プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

日本も原潜保有を

【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】専守防衛では防ぎきれない兵器の数々…今こそ「原潜・ミサイル」議論に決着を 衆院選でかすむ「外交・安全保障」 (1/2ページ)
2021.10.27 ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/211027/pol2110270002-n1.html

 メディアの中にも常識の通用する人間がいるのだな、とこの記事を読んで思った。地上波ではないので、対象勢力の視界に入っていないのだな。八重山日報と同じだ。

 この記事のハイライトは、原潜は長期間浮上する必要がない、そこに弾道ミサイルを搭載すれば、抑止力が格段に向上する、ということだ。

 自民党総裁選で抑止力や敵基地攻撃能力の保有について議論されたが、原潜に核ミサイルを積んで運用することが最終的な発展形態だということだ。

 だが、原潜や核ミサイルの保有には、技術的、政治的な壁がある。

 まず、日本は、核拡散防止条約に加盟しているので、自国で核兵器を製造することはできない。禁止されているから。だからと言って、核拡散防止条約から脱退すれば、主要国から政治的経済的制裁を受けることになる。それでは、国の生存そのものが危うい。だから、核拡散防止条約から簡単に脱退することはできないのだ。

 可能性があるとすれば、先般、米国国務省が主張したように、米国は、東アジアに中距離弾道弾を配備する意向があると表明したことだ。

 弾道弾には、当然核弾頭が積んである。それをSLBMとして配備してもらえばいいのだ。それが究極の選択であり、最高の回答になる。

 事実、英国は、SLBMの開発を諦め、英国製原潜に米国製のトライデントミサイルを積載して運用している。日本は、英国式を採用すればいいのだ。

 では、原潜はどうするのだ?オーストラリアのように米国から技術供与を受け、製造技術も提供してもらって一から作る?

 我が国には、通常型潜水艦を長年にわたって製造してきた実績がある。ディーゼルエンジンを原子力エンジンに乗せ換えればいい。まあ、簡単にはできないだろうが、技術的に不可能ではない。オーストラリアは、原発の製造そのものを経験していないので、米国におんぶに抱っこにならざるを得ないが、我が国には、原子力発電所を何十年も開発製造維持している技術的基盤がある。

 原子炉を小型化し、潜水艦に積めるように改造すればいいのだ。様々な技術的課題があって、そう簡単に開発できるものではないだろうが、不可能ではない。政府は、原潜製造に予算を投入すべきだ。

オハイオ級戦略ミサイル原潜
オハイオ級戦略ミサイル原潜

 もちろん、米国の許可を受けなければならないだろうが。しかし、オーストラリアが原潜保有を認められたのだ。クアッドの重要な一角を占める日本が、原潜保有の希望を持ったとして、米国が無下に禁止するのは難しいだろう。

 少なくともダメもとで米国と交渉する価値はある。そして、トライデントミサイルを供与してもらえばいいのだ。

 条件としては、必ず米国海軍将校を同乗させ、発射の責任を共有することだ。

 米国と英国がどのような協定を結んでいるのか不明だが、我が国の場合、ネックになるのは、機密保持だろう。スパイ防止法がない日本は、機密保持が脆弱なのだ。

 機密の塊のような原潜や核ミサイルの情報を絶対に漏らしてはならない鉄壁のセキュリティーが求められるだろう。

 だが、スパイ防止法は、原潜のためだけではなく、日本国の独立と生存のために絶対に必要な法律である。原潜は単なるきっかけに過ぎない。速やかにスパイ防止法を制定して、ファイブアイズに加入し、原潜を保有する。これが、日本が生き残るための最善の策なのである。

 岸田さんには無理だろうな。高市氏が総理になれば可能性はあると思う。それもなるべく早く実現する方がいい。民間を使って核恫喝する国がすぐ隣にいるのである。核攻撃から我が国を守るには、原潜プラスSLBMが正解なのだ。

 実現に向かって、政府は努力すべきだ。


 リビングの床をワックスがけしました。ピカピカww

 ワンコ関係の物を撤去しました。リビング広い!自由に歩けるww

 朝起きて、ワンコの下の始末をする必要が無くなりました。朝、ヨユウww

 ワンコのエサとか、おしっこシートとか買わなくなりました。ワンコのワクチンもフィラリアの薬も必要なくなりました。

 ワンコのヘアのカットも必要なくなりました。経費が浮きます♪♪

 でも、ワンコのいない我が家は少し寂しい・゚・(つД`)・゚・

 ワンコのいない毎日に少しずつ慣れてきました。そのうち、忘れるのかな~?

 そういえば、そろそろインフルエンザ予防接種を予約しなければ(;゜0゜)
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

最高裁の無責任を追及せよ
人民解放軍が恐れる自衛隊の規律
分かりやすい中国
安い、安すぎる!
中国エンタメ界の罪と罰
台湾有事は日本の正念場
オペレーションとは駆け引き
人民解放軍の悲鳴
同盟は一日にしてならず
自衛隊の最高指揮官
侍の系譜
大日本帝国下の朝鮮
ノーベル賞雑感
物言えば唇寒し自衛官
消費税減税が日本を救う道だ
新駐日米大使の情勢認識
「立・共」の共闘は大正解だ
言論の府
陸自配置は八重山住民の意志
危機感のない岸田政権こそ我が国の危機だ
日本人が知らない在日米軍
日本も原潜保有を
歴史に裁かれる道
皇族の敬称
支那の歴史は繰り返す
同盟国
自民・維新改憲連合を結成せよ
政策を語れ
一筋の希望の光
さっさと高市氏に席を譲れ
日本司法に容喙する米議会
中国経済に異変?
罰金では済まない中国在留邦(法)人のリスク
「日本に戻りたくない」理由
日本の高級紙 朝日新聞
判断基準を持たない総理大臣
国民民主党の経済政策を支持する
靖国参拝が国を救う
台湾海峡を航行できない海上自衛隊
悲しき眞子内親王殿下
中国に屈し続ける現職総理
庶民の幸せ
日本の財政は破綻するのかしないのか?
祝 防衛費2%超 自民公約
世論調査の公平性を担保せよ
日本の癌 公明党・国交省
メディアと野党のご都合主義
分配総理が株価暴落を招く
胎動する台湾危機
憲法96条の足枷を外せ