後は似たようなものだ。中共の支配階層は、自分の命がかかっているのだ。

 そりゃ、台湾を併合しようとするだろう。尖閣を実効支配しようとするだろう。場合によっては、米国と一戦を交えてでも人民の支持を得ようとするだろう。そうしないと、自分の首が飛ぶのだ。

 江沢民も胡錦濤も有能だった。ちゃんと無事に主席という役を演じ、降板できたからだ。無能な習は、降板できなくなった。次の全人代で習は永久主席になるかもしれない。下りれば、報復されて命を落とす公算が高いのだから、主席にとどまるほかはない。

 久々の皇帝が出現するかもしれない。だが、習が皇帝になるには戦果が無ければならない。それが台湾併合であり、尖閣実効支配なのだ。

 米国も日本も、中国の真意を慎重に見定めていることだろう。そして、中国と戦う意志を固めていると酒楽は「念願」している。戦わなければ、滅ぶだけだからだ。支那には、そうして滅んで言った国々が死屍累々と横たわっているのだ。我が国がそうならない保証はどこにもない。
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

最高裁の無責任を追及せよ
人民解放軍が恐れる自衛隊の規律
分かりやすい中国
安い、安すぎる!
中国エンタメ界の罪と罰
台湾有事は日本の正念場
オペレーションとは駆け引き
人民解放軍の悲鳴
同盟は一日にしてならず
自衛隊の最高指揮官
侍の系譜
大日本帝国下の朝鮮
ノーベル賞雑感
物言えば唇寒し自衛官
消費税減税が日本を救う道だ
新駐日米大使の情勢認識
「立・共」の共闘は大正解だ
言論の府
陸自配置は八重山住民の意志
危機感のない岸田政権こそ我が国の危機だ
日本人が知らない在日米軍
日本も原潜保有を
歴史に裁かれる道
皇族の敬称
支那の歴史は繰り返す
同盟国
自民・維新改憲連合を結成せよ
政策を語れ
一筋の希望の光
さっさと高市氏に席を譲れ
日本司法に容喙する米議会
中国経済に異変?
罰金では済まない中国在留邦(法)人のリスク
「日本に戻りたくない」理由
日本の高級紙 朝日新聞
判断基準を持たない総理大臣
国民民主党の経済政策を支持する
靖国参拝が国を救う
台湾海峡を航行できない海上自衛隊
悲しき眞子内親王殿下
中国に屈し続ける現職総理
庶民の幸せ
日本の財政は破綻するのかしないのか?
祝 防衛費2%超 自民公約
世論調査の公平性を担保せよ
日本の癌 公明党・国交省
メディアと野党のご都合主義
分配総理が株価暴落を招く
胎動する台湾危機
憲法96条の足枷を外せ